メニュー


【月別に見る】
09 03 02 01 08 07 06 03 02 01 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11

【カテゴリ】

リンク

2ch全AAイラスト化計画
ドラクエぶどうかのまとめ

相互リンク・RSS感謝♪

2017.07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫2017.09
<ホームルイージですが、兄ともうやっていけません【2】>>

スポンサーサイトこのエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーへのつぶやき

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--|スポンサー広告Topこの記事をはてなブックマークに追加 このエントリをつぶやく

ルイージですが、兄ともうやっていけませんこのエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーへのつぶやき

1 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 18:18:27.15 ID:7pfeoQ/J0

私はルイージだ。水道管工事を生業にしている。
家族は兄が一人いるだけである。
今日はヨッシー殿の家で洗濯機が壊れたらしいので兄と一緒に修理に向かった。
ヨッシー殿の家に着き、作業を始めるとすぐに兄が私に話しかけてきた。
「なぁなぁルイージ。オレすごい技を覚えたぜ。」
「ほぉ、どんな技なのだ兄者。」
私が聞くと兄は顔でキノコを少しだけかじった。すると間もなく耳だけが大きくなった。
「ほら!耳が~~でっかくなっちゃったwwwww」
「そうか、それはすごいな兄者。ところで私は洗濯機を修理中だ。後で詳しく聞こう」
全く、誰が兄をこんな人間に育てたのだろうか・・・。

カテゴリ:ニュー速VIP| この記事をはてなブックマークに追加 このエントリをつぶやく あとで読む

8 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 18:22:59.31 ID:7pfeoQ/J0

今日はヨッシー殿が遊びに来た。
私はヨッシー殿にクッキーを焼いている間、兄と一緒に外で遊ぶように促した。
しばらくすると、ヨッシー殿の悲鳴が聞こえてきた。
「ウィッキー!!」
「ちょwwwおもしれwwwwwww」
窓から覗くと兄がヨッシー殿の舌を掴んで縄跳びをしていた。
「ウィッキー!!」
「あはははははははははwwwwwww」
ヨッシー殿は自分の舌が地面に叩きつけられているので涙目である。
仕方ない、助けてやらなければ・・・全く、兄にも困ったものだ
チン!
あ、クッキー焼けた。すまんヨッシー殿。また今度。




9 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 18:23:21.01 ID:32gAXTf10

ちょっと期待www



13 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 18:28:24.60 ID:7pfeoQ/J0

今日は銭湯の定期検診を行った。
毎月行うのだが今回も異常はなさそうで安心である。
「なぁなぁルイージ。オレいいこと思いついちゃったwwww」
「ほぉ、どんなことだ兄者。」
「ほら、こうしてな。」
そう言うと兄者はメタル化した。
「これで銅像のフリしたら女湯に堂々といても平気じゃね?うはwwwオレ鬼才www」
「そうか。しかし残念ながらメタル化できるのは数分のみだ。すぐにバレてしまうぞ兄者」
「うはwww問題ないwwww無茶でも行くのがVIPクオリティwwwwww」
そう言って兄者は颯爽と女湯へ歩いていった。数分後、女湯で悲鳴が聞こえると
番台に座っていた主人が私に渡すはずだった現金をそっと懐にしまった。




17 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 18:33:19.87 ID:7pfeoQ/J0

今日は我が家の一大事に遭遇した。
「ちょwwwwルイージwwwwテラヤバスwwwwwww」
「どうした兄者」
兄があせって家に駆け込んだので、思わず私は工具の手入れを止めて兄を見た。
「ピーチ姫がさらわれたwwwww」
「なんと!」
聞くと、ピーチ姫は花畑でひとり花冠を作っている途中にクッパ殿にさらわれたらしい。
別に兄が困るのは構わないが兄を婿にしてくれるかも知れない人材を無くすのは惜しい。
「よし、兄者!ピーチ姫を助けに行こうじゃないか」
こうして私は兄と一緒にピーチ姫を助ける冒険に出たのである。




26 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 18:38:41.43 ID:7pfeoQ/J0

今日から兄と二人きりの冒険が始まった。
私たちの住んでいる辺りはわりと平和だったので気付かなかったが
フィールドはクッパ殿の配下で埋め尽くされていた。
これではそう簡単にクッパ殿の城まで着かないだろう。
「ルイージwwwクリボー捕まえたwwww」
兄が得意満面な顔でクリボーを私に見せてきた。しかしよく見るとまだ子供のようだ。
しかも若干目を潤ませている。どうやら親からはぐれてしまったらしい。
「兄者。そのクリボーは敵ではない。その子を放してくれないか?」
「わかった!」
そう言うと兄はその小さいクリボーを土管の中に放した。




28 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 18:40:28.67 ID:haRvVbOk0

鬼畜www



29 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 18:41:10.01 ID:BvRJ/O+hO

死亡フラグktkr



31 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 18:45:19.71 ID:7pfeoQ/J0

冒険を始めて少し経ったが、兄は相変わらずクリボーを捕まえては土管に落としている。
「兄者、そろそろクリボーを苛めるのは止めてはどうだろうか。」
「うはwwwルイージうぜぇwwwww」
私が忠告しても全く言うことを聞かない。私が諦めていた頃に一匹のクリボーを見つけた。
兄にはまだ見つかっていないので、そのクリボーを見逃すことにした。
「そこのクリボー。兄者に見つかっては大変だ。早く逃げるといい。」
しかしクリボーはなかなか動かない。よく見ると、そのクリボーは怪我をしていた。
仕方ないので応急処置を施して草葉の陰に隠してやった。これで兄には見つかるまい。
「ではな。体に気をつけて達者で暮らせよ」
クリボーに背を向けて歩き出すと、そのクリボーは私の後をついてきた。
どうやら懐かれてしまったらしい。仕方ないので連れて行くことにする。




33 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 18:47:52.29 ID:oBysPYF3O

ワクテカワクテカ



35 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 18:49:53.93 ID:haRvVbOk0

ついていっちゃらめぇ!



44 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 18:57:58.13 ID:7pfeoQ/J0

冒険を始めて少し経つが、案外敵は夜中に襲ってくるものらしい。
「兄者。夜中に敵に襲われないように焚き火をしたいのだが、手伝ってくれないか」
「だが断るwwww」
そんな兄がフラワーを発見した。
「ちょwwwwおもしれwwwwww」
兄は無差別にファイヤーボールを出し始めたので
「おお、すごいな兄者。うまくファイヤーボールを出しているじゃないか」
「当然だろwwwww」
「しかし兄者はあの薪にファイヤーボールを当てることができるかな?」
「余裕wwwww」
ボッ!
これでしばらくは安眠できそうである。




45 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 18:59:23.59 ID:eDA0ZIJ/0

マリオに萌えてきた



46 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 18:59:50.60 ID:VlRtI4cWO

>>44
マリオの扱いうめぇwwww




47 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 19:00:53.47 ID:/VwCAvxM0

>>44
マリオうまくのせられてるwwww




54 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 19:12:27.65 ID:7pfeoQ/J0

冒険はかなり順調に進んでいる。食糧問題を除けば。
もうすぐ城に着くのでそこで補給できそうだが、そこまで食料がもつかどうか。
最悪、自給自足をしなければなるまい。
「・・・・・」
気がつくと、例のクリボーが申し訳なさそうにこちらを見ていた。どうやら自分のせいで予想以上に食料が減っていると思っているらしい。どこかの赤い帽子にも見習って欲しい。
「大丈夫だクリボー。お前のせいではないよ。」
成長が早いらしく、ここ数日で大きくなってきているクリボーの頭を撫でて諭してみた。
いや、餌のほとんどはその辺の雑草なので本当に出費はない。
「・・・・!」
ぱっと表情を明るくさせてクリボーは去っていった。せめてあのクリボーが成長しきるまでは食事くらい満足にさせてあげなくては・・・。




56 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 19:14:30.75 ID:tg95ryKz0

ルイージ超いいやつだなwwwwwwwwwwwww



57 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 19:14:35.17 ID:E+c89Wny0

ルイージかっけえええええええええええええええ



58 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 19:14:54.53 ID:7QbJtKrTO

ルイージ優しい



64 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 19:22:45.43 ID:7pfeoQ/J0

今日した兄との会話

「おはよう兄者。」
「ルイージ腹減った。飯。」
「今朝はキノコご飯だ」

「お昼だ兄者」
「マジ!?ちょうど腹減ってたんだよねwww」
「今日の昼はキノコパスタにしてみた」

「兄者、そろそろ夕食にしないか」
「待ってました!ルイージ早く飯!」
「今日はキノコ鍋にしてみた」
「・・・なんか今日はキノコが多くね?」
「・・・気のせいだ兄者。食べろ。」




70 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 19:27:09.87 ID:3UP0x+xp0

ぇ、キノコ・・・・・え?wwwwwwwww



78 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 19:30:49.51 ID:haRvVbOk0

ルイージ貴様まさか・・・っ!



82 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 19:35:32.29 ID:7pfeoQ/J0

ついに城にたどり着いた。案の定、城の中は大量の敵と罠が仕掛けられていた。
それらを間一髪で乗り越える私と私を盾にする兄。決して私より前を歩かない。
こんなことならあのクリボーをもう少し生かしておくべきだったと後悔しながら進むと
とにかく広い部屋にたどり着いた。
「ルイージ先に行けってwww」
相変わらず私が盾になりながら部屋の真ん中まで移動すると、突然クッパ殿が背後から攻撃してきた。
まずい。そう思った頃にはクッパ殿は既に火を吐いており、ここぞという場面で兄は私をかつてない速度で盾にした。
ボッ!
間一髪避けようとした結果、帽子に火が移り頭だけ火事になった。あちちちちっ!
「バロスwwwwww」
笑ってる場合じゃねーよ赤帽子!
ゴロゴロと回りながら火を消すと私は一時退却を提案し、一目散に逃げ去った。




84 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 19:36:37.45 ID:g+oygyhd0

ルイージやりやがったw



85 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 19:36:41.07 ID:tg95ryKz0

!?
クリボー食ったのか!?




86 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 19:36:48.08 ID:7co0bZd20

やっぱり喰ったのかwwww



87 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 19:36:57.53 ID:N1MGzRpa0

こいつ本物の策士だwwwwwwww



102 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 19:43:52.20 ID:eDA0ZIJ/0

みんなクッパ無視しすぎで吹いたwwwwwwww



103 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 19:46:58.05 ID:7pfeoQ/J0

とんでもないことが起こった。
「ふう、ここまで逃げれば大丈夫だろう。怪我はないか兄者。」
「ああ、平気・・・・って、ちょwwwルイージwwwwww」
「?どうした兄者」
「ちょwwwおまwwwwアフロwwwwwwww」
なんだって!?
私は慌てて水溜りに自分自身を映すと、そこにはアフロのヒゲオヤジがいた。
「qあwせdrftgyふじこlp・・・!!」
「バルスwwwwwwwwwwwwwwwww」
その日の夜は幼少の頃、お気に入りのヌイグルミを初めてフラワーを使った兄に燃やされた時以来、久し振りに一人で泣いた。




105 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 19:48:04.88 ID:haRvVbOk0

腹黒いくせに繊細www



111 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 19:51:07.14 ID:tg95ryKz0

これはクリボー復活の予感



118 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 19:56:36.79 ID:7pfeoQ/J0

今日はクッパ殿に再挑戦する。
この頭がアフロになろうが、ピーチ姫を救えるのなら名誉の負傷というものだ。
いや、そういうことにしておいて欲しい。
しかし、意気込んで昨日の部屋に飛び込んだまでは良かったが、そこにクッパ殿はいなかった。その部屋からさらに奥へ進むと、隠し部屋を見つけた。恐らくピーチ姫はこの中に監禁されているのだろう。鍵がかかっている扉をぶち破ると、兄が私を押しのけて先に入っていった。
「会いたかったよハ・・・ニィ・・」
突然兄が意気消沈したので部屋に入ってみると、そこにはピーチ姫の召使がいた。
確かキノピオといったか・・・。
「いやぁ助けてもらっちゃってドーモですwwwいやぁ、この部屋臭いんですよねwww」
意気揚々と話し出すキノピオ殿を見て私は徐々に来るショックで動けないでいた。
「あ、確かマリオさんの弟さんっすよねwwwお、そのアフロ、似合ってますよwwww」
うるさい頭の話題に触れるな。




119 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 19:57:54.34 ID:ku3F+XON0

キノピオwww死ぬぞwww



121 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 19:58:06.61 ID:O1ftZkJuO

キノピオうぜぇwwwwww



159 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 20:52:17.10 ID:7pfeoQ/J0

キノピオ殿の話によると、クッパ殿はピーチ姫を連れて他の城へ移動したらしい。
頭を五分刈りにし、城に目星をつけて、いざ出発した。・・・・キノピオ殿も連れて。
「いやぁwwwこれで姫助けたら僕も一躍有名人になれるかも知れないでしょwww」
ニヤニヤしながらそう言ったキノピオ殿を置いていこうとも思ったのだが、結局連れて行くことにする。この間のキノコ料理はなかなか評判だったし。
「あれ?ルイージアフロやめちゃったのwwww」
「兄者・・・もう頭のことには触れないで欲しい・・・」
「まあ、お前にアフロは似合わないもんなwwww」
「そうっすよねwww僕もルイージさんにアフロはねぇよって思ってましたもんwww」
「なんか、あるあ・・・ねぇよwwwみたいなwwwww」
「そうっすよね~www」
賑やかになるのはいいことだ。・・・・・・・多分。




161 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 20:53:32.17 ID:YX+A5hD10

このコンビうぜぇwwwwww



170 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:02:11.64 ID:7pfeoQ/J0

今日は偶然にも羽根を見つけた。これがあれば空も飛べるし
冒険は随分楽になるだろう。
「ルイージ、なんだそれ」
「おお兄者。いいところに。この羽根は」
「説明なんてどうでもいいんだよ。これくすぐり用の羽根だろ?ちょっとキノコイジってくるわwwww」
「いや兄者・・・」
引きとめようとしたが、すでに兄はいなくなっていた。数時間後。
「ルイージ、この羽根そろそろ返すわ。」
数時間ぶりに戻ってきた羽根は既に芯だけになっていた。
「さっきキノコから聞いたんだけど、その羽根使えば飛べるんだって?」
もう飛べねぇよ。




174 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 21:03:55.00 ID:DsJQ2U4I0

>>170の最後の一行がツボにwwwwwww



182 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:12:39.80 ID:7pfeoQ/J0

冒険は滞りなく順調である。
近くに小川を見つけたので休憩時間にすると、兄は真っ先に小川に飛び込んでいった。
「全く、やってらんねえっすよ。」
私が座ってヒゲの手入れをしていると、隣にキノピオ殿が座ってきた。
「キノピオ殿。そこには兄者の靴があるのだが。」
「関係ないっすよ。あのヒゲ馬鹿だから気付かないっすよ。」
「誰が馬鹿だって?」
声に気がついて後ろを向くと、兄が水浴びから帰ってきていた。
「いや、マリオさん!こ、これはこの間のハンマーブロスの話っすよ!」
「あっそ。ところでお前が座ってるの俺の靴の上なんだけど。」
「あっ、えっと・・・その・・・暖めておきました!」
「おっ、そうか。気がきくじゃねーかwwwどっかの坊主とはエライ違いだぜwww」
「当然っすよwwww」
「よしっ、今日からお前のことをサルと呼んでやるよwww」
「ははっ、ありがたき幸せっ!」
いや、キノコだし。




184 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 21:13:02.91 ID:5JNXnw4u0

ていうかまともなキャラいねぇwwwwww



185 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 21:13:30.96 ID:Lw2sauMo0

マリオ無駄に知識あるwww



189 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 21:15:19.58 ID:c7tX53D/O

マリオ信長wwwwwww



190 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 21:15:41.82 ID:Sc3jxKpR0

なにこの上下関係



191 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 21:16:20.61 ID:q4SsV2eJ0

テラ信長wwwwwwwwwww



199 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:22:04.87 ID:7pfeoQ/J0

今日は心強い仲間ができた。
昼前の話である。
「なぁルイージ~腹減った~~~」
兄がいつもの通りダダをこね始めたので昼食にすることにした。
キノピオ殿が兄の肩を揉んでいる間に果物を探していると
「ウィッキー!」
偶然ヨッシー殿に逢った。聞けば彼女とデート中らしい。
「そうか。私たちはまだ冒険の途中でな。兄者がダダをこねるからいつも大変だよ。」
「ウィッキー!」
「え?ヨッシー殿。ついてきてくれるのか?しかしお前には彼女が・・・」
「ウィッキー!」
「なんと!彼女も一緒についてきてくれるのか。しかし本当にいいのか?」
「ウィッキー!」
「かたじけない。」
こうして新たにヨッシー殿が仲間に加わって、冒険はいよいよ佳境に入りそうである。




201 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 21:23:24.18 ID:TALFuj/PO

勝手な通訳www



207 名前:愛のVIP戦士[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:24:06.84 ID:vkbHasNm0

テラウィッキーwwwwwwwwwww



219 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:32:10.38 ID:7pfeoQ/J0

ジャンケンの結果、ヨッシー殿には私が、彼女には兄とキノピオ殿が乗ることになった。
冒険は途端に快調になり、この分ならすぐに城に着きそうである。
夕方ごろ、明日のことを考えて、そろそろ野宿することにした。
私は料理を、ヨッシー殿は果物を採りに行ったがなかなか帰ってこない。
そういえば兄たちとヨッシーの彼女もいないようである。
様子を見に行くと、草陰にヨッシー殿の姿を発見した。
「どうしたヨッシーど・・・・!!」
そこには驚くべき光景が待っていた。
「ほらほら、いつもヨッシーには見せてるんだろwww」
「ウィッキー!」
「マリオさんは気が短いっすからおとなしく従った方が身の為っすよwww」
「ウィッキー!」
私の隣で、ヨッシー殿は歯を食いしばってその光景を見つめていた。
私はヨッシー殿の肩を抱くと、その場から離れるように促した。




229 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 21:35:26.92 ID:q4SsV2eJ0

ちょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



231 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 21:37:14.48 ID:G+l0Ps9jO

これはヒドいwwwwww



235 名前:ルイージ[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:42:05.78 ID:7pfeoQ/J0

相変わらず、兄たちは好き勝手な行動を繰り返している。
可哀相にヨッシー殿は目に見えてやつれてきている。
今日も兄たちはヨッシー殿の彼女を連れていなくなろうとしたので、ついに私は怒った。
「兄者、キノピオ殿。そろそろ止めないか?」
「え?なにがだよwww」
「兄者たちが何をしているかは既に知っている。」
「な、何のことっすかwww」
「しらばっくれるな。もし兄者たちがその行為を続けるのなら、私は抜けさせてもらう。」
「ちょwwwなにマジになってんだよwww」
「私は本気だ、兄者。」
「・・・わかったよ。やめりゃーいいんだろ!」
そう言うと、兄者はその場からいなくなった。
「ルイージさん・・マジ空気読んでくださいよ・・・」
キノピオ殿は去り際にそう言うと、兄の後を追いかけていった。
「ふう・・・すまなかったな。」
「ウィッキー!」
ヨッシー殿は涙を流して私の顔を舐め続けてくれた。




続きます
このWebページのtweets

2007/03/02(金) 00:05|ニュー速VIPCM:0TB:0Topこの記事をはてなブックマークに追加 このエントリをつぶやく

<ホームルイージですが、兄ともうやっていけません【2】>>

最新の記事

2017.07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫2017.09

人気記事の一覧を見る全記事一覧を見るTop

トラックバック

    トラックバックURL

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

<ホームルイージですが、兄ともうやっていけません【2】>>

コメントの投稿







 

※編集ミス・不具合報告やスレ投稿は出来るだけ内緒コメントかメールフォームをご利用下さい。
  また「管理者にだけ表示を許可する」にチェックが入ったままですと、
  コメントが表示されませんので、利用の際はご注意頂くようお願い致します。

  ネタバレや読者を不快にさせる内容のコメントは削除対象です。
  記事内容と関係のないコメントや管理人に対する意見やお問い合わせはメールフォームでどうぞ。


荒し対策のため、全角「w」を押しすぎないようお願い致します(今後も随時変更する場合がございます)。

人気記事ランキングを全て表示する最新記事の一覧を見るTop


<ホームルイージですが、兄ともうやっていけません【2】>>


このブログのはてなブックマーク数ブログパーツブログパーツブログパーツ ,,
ネタなべ。∑(・ω・ノ)ノ all rights reserved. powered by FC2Blog
  • ブログSEO対策 : track word 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  

管理人の独り言

どりこむ。。ねたなべ、ネタナベ
管理人に連絡を取るRSSFeed 

注目記事

月別オススメ特選VIP 良スレ
注目エントリー人気エントリー(はてぶ)

[PR]ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

ネ ガ テ ィ ブ 名 言 集最近、ローゼンに嵌り出したんだがひろゆき「ワシの掲示板は108chまであるぞ」 金貸してくりゃれwwwひろゆき「ワシの掲示板は108chまであるぞ」 大塚さん 集めてみましたやる夫がドラクエ1の勇者になるようですひろゆき「ワシの掲示板は108chまであるぞ」 テイルズにありがちなことテイルズにありがちなこと紙とのりでガンダムのきぐるみつくってみた小さい頃勘違いしてたことイ ケ メ ン に あ り が ち な こ と やる夫がドラクエ1の勇者になるようです「ですよ。」があまりにもムカついたので布団の中で妄想楽しすぎwwww母親泣かしてやったwwwざまぁwwキュウリでオナってるのお母さんにバレタwwwwwww暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか おまけ最近の絵本はエロいはてなようせい20歳女だけど好きな人の車の中でおしっこもらした 最終章ちょwwwwww受験教室が俺一人なんだがwwwwwwwネ ガ テ ィ ブ 名 言 集キュウリでオナってるのお母さんにバレタwwwwwwwB型とAB型の特徴テストに珍回答書いたことある?賢狼ホロの可愛さは異常母親泣かしてやったwwwざまぁww厚塗り萌え絵貼ろうぜ。

お世話になっているサイト

リンク・紹介感謝♪全ランキング

今月の人気記事

現在集計中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。