メニュー


【月別に見る】
09 03 02 01 08 07 06 03 02 01 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11

【カテゴリ】

リンク

2ch全AAイラスト化計画
ドラクエぶどうかのまとめ

相互リンク・RSS感謝♪

2017.04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫2017.06
<<「ですよ。」があまりにもムカついたのでホーム俺を萌えキャラの絵にしてくれないか >>

スポンサーサイトこのエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーへのつぶやき

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--|スポンサー広告Topこの記事をはてなブックマークに追加 このエントリをつぶやく

新ジャンル「蒼星石になって、男くんにご奉仕したいよぅ・・・」このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーへのつぶやき


1 名前: fushianasan(ネブラスカ州)[] 投稿日:2007/03/17(土) 22:28:05.23 ID:BGepX5t4O

男「蒼星石のマスターになれたらいいのに」
女「あ、男くんだっ!お、おはよう////」
男「ああ、おはよう。・・・蒼星石のマスターになれたらいいのに」
女「あのね、あのね、お弁当作ってきたんたけど・・・あれ?男くん、どこー?」
てくてく
男「蒼星石のマスターになれたらいいのに」
女「うぅ、蒼星石になって、男くんにご奉仕したいよぅ・・・」

女友「あの男のどこがいいの?」



3 名前: タイムトラベラー(関東)[] 投稿日:2007/03/17(土) 22:35:02.60 ID:8Q26h1bQO

蒼星石のマスターになれたらいいのに

カテゴリ:ニュー速VIP| この記事をはてなブックマークに追加 このエントリをつぶやく あとで読む

6 名前: fushianasan(ネブラスカ州)[] 投稿日:2007/03/17(土) 22:44:31.20 ID:BGepX5t4O

>>3のためにたてた



5 名前: fushianasan(ネブラスカ州)[] 投稿日:2007/03/17(土) 22:41:57.95 ID:BGepX5t4O

女「お、男くん、日曜あいてるかな?」
男くん「ああ・・・蒼星石のマスターになれたらいいのに」
女「じゃ、じゃあ、一緒にどこかいきませんかっ!?」
男「うん・・・蒼星石のマスターになれたらいいのに」
女「ほ、ほんとですか!?男くん、なにかしたいことありますか?」
男「・・・したいこと。」
女「なんでもいいですよっ」
男「はぁ・・・蒼星石のマスターになれたらいいのに」
てくてく
女「あれ、男くん?どこにいくの?男くーんっ!」

女「はぁ、いっちゃった。蒼星石になって、男くんにご奉仕したいよぅ・・・」




7 名前: fushianasan(ネブラスカ州)[] 投稿日:2007/03/17(土) 22:52:58.19 ID:BGepX5t4O

女「よし、これで男くんのハートは私のもの・・・」
男「蒼星石のマスターになれたらいいのに」
女「きたっ!男くーん」
男「・・・なに?」
女「そ、蒼星石のコスプレしてみましたっ!どうですか?」
男「・・・ちがう」
女「え?」
男「それは翠星石だっ!まちがえんなっ!蒼星石はなぁ、蒼星石はなぁっ!」
女「ご、ごめんなさいっ!わ、わたし・・・」
男「・・・ごめん。」
女「え、あ・・・」
てくてく
男「はぁ・・・蒼星石のマスターになれたらいいのに」
女「うぅ、嫌われちゃったかな?蒼星石になって、男くんにご奉仕したいよぅ・・・」




8 名前: AA職人(関東)[] 投稿日:2007/03/17(土) 22:56:13.22 ID:BOYJq3sFO

wktk
続けてほしい




9 名前: fushianasan(ネブラスカ州)[] 投稿日:2007/03/17(土) 23:06:27.09 ID:BGepX5t4O

女「男くんと仲直りしたいなぁ・・・」
男「・・・あの、女さん」
女「お、男くん!?」
男「これ、貸してあげる・・・」
女「え、漫画?」
男「ローゼンメイデン。アニメの方がお薦めだけど・・・」
女「あ、ありがとう・・・」
男「じゃあ・・・蒼星石のマスターになれたらいいのに」
女「男くん・・・やさしい。蒼星石になって、男くんにご奉仕したいよぅ・・・」




11 名前: fushianasan(ネブラスカ州)[] 投稿日:2007/03/17(土) 23:17:53.68 ID:BGepX5t4O

女「ねぇ、お兄ちゃん。」
兄「なんだ?」
女「翠星石になってくれない?」
兄「突然なんだよっ!?僕は男だぞ?」
女「大丈夫だよ、お兄ちゃん女顔だし。双子じゃないけど我慢するから」
兄「意味わかんないよっ!百歩譲って、僕は蒼星石のほうじゃないのか?」
女「だめっ!」
兄「ど、どうしたんだよ?」
女「蒼星石はだめなのぉっ!お兄ちゃんのばかっ!!」
ダダダッ
兄「なんなんだ、あいつは?」




14 名前: 電力会社勤務(山陽)[] 投稿日:2007/03/17(土) 23:24:46.69 ID:+UvLH9ZLO

これはむしろ男が新感覚



16 名前: 留学生(兵庫県)[] 投稿日:2007/03/17(土) 23:27:06.23 ID:T9F2BXrt0

男どうみてもキチガイだろwww



17 名前: こんぶ漁師(大阪府)[] 投稿日:2007/03/17(土) 23:29:40.89 ID:Fv99xUdb0

男「蒼星石のマスターになれたらいいのに」
女「統合失調症の疑いがあります」




18 名前: 2軍選手(北陸地方)[] 投稿日:2007/03/17(土) 23:30:20.70 ID:+GIr05vsO

これはwwwwwwwwww



19 名前: 黒板係り(コネチカット州)[] 投稿日:2007/03/17(土) 23:30:43.95 ID:5URtANKhO

これはウホルートが楽しみw



95 名前: 書記(新潟・東北)[] 投稿日:2007/03/18(日) 02:51:17.56 ID:yes8WDLiO

>>11

兄「…なんで僕がこんな恰好をしなきゃならないんだ……恥だ…」
妹「違う違うちがーう!翠星石はそんな喋り方はしないの!ちゃんとアニメ見せたでしょ!」
兄「大体お前の問題だろうが…何も僕まで巻き込む必要は…」
妹「口調!口調違うってば!!」
兄「だから…………もう。わかったですよ……」
妹「よし!ばっちり!」
兄「はぁ………股がスースーする。………ですぅ」




117 名前: 芸人(岡山県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 03:57:03.84 ID:JdEfaYUK0

>>1さんへ、届けこの想い
         .∧__,,∧
        (´・ω・`)
         (つ翆と)
         `u―u´






118 名前: 国連職員(アラバマ州)[sage] 投稿日:2007/03/18(日) 03:58:13.81 ID:DMr0P3eO0

追いついた なんだこのスレはwwww

んで>>117GJ




124 名前: 金田一(ネブラスカ州)[] 投稿日:2007/03/18(日) 04:09:20.75 ID:iyYv27awO

>>117
届いた GJ




32 名前: 解放軍(東日本)[] 投稿日:2007/03/18(日) 00:12:12.74 ID:S4hmNBKa0

男「はぁ・・・蒼星石のマスターになれたらいいのに」
女「男くーんっ!見てください!!」
男「これは・・・」
女「えへへー、今度はちゃんと蒼星石のコスプレですよー。」
男「・・・」
女「ど、どうですか・・・?」
男「・・・ぐっ」
女「ほ、ほんとですかっ!?わぁ////」
男「・・・うん」
女「あ、これだけじゃないんですよー。じゃーんっ!」
男「・・・なにもないよ。」
女「え?あれ、お兄ちゃん、どこー?」

兄「ぼ、僕は男だぞ!?や、やめろー!!」
男達「はぁはぁ、翠星石萌え」
兄「さ、さわるなぁっ!やめろぉ!!」
男達「ツンデレktkrwww」
兄「やめるですぅ!!・・・はっ!」




33 名前: 宇宙飛行士(大阪府)[] 投稿日:2007/03/18(日) 00:13:53.03 ID:U4hi0G5f0

ローゼン聞きかじった程度の知識しかない俺でもワロタwwwwwwwww



38 名前: 解放軍(東日本)[] 投稿日:2007/03/18(日) 00:22:49.25 ID:S4hmNBKa0

男「蒼星石のマスターになれたらいいのに・・・ん?」
男「・・・これ、なんだろ?」
パカッ
女「お、男くん、こんにちわっ」
男「・・・こんにちわ。」
女「わ、わたしも鞄にはいってみましたっ!」
男「・・・薔薇乙女の鞄はスーツケースじゃないよ」
女「だ、だって、はいんないんですもん~」
男「・・・はぁ、蒼星石のマスターになれたらいいのに」
てくてく
女「あ、男くん待ってっ!・・・蒼星石になって男くんにご奉仕したいよぅ。」




39 名前: 解放軍(東日本)[] 投稿日:2007/03/18(日) 00:28:33.46 ID:S4hmNBKa0

兄「ひ、ひどいめにあった・・・」
女「お兄ちゃん、どこいってたの?」
兄「あのなぁ、僕はもうこんな格好しないからなっ!」
女「えぇ~、まだ男くんに見せてないのにぃ。」
兄「関係あるかっ!こんなもの脱いでやるっ!!」
女「え、え、ひどいよぅ・・・ぐすっ」
兄「な、泣くなよ・・・わかったよ、仕方ないからもう少し着ててやるよ。」
女「違うよ、そこはしょうがねえですから、もう少し着ててやるです。感謝するですよ、ちび人間でしょ?」
兄「・・・お前、反省してないな」




66 名前: 漢(アラバマ州)[] 投稿日:2007/03/18(日) 01:47:03.84 ID:fRRp+EVE0

もう新ジャンル「翠星石お兄ちゃん」でよくね?



43 名前: ゆかりん(福岡県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 00:37:49.51 ID:PiMQjou80

これは久々にキタwwwwwwwwwww



69 名前: パート(コネチカット州)[] 投稿日:2007/03/18(日) 01:53:57.03 ID:qhq1CcsUO

兄「だ、駄目です男・・・

  ハサミをそんな風に使うなんて・・・」




73 名前: 解放軍(東京都)[sage] 投稿日:2007/03/18(日) 02:17:20.18 ID:Fb8WsBFH0

女「いい、お兄ちゃん。私たち二人で男君にご奉仕するんだよ」
兄「うう…なんでこんな事…」
女「後で報酬(うまい棒)は払うよ。あ、男君来た」
兄「(俺安いな…)」
女「マスター、おはよう」
男「蒼星石のマスターになれたらいいのに…って君は…?」
兄「気安く話かけるんじゃねえですよちび人間」
男「な…!」
女「(思ったとおりや、アニメ一回見ただけでもうキャラになりきっとる。やっぱりお兄ちゃんは天才や!)」
兄「下等動物にもわかるよう簡単な言葉で言ってやったです。わかったかちび?ですぅ」




77 名前: 芸人(岡山県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 02:28:10.97 ID:JdEfaYUK0

翆嫌いの俺がこのスレのお陰で好きになれました
つまり兄の破壊力が高杉




44 名前: 解放軍(東日本)[] 投稿日:2007/03/18(日) 00:37:54.38 ID:S4hmNBKa0

男「蒼星石のマスターになれたらいいのに」
女「あ、あの男さん」
男「・・・なに?」
女「わ、私、これからボクっていいますっ!」
男「・・・そっか。蒼星石のマスターになれたらいいのに。」
女「わ・・・ボクがんばりますね!」
男「・・・がんばって。」
女「はいっ!!わ・・・ボクがんばりますっ!」
男「じゃあ・・・蒼星石のマスターになれたらいいのに。」
てくてく
女友「おーい、女」
女「わ・・・ボクに何かようかな?」
女友「無理ならやめればいいのに・・・」




52 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/18(日) 01:03:39.57 ID:iyYv27awO

携帯から

女「いらっしゃいませー・・・あ、男くんっ!?」
男「蒼星石のマスターになれたらいいのに・・・」
女「な、なんで男くんがここに!?う、あ・・・」
女友「女、レジおねがいっ!」
女「ええっ、あ、あ、そ、蒼星石になって男くんにご奉仕し、し、したいよぅ」
女友「・・・なにいってるの?」




108 名前: 金田一(ネブラスカ州)[] 投稿日:2007/03/18(日) 03:39:55.59 ID:iyYv27awO

女「お、男くん・・・」
男「なに?・・・蒼星石のマスターになれたらいいのに」
女「はしたない女かと思うかもしれないけど・・・私のローザミスティカ(処女)もらってくださいっ!」
男「だめだっ!」
女「え?」
男「そ、蒼星石のローザミスティカ・・・うわぁぁぁっ!!」
女「お、男くんっ!?」
男「だめだっ!だめなんだぁっ!!うわぁぁんっ」
ぎゅっ
女「あ・・・!」
(これはダメなのかOKなのかどっちなのかな?)




129 名前: バイト(秋田県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 04:12:08.26 ID:ANoynHja0

今気付いた

「蒼星石になって、男くんにご奉仕したいよぅ・・・」

これは誰の科白かは書いてないわけだ、つまり・・・分かるよな




130 名前: 理学療法士(岐阜県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 04:13:01.52 ID:v2ZKGaM60

かなりウホッ!度の高いスレだなw



106 名前: 書記(新潟・東北)[] 投稿日:2007/03/18(日) 03:33:45.40 ID:yes8WDLiO

!チビ人間なんかの助けがなくても一人でなんとかなってたですっ!」
男「だから何が………行っちゃった。それはそうと蒼星石のマスターになれたらいいのに」

兄「はぁっ、はぁっ、よりによって私がこんな恰好をするハメになった野郎に助けられてしまったですぅ」

兄「ふぅ…………妹が好きになるのも少しわかる気がするですぅ」

妹「なんかちょっとみないうちに翠星石っぷりが板についたわね、お兄ちゃん」
兄「はっ!!」




121 名前: 書記(新潟・東北)[] 投稿日:2007/03/18(日) 04:02:52.11 ID:yes8WDLiO

兄「こんにちは、マスター」
男「そ…蒼星石!?」
兄「会いたかったよ…大好き…」
男「僕もだよ!!結婚しよう!蒼星石!」
兄「うん!」

妹「ダメぇーーッ!そんなの絶対ダメーーーー!!!」



妹「はッ!夢!よかった…………」

男「はッ!夢!ちくしょう………」




122 名前: すっとこどっこい(埼玉県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 04:05:26.53 ID:GknL9AdM0

>>121
アッー!!




126 名前: ネコ耳少女(コネチカット州)[] 投稿日:2007/03/18(日) 04:10:35.41 ID:9JpdbkbMO

男「蒼星石のマスターになれたらいいのに」
兄「や、やい男っ!お前のせいで妹に強引に翠星石にされちゃったじゃないか!どうしてくれるですぅ!」
男「………蒼星石になったら似合うと思うよ」
兄「えっ、い、今なんていったですか?……あっ!ちょっと待って!」
男「蒼星石のマスターになれたらいいのに」

妹「なっ…!まさか……」




136 名前: 書記(新潟・東北)[] 投稿日:2007/03/18(日) 04:16:41.66 ID:yes8WDLiO

妹「いつも男君をみていたい…けどどうすれば…」
妹「そうか!男君の写真を入手すればいいんだ!」
妹「でも…写真をもらう勇気がないよ…」

兄「そんな事ならこれをあげよう」
妹「これは男君の写真!いいの!?」
兄「いいんだよ、まだ残っているから」
妹「ありがとう!」

妹「でもなんでお兄ちゃんが男君の写真を…?しかもまだ残ってるって…………」




154 名前: 金田一(ネブラスカ州)[] 投稿日:2007/03/18(日) 04:31:39.97 ID:iyYv27awO

女「お兄ちゃん、男くんのこと好きなの・・・?」
兄「そ、そんなことあるわけないですぅっ!」
女「だって翠星石口調になってるし・・・」
兄「うっ!ち、違うんだよ、これは癖でっ!」
女「・・・わ、ボク負けないから。姉さん」
兄「ちょ、姉さんじゃねえよっ!」

兄「・・・なんで僕がこんな目に。しかも少しどきどきしてるのがムカつく・・・ですぅ」




156 名前: 芸人(岡山県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 04:32:48.72 ID:JdEfaYUK0

クソミソにここまで抵抗がないスレは初めてだ



168 名前: 書記(新潟・東北)[] 投稿日:2007/03/18(日) 04:40:21.87 ID:yes8WDLiO

兄友「最近お前女っぽくなったよな」
兄「女は恋をすると美しくなるんですぅ」




175 名前: 書記(新潟・東北)[] 投稿日:2007/03/18(日) 04:48:31.40 ID:yes8WDLiO

兄「うにゅー」
妹(ダメだこいつ…早くなんとかしないと……)




176 名前: 国連職員(アラバマ州)[sage] 投稿日:2007/03/18(日) 04:52:31.14 ID:DMr0P3eO0

兄がドンドン素晴らしい方向にwwwwwww



177 名前: 芸人(岡山県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 04:53:21.75 ID:JdEfaYUK0

>>175
予想GUY過ぎてワロタw




195 名前: ボーイッシュな女の子(岡山県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 05:15:43.80 ID:/mjIAXkn0

何か血迷ったようだ





197 名前: 留学生(広島県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 05:16:34.74 ID:ZPtdHZOY0

>>195
うめぇwwwwww




198 名前: 空気(東京都)[] 投稿日:2007/03/18(日) 05:17:43.17 ID:mjFLCkwA0

>>195
ええじゃないか




180 名前: 公務員(関東・甲信越)[] 投稿日:2007/03/18(日) 04:56:49.10 ID:/03T5KCaO

蒼星石な兄
翠星石な妹
水銀燈な先輩
真紅な委員長
雛苺な後輩
金糸雀な押し掛け女房
薔薇水晶なお隣さん
雪華綺晶なお向かいさん




182 名前: 声優(アラバマ州)[] 投稿日:2007/03/18(日) 04:59:05.08 ID:+8OdeaL+0

>>180
薔薇水晶なお隣さん
雪華綺晶なお向かいさん



適当杉ワロタw




206 名前: 金田一(ネブラスカ州)[] 投稿日:2007/03/18(日) 05:26:22.51 ID:iyYv27awO

雛「あー、女ちゃんなのぉ!こんにちはっ!」
女「こんにちは・・・はぁ、蒼星石になって男くんにご奉仕したいよぅ。」
雛「まだそんなこと言ってるの?時代は雛苺なのよ?」
女「時代とかそういうのいいの。わ・・・僕は男くんにご奉仕したいんだもんっ!」
兄「わっ、また変なのが増えたですぅ。」
雛「変なのはお前だろ、カマ野郎。」
兄「!!」
女「お兄ちゃん、雛ちゃんと何話してんの?」
雛「なんでもないのよ。それより一緒にうにゅー食べるのっ!」
女「あ、うん・・・」
てくてく
兄「あいつ、こわい・・・ですぅ」




214 名前: 舞妓(アラバマ州)[] 投稿日:2007/03/18(日) 05:35:33.06 ID:5F7Eruvd0

やーっぱり兄がメインになってんじゃねぇか変態共wwwwwwwwwwwwwwww



222 名前: 機関投資家(岩手県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 05:44:19.13 ID:wALSaKXE0

>>214
兄「だ、だれが変態ですか!変態はてめーですぅ!さっさとクソして寝ろですぅ!!」
女「…お兄ちゃん、そんなこと言ってると」
兄友1「うぉぉぉぉぉぉ!!!かわいいよ兄かわいいよ」
兄友2「 や ら な い か 」
兄友3「俺…この学校卒業したら兄と一緒に暮らすんだ…」
兄「ひぃぃぃぃいい!!」
女「ね?だから翠星石のまねはほどほどに…」
兄「そ、そうですね、分かったですぅ、しゃーねーから言うこと聞いて……あ」
兄友all「うぉおぉぉぉっぉっぉォォぉおおおおおおおおおおおぉぉぉ!!!!!!」
兄「ひぃぃぃぃ!! よるな、来るな、って何処触って、あっ」

女「…はぁ、蒼星石になって男くんにご奉仕したいよぅ」




240 名前: 金田一(ネブラスカ州)[] 投稿日:2007/03/18(日) 06:02:58.60 ID:iyYv27awO

女「男くーん、わ・・・僕お弁当作ってきたんだ。い、一緒にたべよ?」
男「いいよ・・・蒼星石のマスターになれたらいいのに」
女「まだ私変わりになれないんだね・・・」
男「・・・何か言った?」
女「う、ううん。なんでもないよ。じゃ、食べよう?」
金「待つかしらっ!」
女「え?」
金「男くんとお弁当食べるのはこの学校一の策士の私で決まりかしらっ!」
女「え、えーっ!?」
金「はい、特製卵焼き弁当よ。きっとおいしいかしらっ。」
女「う、うー。だめです、男くんにはわ・・・ボクがご奉仕するんですっ。」
金「そんななりきれてない奴に負けないかしら~」
女「うーっ!」
兄「はい、弁当ですぅ。べ、別にあんたのためじゃねぇですよ?」
男「・・・蒼星石のマスターになれたらいいのに」




242 名前: 渡来人(関東・甲信越)[sage] 投稿日:2007/03/18(日) 06:04:41.81 ID:oVCpdG+eO

ここは女装萌えな僕にはたまらないスレですね



253 名前: アナウンサー(関東)[sage] 投稿日:2007/03/18(日) 06:13:46.89 ID:1cHJoSD9O

女「ごめんなさい、マスター…ケホケホ。蒼星石の声真似るの難しいなぁ……」
女「……翠星石に気安く触るなですぅ!……意外と出来るですぅ♪」

兄「(・∀・)」
女「お、お兄ちゃん!いつからそこに////」
兄「…いつ変わってあげてもイインダヨ……翠星石」
女「だめえぇぇぇぇぇぇぇぇ!」




297 名前: 金田一(ネブラスカ州)[] 投稿日:2007/03/18(日) 10:50:50.18 ID:iyYv27awO

女「お兄ちゃん、ごはんできたよー」
兄「また花丸ハンバーグだろ?もういい加減飽きたですぅ。」
女「だめだよっ、少しでも蒼星石に近づくためだもん。お兄ちゃんも翠星石に近付けるようにクッキーでも焼いてよぉ。」
兄「だ、誰がそんなことするですかっ!」
兄(言えない・・・もう焼いて男に渡したなんて言えるわけがないっ!!)




298 名前: 金田一(ネブラスカ州)[] 投稿日:2007/03/18(日) 11:02:18.15 ID:iyYv27awO

男「はぁ・・・蒼星石のマスターになれたらいいのに」
兄「おい、男っ!」
男「・・・なに?」
兄「こ、これやるですぅ」
男「・・・クッキー?」
兄「そ、蒼星石のクッキーじゃなくて残念でしょうが、これでも食らいやがれ…ですぅ。」
男「・・・ありがとう」
兄「べ、べつにあんたのためじゃねぇですよっ!勘違いすんなですっ!!」
男「・・・蒼星石のマスターになれたらいいのに」
てくてく
兄「あ・・・」
兄(か、確実に女の幸せを感じてしまったですぅ・・・)




299 名前: 舞妓(アラバマ州)[] 投稿日:2007/03/18(日) 11:06:41.92 ID:5F7Eruvd0

こんなに可愛い子が女の子な訳無いな。



301 名前: fushianasan(関東)[] 投稿日:2007/03/18(日) 11:18:53.80 ID:/U8dg0OGO

蒼星石のマスターになれたらいいのに



302 名前: シウマイ見習い(群馬県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 11:19:46.95 ID:GSsj3H+u0

蒼星石になって/U8dg0OGOにご奉仕したいよぉ・・・



306 名前: あおらー(千葉県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 11:29:42.12 ID:r2tvIH9+0

お前ら怖ぇよwwww



370 名前: 書記(新潟・東北)[] 投稿日:2007/03/18(日) 16:54:27.79 ID:yes8WDLiO

兄友「はあ…翠星石のマスターになれたらいいのに」
兄「!!何を血迷った事を言ってやがるですぅ!」
兄友「お前ももはや完全に女の子だよな……俺の彼女にならない?」
兄「ふっ、ふざけた事言うんじゃねぇです!僕にはもう心に決めた人が………」
兄友「それは男?女の子?」
兄「え?あ…そ、そんなの常識的に僕の性別から考えればわかる事ですぅ!」
兄友(そうか男か………)




371 名前: 通訳(北海道)[] 投稿日:2007/03/18(日) 16:55:00.37 ID:Djw4+rmF0

>>370
女扱いwwwwwwwwwwwwww




376 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 17:04:02.74 ID:RffdV3ZE0

―とある日

男「はぁ・・・蒼星石のマスターになれたらいいのに。」
女「また男くん言ってる。はぁ・・・蒼星石になって、男くんにご奉仕したいよぅ・・・」

―このスレのこの無限ループを

―止める出来事が起こった。

―たった一日だけ。




377 名前: 書記(新潟・東北)[] 投稿日:2007/03/18(日) 17:07:15.47 ID:yes8WDLiO

wktk



379 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 17:08:03.23 ID:RffdV3ZE0


女「あぁ・・・朝か~。起きないと・・・。」
窓からは日差しが気持ちよくこぼれ、
それは女に朝ということを教えてくれた。
うすら寝ぼけではあったが、気持ちのよさだけは
感じていた。ただ、少し奇妙な点を除けばであったが。

女「ん・・・?ベッド・・・なんかすごい広い・・・?」

最初の疑問はそれであった。




383 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 17:14:43.95 ID:RffdV3ZE0

女はすぐさま起き上がりベッドからおりようとする―

だが、高い。

ベッドと床までが異様に高く感じる。

女「あ・・・う・・・」

なにが起こったか。
そんなことを考える余裕など女には微塵もなかった。

恐怖。何かが起こってしまったのだ。
それが何かなどはどうでもいい。
とりあえず異常なことになったのだ。
女が認識できるのはそれだけであった。




387 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 17:19:08.06 ID:RffdV3ZE0

女は何かに追いすがるかのように
あたりを見回す。いつもの風景が
異様な空間へと変わっている。

―だが
「何が」起きたか?
これだけはすぐに解決できた。
壁にかかっている鏡を見て。

女「私が・・・いない。」

これは間違いであった。
たしかに女の姿はその鏡の中にはない。
ただ、青色の姿はそこにはあった。

女「あれは・・・蒼星石?」

男が求め続けるものがその鏡の中にはあった。




388 名前: イラストレーター(コネチカット州)[] 投稿日:2007/03/18(日) 17:20:43.53 ID:swEV/mRKO

朝おきて球体間接だったら卒倒するぞ



390 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 17:23:13.87 ID:RffdV3ZE0

もし貴方が「変わりたいもの」にいざ変わったらどうだろうか?
貴方は思いのままに欲望を満たすことだろう。
それは彼女とて同じであった。

女「私が・・・蒼星石・・・!!」

―どうやら神様は私にチャンスを与えてくださったらしい
もちろん女に恐怖は今もあったし、不安もあったが、
それ以上に欲望のほうが強かった。

女「私は・・・男くんにご奉仕したい・・・!!」




395 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 17:29:28.82 ID:RffdV3ZE0

さて、ここで女にいくつか問題が生じてきた。

簡単なことである。
自分が蒼星石というならば
中身も蒼星石に近づけなくてはならないのである。
あの淑女とは少し違った言葉使い、
あの振る舞い、あの凛々さ。

女「私に・・・できるかな・・・。」

女とて蒼星石に対して知識はあるが、
男はそれを超越している。
少しでも違う振る舞いをしたら
偽者だと思われるのでは?
女は少し不安になったがすぐに気を取り直した。

女「私・・・いや、僕にならできる。」




400 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 17:35:17.91 ID:RffdV3ZE0

―そこから1時間

女は鏡を見ながら蒼星石の振る舞い、口調などを入念にチェックし、
完璧とは言えないが順当な感じにまで仕上げた。

女「これなら・・・大丈夫だね。(この言い方であってるかなぁ・・・)」

今日は休日。
男もきっと家でいつもの如くローゼンを見て
「蒼星石が~」を言っていることだろう。

女「よし、男くんに・・・マスターに会おう!!」




403 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 17:40:17.73 ID:RffdV3ZE0

女「う~・・・勇ましく玄関まで来たけど・・・この姿で外はなぁ・・・。」

蒼星石とはいえ、一般的に見たらただのアンティークドール。
人形が一人で動いてたら奇妙にしか感じないであろう。

女「こんな時、蒼星石なら・・・」


   「電話だ!!」

携帯をとり男くんに電話をかける。
言うことは決まっている。
「まきますか?まきませんか?」

女「完璧なシナリオだよこれ~w」

期待に胸を膨らましながらコール音を聞く。




405 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 17:44:44.53 ID:RffdV3ZE0

男「あい、女どうしたん?」

女「え?」

一瞬女は理解不能に陥った。
なぜ?私は蒼星石だ。なぜ男くんは私の名前を呼ぶの?

男「もしもし?蒼星石のマスターになれたらいいのに・・・。」

―携帯。

女「(ああぁぁぁぁぁああぁぁ~~~~!!!ミスったーーーー!!!)」

自分の携帯を使えば、あっちには自分の名前が出る。
ここは公衆電話を利用するのが正しかったのだ。

女「(うぅ~・・・やるしかない!あとにはひけない!!)」




407 名前: 司会(神奈川県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 17:47:39.36 ID:Zwgtqdw90

非通知にすればよかったのにwwww



408 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 17:48:54.80 ID:RffdV3ZE0

女「や、やぁ・・・僕だよ・・・。」

やっちった。

これが女の心情である。
某所のネズミみたいなセリフしか言えない自分に嫌気がさす。
ここからどう持っていくか・・・。果たして持っていけるのか?
女はこのぐだぐだ感に苛立ちも覚えていた。

だが、状況は女の予想を良い意味で裏切った。

男「そ、そ、その声は・・・蒼星石!!」

どうやら投げ込んだ釣り針の効果は最高だったらしい。




410 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 17:53:33.72 ID:RffdV3ZE0

宗教などでは普段日常からの信仰が深いものほど
実際に神などに遭遇しても受け入れが早いといわれる。
これと全く同じ例であった。

女「えっと・・・まきますk
男「まく!!まくぞ!!」

みなまで言わずとも即答で答える男に
女は「あぁ、末路だな」と心のどこで思っていた。

女「あ・・・その・・・じゃぁ、女ちゃんの家まで来てくれるかな?」
男「もちろん!!行く!!今行く!!」

女はどこか出会い系のサクラと似た気分を感じていた。




411 名前: 司会(神奈川県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 17:56:43.02 ID:Zwgtqdw90

男wwww



412 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 17:57:30.84 ID:RffdV3ZE0

男は宣言どおり
すぐさま女の家に現れた。

ピンポーン

インターホンが鳴る。

女「はいってー。」

はい、またやっちった。

これが女の心情である。
素が出てしまった。何のための一時間の特訓だったかわからなくなる。

男「はぁ~い!!」

相手が盲目にかかってるような奴だったのが
女にとって最大の幸運である。




416 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 18:01:54.87 ID:RffdV3ZE0

女「やぁ、マスター。」
男「おぉ・・・蒼星石!!ついに・・・俺のとこに・・・!!」

いろいろあったが完璧にシナリオが進んでいた。

男「さぁ!!うちにかえろう蒼星石!!」
女「うん。」

男はそういうとひょいっと女を持ち上げ
腕に乗せると優しく抱きかかえた。

女「(しあわせ~~!!)」

女は至福の瞬間を手に入れたことを噛み締めていた。

だが、ここからが本当の闘いであった。




419 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 18:07:39.51 ID:RffdV3ZE0

女は男の家につくまでは非常にスムーズに会話ができた。
言葉、振る舞い共に完璧に近かった。

問題は家に着き少し落ち着いた後である。

男「あ!!俺、蒼星石の手料理を食べたいんだ!!」

女「え!?」

作るの?私が?どうやって?
女は料理は上手いほうではない。

女「(え~!!うそでしょ!?ハンバーグも作れない私が!?蒼星石って何か作れるの?)」

男「いや・・・無理なら・・・いいんだ・・・きにしないでくれ・・・」

その口先だけの言葉は女をもっと困惑に叩き落した。

女「あの・・・その・・・」




421 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 18:11:46.92 ID:RffdV3ZE0

女「もちろん作るよ・・・マスターのために。」
男「おお~!!蒼星石~~!!」

男は飛びついて女にハグをする。

女「(<(^O^)>ナンテコッタイ)」

1を10にすることはできる。
だがそれは非常に困難である。
どう切り抜けるか?
女はそれを思索し、そして一つの案を思いついた。

女「マスター、実はお願いがあるんだ・・・。」




425 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 18:16:54.66 ID:RffdV3ZE0

上目づかいで、そして少し甘い声で女はこう言った。

女「マスターと一緒に作りたいんだ。・・・だめかな?」

男の発言は記す必要もないであろう。
これにより例え料理が失敗しようとも
責任は分担。自分だけの責任にはならない。

女「(「振る舞いを守る」「欲求を遂行する」。両方するってのは、楽じゃあないな・・・)」

ヘヴィーな状況を打開した先にあったのは
「カレー作り」であった。




429 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 18:21:42.85 ID:RffdV3ZE0

結論から言うと、
男の独壇場であった。
女も知らなかったことだが
男は非常に料理も上手いのだ。
女はそれを褒め、男が頑張る。

女「(なんだか悪い女みたい・・・ってか奉仕してないし私!!)」

元の趣旨から大きく外れていることに女は気がついた。

        「奉仕」

現時点まで奉仕活動は皆無に等しい。

女「(うぅ~・・・幸せすぎてすっかり忘れてた~・・・)」




431 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 18:27:19.15 ID:RffdV3ZE0

「流れ」とは恐ろしいものである。
不可抗力ともいうべきか。
とある哲学者は「人間とは流れの中に生きる動物」と言った。

その流れとやらで
女は男の膝の上に座りながら一緒にカレーを食べていた。
奉仕とやらはどこへやら。

男「おいしいかい?」
女「すごくおいしいよマスター。」

そう言うとお互い微笑合う。
言葉数がなくと通じ合う。
そこに生まれるものこそ幸せである。

女「(あぁ~!!時が止まればいいのに・・・。)」

奉仕など全くしてないが女はこの充実感を
味わっていた。




432 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 18:30:39.02 ID:RffdV3ZE0

ただやはり、いつまでもこうしているわけにもいられない。
奉仕こそ女の欲求。

女「マスター、洗い物は僕がやるよ。」
男「お、大丈夫かい?一人でできる?」
女「おいしい料理を作ってもらったからね。まかしてほしいな。」
男「・・・蒼星石。」
女「(さすがの私でも洗い物はできるでしょwwww)」



洗い物を始めてから数分後で皿が一枚割れた。




434 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 18:34:40.80 ID:RffdV3ZE0

男「大丈夫!?」
女「ごめんなさいマスター!!僕・・・」
男「いや、いいんだよ。怪我はないかい?」

人形なので怪我など存在しない。
ただ優しくハグしてくれる男に女は
その身を委ねていた。

女「あの・・・マスター。」
男「なんだい?」

女は知っている。この後の自分の問いの答えは
決して自分に向けられているものではないこと、
この愛も自分ではなく「蒼星石」へのものだということ。




435 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 18:37:39.39 ID:RffdV3ZE0

でも聞かずにはいられない。
自分でなくとも構わない。
この言葉を言わずには。

女「マスターは・・・僕のこと、好きかい?」

男の答えは知っている。

男「ああ、もちろん。だいすきだよ。」

女は少し充実感と虚無感を同時に得たような気がした。




438 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 18:42:37.71 ID:RffdV3ZE0

その後はいろいろなことを話した。
男はどれだけ自分が蒼星石を待ち望んだかを。
蒼星石という仮面を付けた女は男と会えた喜びを。
それは絶えずことなく、そしてゆっくりと日が暮れ、
部屋をオレンジ色のような赤に染め上げていった。

男「夕日に映った蒼星石も綺麗だよ。」
女「そんな・・・恥かしいよ。」

暖かくて幸せで、まるで空に浮いてるような
そんな気分を女は感じていた。

男「さてと・・・。」

そして、この人形劇も終焉へと加速していく。
落ちる夕日と共に。




442 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 18:46:54.94 ID:RffdV3ZE0

すくっと男が立ち上がる。

女「どうしたんだい、マスター?」

男は優しい顔で、どこかもの悲しい顔で、
微笑みながら女を見つめた。
その顔を夕日に照らされ、
暖かさというより、何か冷たさをも感じた。

男「まずは、ありがとう。」
女「え?急に変だよ?」

女の鼓動が少しずつ早くなる。
何か焦りと不安を感じる。




444 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 18:50:59.21 ID:RffdV3ZE0

男「君に今日出会えて、幸せだった。本当に。」
女「・・・。」
男「本当に俺は幸せな人間だと思う。」
女「・・・。」
男「だからこそ、日が暮れる前に全てを聞きたい。」
女「全て・・・?」
男「そう、全て。」

男は少し深呼吸すると
女を見つめた。その瞳には青色の服を着た人形がいた。

男「君は、誰だい?」

甘い果実はそこで切り落とされた。




448 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 18:55:13.21 ID:RffdV3ZE0

女「僕は蒼星石だよ、マスター!?何を言ってるんだ?」

女は慌てて男の発言を否定する。
認めたくない。認めたらそこで全てが終わる。
このたくさんの愛も、暖かい時間も、
全てがなくなってしまう。

男「いや、君は蒼星石ではない。」
女「マスター!!僕を信じれないのかい!?」

恐怖が募る。女の心が恐怖に支配されていく。

男「君は・・・何色だい?」




449 名前: 司会(神奈川県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 18:55:48.45 ID:Zwgtqdw90

すごい急展開www
しかしwktk




450 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 19:00:05.22 ID:RffdV3ZE0

女「え・・・?」
男「君の色は・・・何色?」
女「私の・・・?」
男「そう、君の色。今日君が作ってきた色は
  全て蒼星石の色だ。君の色はどこにあるんだい?
  君はどこにいるんだい?」
女「私は・・・。」
男「他人の色を作るより、自分の色を作ったほうがいい。
  その方がずっとずっと綺麗だと思う。」

そこで女は泣き崩れた。
ポロポロと、涙が落ちていく。

女「私は・・・蒼星石になりたかった・・・!!」




451 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 19:04:53.12 ID:RffdV3ZE0

女「男くんはいっつも『蒼星石のマスターになれたらいいのに』ってそればっかり!!
  私は蒼星石になって奉仕がしたかった!!そばにいたかった!!」
男「そっか・・・」
女「でも・・・蒼星石にはなれなかった。・・・奉仕もできなかった。
  私は・・・。」

男は女を優しく包み込むと
ゆっくりとこう言った。

男「奉仕なんていらないよ。僕は十分満足した。
  たくさんの幸せをもらったよ。」

女「本当・・・?」




452 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 19:07:37.89 ID:RffdV3ZE0

男は優しく女の頭を撫でる。

男「本当さ。・・・あぁ、でも一つ。
  まだ満足いってないことがあったよ。」

女「え・・・なに・・・?」

男は少しテレながらこう言った。
その顔は夕日に照らされてか赤くなっていた。




男「女ちゃんのマスターになれたらいいのに。」




454 名前: 養蜂業(大分県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 19:09:45.36 ID:0xRC0Ml+0

涙腺崩壊



455 名前: 司会(神奈川県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 19:10:07.84 ID:Zwgtqdw90

これはいい話



460 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 19:13:17.06 ID:RffdV3ZE0

女「え・・・?」

男「今日は夕日が沈む前に寝たほうがいい。
  そして起きたら、いつも通りの生活に戻るよ。」

女「私・・・もとの姿に戻れるかな・・・?」

男「大丈夫。蒼星石は優しいんだ。
  きっと女ちゃんを助けてくれるよ。」

女は男に優しく目を閉じられた。
再び何か暖かいものを感じながら
女は眠りへとつく。そして夕日もゆっくりと沈んでいく。
少しずつ、少しずつ。暗くなっていく。



     「おやすみなさい」




461 名前: VIPからきますた(コネチカット州)[] 投稿日:2007/03/18(日) 19:16:26.37 ID:UZsybV4pO

乗り遅れた良スレ



462 名前: ほっちゃん(関西地方)[] 投稿日:2007/03/18(日) 19:16:50.42 ID:cC3GjG7H0

(;∀;)イイハナシダナ-



463 名前: 漢(アラバマ州)[] 投稿日:2007/03/18(日) 19:17:15.45 ID:fRRp+EVE0

感動したよ下着ドロ



464 名前: 下着ドロ(catv?)[] 投稿日:2007/03/18(日) 19:17:16.56 ID:RffdV3ZE0

ここから先は蒼星石の劇ではなく
女と男の劇が始まる。
暖かい時間を分かち合い、
共に大切なものを築き上げていく、
それは長い長い劇。
その劇はとても綺麗で
ゆっくりだけど幸せな劇。

       ―それは次の機会でまた。


                  END




465 名前: 司会(神奈川県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 19:18:40.04 ID:Zwgtqdw90

>>464
一番最初から楽しませてもらった
この言葉を心の底から送ろう

乙かレンピカ!!




468 名前: 僧侶(長屋)[] 投稿日:2007/03/18(日) 19:23:18.98 ID:hc1sHbv40

もうここまできたら何も言うまい乙



536 名前: 芸人(岡山県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 22:44:50.74 ID:JdEfaYUK0

銀の出番少なすぎて銀オタの俺としては断腸の思い





537 名前: すっとこどっこい(埼玉県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 22:48:08.37 ID:GknL9AdM0

>>536
銀様ウマスwww




540 名前: 機関投資家(岩手県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 23:02:04.80 ID:wALSaKXE0

3レスほどいただく、オレ設定の男主人公



541 名前: 機関投資家(岩手県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 23:03:18.04 ID:wALSaKXE0

男「ぐ、がはぁぁ、はぁはぁ…ぐううぅ」
突然の激しい胸の痛みによって僕は目を覚ます。
この頃は目覚ましで起きるよりもこの胸の激痛で目覚めことのほうが多くなった。
男「うぅぅ…はぁはぁ……はぁ…」
僕は枕元の引き出しから錠剤の入った瓶を取り出し、10数粒程一気に飲み込んだ
…この鎮痛剤もあまり効かなくなってきたな…。
本来なら薬への耐性が出来ないように過度の摂取はすべきではないのだが
鎮痛剤を飲まなければ、僕はあまりの激痛に動くことすら出来なくなる。
男「はぁはぁはぁ…はぁ………はぁ」
体中に嫌な汗をかきながら、ふとカーテンを閉めた窓を見る。
ほのかにだが光が差し込んでる、時計を確認すると…5時半、
僕はまだズキズキと痛む胸を押さえながら、この嫌な汗を流す為にバスルームへ向かった。


いつからだろう?この胸の痛みを抱えるようになったのは
たしか……中学3年の時の体育の時間、サッカー…だったかな?その試合中に突然の激痛で倒れたのが最初だと思う。
そのまま病院に担ぎこまれて、診断の結果が

心筋梗塞及び肺癌

お医者さんが言うには「今までなんとも無かったのが奇跡」らしい
肺癌は肺全体、更には気管支にまで達しており、手の施しようが無いらしい

告げられた余命は半年

僕はあまりに突然のことに意味がよく分からなかった。
ただ、「何も知らずにただ死ぬのは、息子があまりに可哀想だ」と
そのことを包み隠さず話してくれた両親には感謝している。




542 名前: 機関投資家(岩手県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 23:06:08.59 ID:wALSaKXE0

父さんは「残りの時間、お前の好きに生きろ。したいことがあるなら父さんがなんだってさせてやる」と言った
したいこと…?
僕はいったいなにをしたいんだろう?
このまま時間が流れ、僕もこのまま成長するものだと思ってた。
高校に行って…大学に行って…会社に入って…結婚して…
そういう何の変哲もない暮らしを送れると思っていた。
でも…それももう送れない
僕が今更何をしたとしても、それはもう遅い。
僕が誰かを楽しませたり、喜ばせたとしても、それはもう遅い。
僕は……

僕「僕は………今まで通りの生活がしたい。学校に行って、勉強して、いつも通りの生活がしたい」

そう告げると、隣にいた母さんは堰を切ったように泣き出した。
父さんも必死に泣くのを堪えているらしく、肩をふるふると震わせている。
近くにいたお医者さんも看護婦さんも同じだった。
そんな中自分一人だけ何事も無いようにベットに座っているのが、印象的だった。

それからの僕の生活は少し変わってしまった。
他人と接するのが恐くなってしまった。
友達と仲良くすればするほど、自分の死の瀬戸際でたまらなく悲しくなるのがどうしても恐かった。
自分なんかのせいで、友達が悲しい思いをするのが嫌だった。
自分のせいで誰かが傷つくのがたまらなかった。

だから僕は人を避けた。まるで統合失調症の患者のようなフリをして

半年後、僕は無事に高校に合格し、4月から高校生になった。
肺癌のほうも進行を遅らせる薬のおかげで、もうしばらくは持つかもしれないらしい。
…ただ僕は相変わらず他人との接触を拒み続けた。
それが僕のためであり、他人のためだと思っていたから…




543 名前: 機関投資家(岩手県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 23:08:14.43 ID:wALSaKXE0

そんな時、一人の女の子に出会った。

僕がどんなことを言っても、僕にしつこく付きまとう。
一度ヒドイことを言ってしまったこともあった。
彼女はとても悲しそうな顔をして、でもそれでも僕のそばから離れようとしなかった。
そして彼女を取り巻くように、僕は色んな人と知り合いになってしまった
みんなとてもいい人ばかりで何度も何度も助けられた。

僕は生きる希望を持ってしまった。

僕は生きたい、みんなと一緒に居たい

でも僕はなにをすればいいか分からない
みんなを哀しませたくない。
今までの僕ならここで考えるのをやめて、再び他人を避けた生活をしていただろう。
でも今は違う。
僕はみんなに生きる希望を貰った。
だから僕はもう少しだけ…もう少しだけこの生活を続けてみようと思う
きっとそこに答えはあるはずだから

いつも通りにシャワーを浴び、いつも通りに着替え、いつも通りに朝食をとり、いつも通りの時間に家を出る。
外は快晴、雲ひとつ無い青空
いつも通りの通学路、いつも通り後ろから彼女が走ってくる
僕はこの変わらない日常が続くように、いつも通りの言葉を口にする。


男「蒼星石のマスターになれたらいいのに」


END




545 名前: 車内清掃員(兵庫県)[sage] 投稿日:2007/03/18(日) 23:09:42.95 ID:YO7wVT0I0

何という…
こういう風に持ってくるとは思わなかった
GJ、感動した




546 名前: 神主(愛知県)[] 投稿日:2007/03/18(日) 23:10:21.13 ID:peb8ozg80

GJ!!!
泣いた




548 名前: 公務員(関東・甲信越)[] 投稿日:2007/03/18(日) 23:11:17.89 ID:/03T5KCaO


全米が泣いた




新ジャンル『ロリ校長』
新ジャンル「照れ卑猥」

新ジャンル「ドラクエ」
新ジャンル「頭のよわい子」
新ジャンル「ティウンデレ」
新ジャンル「常に低体温症」
新ジャンル「こんな事もあろうかと」

新ジャンル「素のハルヒ」
新ジャンル「しちゃった」
新ジャンル「DOQ妹」 【1】
新ジャンル「たばこ」
新ジャンル「悪役好き」

新春ジャンル「お正月」


このWebページのtweets

2007/03/19(月) 00:14|ニュー速VIPCM:21TB:0Topこの記事をはてなブックマークに追加 このエントリをつぶやく

<<「ですよ。」があまりにもムカついたのでホーム俺を萌えキャラの絵にしてくれないか >>

最新の記事

2017.04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫2017.06

人気記事の一覧を見る全記事一覧を見るTop

トラックバック

    トラックバックURL

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

  1. 名前:  投稿日:2007/03/19(月) 00:55 ID:04boGm4INo.3483

  2. とりあえず男がキチガイってことはわかった

  3. 名前:   投稿日:2007/03/19(月) 01:07 ID:-No.3484

  4. 翠星石のマスターになれたらいいのに・・・

  5. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/03/19(月) 01:07 ID:-No.3485

  6. まさか・・・そんな・・・・・・
    これは感動するだろ・・・・・・常識的に考えて(泣)

  7. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/03/19(月) 02:17 ID:-No.3486

  8. 俺は非常識人だが
    これは感動した!

  9. 名前:     投稿日:2007/03/19(月) 02:44 ID:-No.3487

  10. 途中からのお涙頂戴の安っちい話のせいで序盤の流れが台無しじゃん
    病気がどうこうとかもう聞き飽きたから


  11. 名前:名無しですが何か 投稿日:2007/03/19(月) 04:08 ID:-No.3491

  12. 心筋梗塞および肺がんはさすがにないだろうwwwww
    せめて脳腫瘍とか白血病とか骨肉種とかwww

  13. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/03/19(月) 09:59 ID:-No.3496

  14. とりあえず・・・兄はどうなった?

  15. 名前:名無しさん 投稿日:2007/03/19(月) 12:23 ID:-No.3502

  16. 兄は俺がおいしくいただきました

  17. 名前:名無しさん 投稿日:2007/03/19(月) 12:44 ID:VmdTQiSINo.3504

  18. 最初の狂いっぷりもラストのカオスな展開も好きな方を取ればそれなりに楽しめるっしょ

    ただ初期のような他人の好意に気付けない人間には蒼星石のマスターにはなって欲しくはないがね

  19. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/03/19(月) 17:21 ID:-No.3514

  20. 蒼星石とお話ししないかい?

  21. 名前:SN 投稿日:2007/03/19(月) 18:40 ID:-No.3519

  22. ローゼン読んだことないけど空気はつかめた

  23. 名前:  投稿日:2007/03/19(月) 22:41 ID:-No.3529

  24. 危うく何かに目覚めそうだった

  25. 名前:ポテトゥ 投稿日:2007/03/20(火) 00:06 ID:-No.3534

  26. 新世界を見た

  27. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/03/20(火) 21:02 ID:-No.3579

  28. 感動した

  29. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/03/21(水) 13:28 ID:-No.3620

  30. 感動した。

  31. 名前:名有りさん 投稿日:2007/03/23(金) 22:07 ID:-No.3719

  32. 感動した。けど忘れたい

  33. 名前: 投稿日:2007/03/24(土) 00:05 ID:mQop/nM.No.3724

  34. 翠と蒼がどっちかどっちかわからんくなった

  35. 名前:空気←なぜか読めない 投稿日:2007/03/25(日) 12:09 ID:-No.3811

  36. これまだ続いてるぞ

  37. 名前: 投稿日:2007/04/08(日) 15:36 ID:USanPCEINo.4452

  38. ローゼンのyoutube知ってる人教えてけれ

  39. 名前:ラセス・イル 投稿日:2007/04/22(日) 23:05 ID:-No.5045

  40. ※19
    youtube内検索で「ローゼンメイデン」って調べたら出てくるぞ

  41. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2008/01/29(火) 13:12 ID:-No.12353

  42. 君達は・・・女装の恐ろしさを分っていない・・・。

    屈辱だよ。屈辱!!

    女顔で背が小さいと絶対、女装が屈辱だと分かるよ。

    こんな経験、滅多に無いだろうけど・・・。

<<「ですよ。」があまりにもムカついたのでホーム俺を萌えキャラの絵にしてくれないか >>

コメントの投稿







 

※編集ミス・不具合報告やスレ投稿は出来るだけ内緒コメントかメールフォームをご利用下さい。
  また「管理者にだけ表示を許可する」にチェックが入ったままですと、
  コメントが表示されませんので、利用の際はご注意頂くようお願い致します。

  ネタバレや読者を不快にさせる内容のコメントは削除対象です。
  記事内容と関係のないコメントや管理人に対する意見やお問い合わせはメールフォームでどうぞ。


荒し対策のため、全角「w」を押しすぎないようお願い致します(今後も随時変更する場合がございます)。

人気記事ランキングを全て表示する最新記事の一覧を見るTop


<<「ですよ。」があまりにもムカついたのでホーム俺を萌えキャラの絵にしてくれないか >>


このブログのはてなブックマーク数ブログパーツブログパーツブログパーツ ,,
ネタなべ。∑(・ω・ノ)ノ all rights reserved. powered by FC2Blog
  • ブログSEO対策 : track word 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  

管理人の独り言

どりこむ。。ねたなべ、ネタナベ
管理人に連絡を取るRSSFeed 

注目記事

月別オススメ特選VIP 良スレ
注目エントリー人気エントリー(はてぶ)

[PR]ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

ネ ガ テ ィ ブ 名 言 集最近、ローゼンに嵌り出したんだがひろゆき「ワシの掲示板は108chまであるぞ」 金貸してくりゃれwwwひろゆき「ワシの掲示板は108chまであるぞ」 大塚さん 集めてみましたやる夫がドラクエ1の勇者になるようですひろゆき「ワシの掲示板は108chまであるぞ」 テイルズにありがちなことテイルズにありがちなこと紙とのりでガンダムのきぐるみつくってみた小さい頃勘違いしてたことイ ケ メ ン に あ り が ち な こ と やる夫がドラクエ1の勇者になるようです「ですよ。」があまりにもムカついたので布団の中で妄想楽しすぎwwww母親泣かしてやったwwwざまぁwwキュウリでオナってるのお母さんにバレタwwwwwww暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか おまけ最近の絵本はエロいはてなようせい20歳女だけど好きな人の車の中でおしっこもらした 最終章ちょwwwwww受験教室が俺一人なんだがwwwwwwwネ ガ テ ィ ブ 名 言 集キュウリでオナってるのお母さんにバレタwwwwwwwB型とAB型の特徴テストに珍回答書いたことある?賢狼ホロの可愛さは異常母親泣かしてやったwwwざまぁww厚塗り萌え絵貼ろうぜ。

お世話になっているサイト

リンク・紹介感謝♪全ランキング

今月の人気記事

現在集計中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。