メニュー


【月別に見る】
09 03 02 01 08 07 06 03 02 01 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11

【カテゴリ】

リンク

2ch全AAイラスト化計画
ドラクエぶどうかのまとめ

相互リンク・RSS感謝♪

2017.09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫2017.11
<<スペック安価でロボ絵描きますホーム新ジャンル「家出少女」>>

スポンサーサイトこのエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーへのつぶやき

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--|スポンサー広告Topこの記事をはてなブックマークに追加 このエントリをつぶやく

新ジャンル「テンパり三等兵」このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーへのつぶやき



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 15:18:24.35 ID:sxh0W/5Y0

男(今日から新しいクラスか、少し緊張するな)
女「……」(じー)
男(なんかすごい見られてるな)

男(……隣の席だし、とりあえず挨拶しておくか)

男「え、と……よろしく」
女「っ!?」

男「? 驚かせた?」
女「いえっ! そのような事は全く!」

男(声でかいなー)
女「じ、自分は、きょきょ今日から一緒のクラスになりました女でありますっ!!
  今後ともよろしくでありますっ!!」(びっ)

男「は、はい。こちらこそ改めてよろしく」
女「はっ!!」

男(変な子だ)
女(緊張したであります)


カテゴリ:特選VIP| この記事をはてなブックマークに追加 このエントリをつぶやく あとで読む

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 15:19:08.85 ID:sxh0W/5Y0

男「えーと、次の授業ってなんだっけ」
女「はっ!! 科学でありますっ!」
男「じゃあ移動か、一緒に行こうか」
女「はっ!! 光栄でありますっ!!」

男「……」
女「な、何か不明な点がありましたでしょうかっ!?」
男「いや、何にも」

ざっ ざっ ざっ ざっ

男(なんか軍隊みたいな歩き方だな)
女(き、緊張するであります)



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 15:19:51.18 ID:sxh0W/5Y0

科学教師「火の取り扱いには注意しろよー」

男(んー、やっぱり変な子だ)
女「な、なな何故こっちを見てるでありますかっ!?」
男「ああいや、何でもないよ」
女「そ、そうでありますか」

男「なんとなくだけど爆発物処理とか得意そうだね」
女「え!? と、得意でありますっ! もちろんでありm(ぼんっ)ぎょわーーーーっ!!」
男「うおっまぶしっ」
女「目が! 目がーーーっ!!」(ごろごろ)

科学教師「こらーーっ! マグネシウムに火を放り込むバカがいるかっ!!」


男「大丈夫?」
女「お恥ずかしい限りであります……」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 15:20:35.14 ID:sxh0W/5Y0

男「zzz」
女「男殿、男殿」
男「ん……? あれ?」
女「もう他のクラスメイトはお帰りになったであります」
男「えっ、まじ? やべー、ずっと寝てたのか」
女「はっ、起こすのは失礼かと思いましたが流石に時間が時間でしたのでっ」

男「起こしてくれてよかったのに」
女「は、はっ!! 申し訳ありませんっ!!」
男「いや、謝らなくてもいいけどね。帰ろう」
女「はっ!!」

女(寝顔に見とれていたとは、口が裂けても言えないであります)



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 15:20:56.52 ID:m8WYMsip0

なんか昭和のニオイがするな。



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 15:21:40.64 ID:sxh0W/5Y0

女「男殿は今日も購買でパンでありますかっ!!」
男「(キーン)……そうだけど?」

女「え、と、あの……じぶ、じぶじぶんがつくっ、つ、つくっ」
男「少し落ち着こうね、はい深呼吸」

女「すう……はあ……」
男「落ち着いた?」
女「はっ、有難うございますっ」
男「えーと、それで?」

女「……その、ですね。じ、自分が作ったおべべべ弁当ががががg……」(ぷしゅー)
男「はい深呼吸」
女「すう、はあ……お弁当が余分にあるのですがよろしければ食べませんかっっ!?」
男「(キーン)……余ってるのなら、もらおうかな」

女「……はっ!! 光栄でありますっ!!!」
男(耳が痛い……)



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 15:22:34.04 ID:sxh0W/5Y0

女「こちらが件のお弁当でありますっ!!」
男「うお、豪勢だな」
女「はっ!! 腕によりをかけましたのでっ!!」
男「ん? 余ったのに?」

女「あ」
男「?」

女「……てっ、適当に作ったでありますっ!!」
男「あ、そうなんだ」
女「あっ! いや、男殿に食べていただくには相応しくないモノであります故、
  やはり食べさせるワケにはいけないでありますっ!!」

男「いやいや食べるから片付けないでよ」
女「はっ!! 恐縮でありますっ!!」

男(もぐもぐ)
女「……」(じー)

男「……うん、美味しい」
女「ふぉんほでありますかっ!?」(ぶばっ)
男「わーっ! ご飯粒飛ばすなよ!!」
女「し、失礼しましたっ!!」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 15:23:59.56 ID:sxh0W/5Y0

男「さてと、帰るか」
女「あっ!」
男「ん?」
女「いえ、何でもありませんっ!」
男「あ、そう」

男「……」
女(そわそわ)
男「……」
女(そわそわ)

男「ねえ」
女「えっ? あっ、はひっ! 何であリますでしょーかっ!?」
男「声裏返ってるよ。……途中まで一緒に帰る?」
女「は、ははっ!! お供させていただくでありますっ!!」

男「……」(てくてく)
女「こ、こうやって歩いていると、まるで、その、あのっ」
男「は?」
女「いえ、何でもありません! 失礼しましたっ!」
男「ああ、うん」

女(自分は先走りすぎであります!)



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 15:34:22.39 ID:sxh0W/5Y0

男「帰ろうか」
女「はっ!!」

『おーい男ー、ちょっとこれ運ぶの手伝ってくれー』

男「ごめん、ちょっとここで待ってて」
女「はっ!!」

男「ふう、終わった」

『ごめーん、これ先生のトコに持ってってくれない? お願い! じゃーね!』

男「え、あ、ちょっと! ……ふう、やれやれ」

『おい男、ついでにこれを保健室に持って行ってくれ』

男「はい……」

男「畜生、もうこんな時間かよ。しかも雨降ってきてるし……」
男「流石にもう帰って──」

女「……」
男「なんで待ってるんだよ。せめて校舎に入ればいいのに……ズブ濡れじゃん」
女「はっ!! 『待て』とのご命令でしたので! それに体は丈夫な方なので!」
男「命令なんてしてないし、そういう問題じゃないっての……」

女「……ご、ご迷惑でしたでしょうかっ」
男「いや、迷惑ではないけどね……」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 15:44:06.98 ID:sxh0W/5Y0

男「ところでさ」
女「はっ、何でしょうかっ!!」

男「話す度に手を後ろに組むのはなんなの?」
女「……」

男「?」
女「……」


女「自分にもサッパリでありますっ!」

男「(ずるっ)……要するに、クセみたいなもん?」
女「はっ、それが妥当かとっ」

男「んー、まあいいけどね」
女「……こっ、こういう話し方をするのはやはりダメでしょうかっ!?」
男「え?」
女「つっ、つまりそのっ……」
男「……」

女「い、いせせいせいのたたた対象としては見てm(ブチッ)おぎゃーーーっ!!」
男「わーっ!?」

女「したをちょっひりかんだでありまふゅ」
男「ま、無理にその喋り方は直さなくてもいいと思うよ」
女「そ、そうでありますかっ!?」
男「うん、もう慣れたし」
女「そ、そうでありますか……」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 15:55:33.32 ID:sxh0W/5Y0

男「ウチの学校って……出るらしいね」
女「なっ、何がでありますかっ!?」
男「幽霊だよ、ゆ う れ い」
女「!?」

女「……じ、自分はそういう非科学的な存在は信じていないでありますっ」
男「ふーん、ほら、この階の隅っこの女子トイレあるじゃん」
女(ゴクリ)
男「夜になるとさ、一番奥のトイレからうめき声が聞こえるんだって」

女「は、はは……自分も使った事がありますが、そんな事は一度も」

男「あれ? お前の後ろにいる子って誰?」
女「ぎゃわーーーーっっ!!!」

男「ぐええっ、首が絞まるっ!!」
女「悪霊退散でありますーーっ!!!」(がたがた)

男「冗談! 冗談だから離してくれっ」
女「はっ!? しっしししし失礼しましたっ!!」

男「……信じてないんじゃないの?」
女「正直に言いますと、自分、かなりのビビりであります……」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 16:04:46.77 ID:sxh0W/5Y0

男「あ、今日はお弁当ないんだ」
女「はっ、うっかり寝坊してしまったであります」

男「へえ、なんか寝坊や遅刻とは無縁なタイプだと勝手に思ってた」
女「自分も人間であります」

男「ま、弁当食えないのは少し残念かな」
女「そそそんなに楽しみにしてくれてたでありますかっ!?」
男「え? ああ、うん。だって美味しいし」

女「そ、そうでありますか……分かりました!」
男「え?」

女「今後もしお弁当を作り忘れた時は、自ら腹を掻っ捌いて自害する所存でありますっ!!」
男「そんな覚悟しなくてもいいから!」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 16:15:31.37 ID:g4Ow+8ZvO

いいな



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 16:16:43.05 ID:sxh0W/5Y0

教師「えー次の英文を……女」

女「……」(うつらうつら)
男(おい、先生に差されてるぞ)

女「えぅっ!? はっ!!」(がたたっ)

女「あー、あいきゃんと? すぺーく……い、い、い……」
男(……イングリッシュ)

女「イングリーーッシュッッッ!!」

しーん

教師「……まあいい、座れ」

男「ぷぷ……」
女「な、なんで笑ってるでありますかっ」
男「いやいや、英語苦手なんだなーって思って」
女「え、英語がダメなのはダメでありますかっ」
男「? 言ってる意味がよく分からないけど、ちょっと面白かった」

女(面白い女と思われたであります……)



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 16:27:29.25 ID:sxh0W/5Y0

女「今日のお弁当は結構頑張ったであります!!」
男「お、ホントだ。見るからに美味そう」
女「どうぞ食べてくださいであります!!」

男「いただきまーす。うん、今日のも美味しい」
女「えへへ……」
男「っ」

女「? どうかしたでありますか?」
男「い、いや何にも?」

女「お茶も用意してるであります」
男「ありがと」

女「……」(じー)
男「えっと……俺の顔、何か付いてる?」

女「えっ!? いえ、そ、そそその、あ、あまりに良い食べっぷりだったのでついっ」
男「……つい?」
女「み、みみみみとれるれれっ!(ぶちっ)ほんぎゃーーーっ!!」
男「わー! また舌噛んだ!」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 16:31:34.50 ID:Jx+TsKW+O

女版相良宗介?



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 16:35:23.96 ID:ACOQpEB10

宗介よりもヴィルヘルミナに近いものを感じた



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 16:36:48.12 ID:sxh0W/5Y0

>>21
肯定だ、と言いたい所だけどミリタリーの知識はほぼ皆無だからネタに混ぜる事は不可能だ
テッサとかマデューカスと相対してる時のテンパった宗介がかなり好き



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 16:37:04.64 ID:ILh2tv74O

好きだ



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 16:46:25.16 ID:YaG6BkKBO

女「アゲるであります。」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 16:46:32.25 ID:sxh0W/5Y0

男「今日の体育はバレーか、だるいなあ」
女「自分は体育大好きであります!」
男「うん、そうだと思ったよ」
女「自分、今少し馬鹿にされた気がするであります」

女「はあっ!」(びしっ)

男「うわ、えげつないスパイクだな」
女「決して手を抜かないのが自分の信条であります!」

男「しかし……」(じろじろ)
女「な、なななんでありますかっ、人の体を舐めるようなその視線はっ」

男「いや、いい体してるなーって思って」
女「あwせdrftgyふじこlp;l@」

男「ごめん言い方が悪かった、別にヤラしい意味じゃないよ」
女「そ、その……男殿がどどどうしてもと言うのであばばばばば」(ぷしゅー)
男「うわ、壊れた」

『おーい、さっきまでの勢いはどうしたー』

女「も、申し訳ないでありますっ!!」

男「がんばー」
女(意識して体がうまく動かないでありますっ!!)



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 16:55:07.09 ID:sxh0W/5Y0

女「え、映画でありますかっ!?」
男「なんか懸賞で当たったのもらったんだけど、暇なら行く?」
女「いいいい行く、行きます、行きたいでありますっっ!!」
男「んじゃ明日ね」
女「はいでありますっ!!」

(翌日)
男「そういえば、私服ってどんなのなんだろ」
男「まさか軍服……なワケないか」
女「お待たせしましたでありますっ!!」
男「っ!」

女「……あの、こういう服はおかしいでありますか?」
男「いや、普通に似合ってるよ」
女「そうでありますか!! お褒め頂き光栄でありますっ!!」

男(普通の格好だからそれでいいじゃないか、うん)



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 16:55:29.47 ID:kLdhUSoh0

これで軍服なら・・・・



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 17:03:21.66 ID:sxh0W/5Y0

(映画上映中)

女(悲しいお話であります……)
男「……」

女(男殿は真剣に見入ってるであります)
男「……」

女「っ!?」(びくっ)
男「あ、わり」

女(てっ、ててて手が当たったでありますっ!!)
男「……」

女(たまたまであります、たまたま)
女(飲み物を飲んで落ち着くであります)(すっ)

男「っ!?」
女「ほいーーーーーっ!? いや、今のはそそそういうアレではなくて
  ただ単に飲み物を取ろうとしただけでありまして他意はないでありますっ!!」

『……おほん』

男(映画館では静かにね)
女(自分、とっても恥ずかしい子であります……)



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 17:04:20.29 ID:D8t8pjHGO

やべえこれはいいwwwwwww



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 17:10:44.91 ID:teIVwHjtO

これは良いジャンルであります!



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 17:16:15.02 ID:sxh0W/5Y0

男「いやー、いい映画だったな」
女「自分、ラストでボロ泣きしたであります」
男「あー腹減った。途中で何か食って帰ろうか」
女「自分もお腹ペコペコであります!」

男「俺はチキンドリアで」
女「え、えっと、こ、こここのミートス、スパスパスパ」
男「ミートスパゲッティで」

男「今、テンパるトコあった?」
女「何分、こうやって男性と外食するなど初めての経験ですのでっ」
男「ああ、そうなんだ」

『おまたせしましたー』

男「きたきた、よし食べよう」
女「はっ!! いただきますっ!!」
男「そのスパゲッティ美味そうだな」
女「あ、食べて見るでありますかっ」
男「うん、少しちょうだい」

女「了解しましたっ!! は、はい、あーん……」(ぷるぷる)
男「え゛」
女「あーん……」(ぷるぷる)
男「……あーん(もぐもぐ)……うん、美味いな」
女「それは何よりでありますっ!!」
男「別にお前の手柄じゃないけどな」
女「それを言われると何も言えないであります」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 17:20:50.59 ID:sxh0W/5Y0

男「あ、そうだ。ドリア食べてみる?」
女「食べてみたいであります!」

男「ほい、あーん」
女「えっ、なんでありますかそれはっ!?」
男「いや、先にお前がやったんだろが」
女「で、ですがっ」
男「!」(ぴこーん)
女「な、なんでありますかその顔はっ」

男「……んじゃあ、『命令』って事で」
女「うぐっ、ず、ズルいであります……」
男「命令だったら聞くんだろ? ほれ、あーん」
女「あ、あーん……(もぐもぐ)」

男「美味いだろ」
女「ほ、ほっぺが落ちそうでありますっ!!」
男「そこまで言うか」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 17:25:32.68 ID:D8t8pjHGO

萌えると同時に泣きたくなるのは何故だ



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 17:29:05.44 ID:sxh0W/5Y0

女「今日はお誘いいただき感謝でありますっ!!」
男「うん、また機会があったら遊びに行こう」
女「はっ!! その時はよろしくでありますっ!!」
男「じゃあまた学校で」


女「ただいまー、であります」

女(ふう、今日はとても有意義な一日を過ごせたであります)

女(……うむ? よくよく考えると、今日のこれは一般的に言うと……デデデデデデ……)

女(調子に乗って、た、た、食べさせあいっこまででででで)

女「おぎゃーーーー!! 恥ずかしさで死にそうでありますっ!!」(じたばた)

『こらー! 上で暴れんじゃないよっ!!』

女「ごめんなさいでありますっ!!」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 17:31:58.08 ID:090gZq9u0

久々の当たりかな



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 17:41:09.83 ID:D8t8pjHGO

保守



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 17:42:33.45 ID:9ztc0m0y0

死守



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 17:42:56.27 ID:sxh0W/5Y0

男「暑い……」
女「そうでありますか?」
男「元気だなー」
女「自分は四季の中で夏が一番好きであります!」
男「うん、だと思ったよ」
女「またしても馬鹿にされた気がするであります……」

男「……」(じー)
女「な、なんでありますか?」

男「いや、やっぱり夏服はいいなあと思ってね」
女「?」

男「……ピンクか」
女「?」


女「……」


女「ほわあああっ!!! こっ……ここに、ドっ、ド変態がいるでありますっ!!」
男「男はみんな変態なんだよ!!」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 17:45:12.74 ID:D8t8pjHGO

>>49
迷彩かとおも(ry



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 17:44:08.67 ID:SP1v0xfMO

これは来るなぁ



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 17:53:55.60 ID:ozAEPlr5O

これはいい。ディモールトいいよ。



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 17:51:12.85 ID:sxh0W/5Y0

男「今日の体育は水泳か、泳ぐぜー」
女「水泳は苦手であります……」
男「あれ? 泳げないのか」
女「いえっ、全く泳げないワケではないのでありますがっ」

女「はふっ、はふっ」(じゃばじゃば)
男「なるほど、犬かきしかできないのか」
女「ふう、ふう……クロールなんて一生できそうにないであります」

男「うん、まあいいんじゃない?」
女「お言葉ですが、どうしてそう思うのでありますか?」
男「いや、なんか似合っててかわいいなあと」

女「えっ!? そ、それはお褒めの言葉と認識して良いのでしょうかっ!?」
男「うん、褒めてる褒めてる」

女「それなら別にこのままマトモに泳げなくてもいいかもしれないであります」 
男(なんか犬っぽいんだよなあ)



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 17:56:42.56 ID:9ztc0m0y0

>>52と反対になっちゃたけど・・・・・勿体ナイので投下

女「今日はプールであります!楽しみであります!!」
男「・・・・・・・」
女「どうしましたか!?具合が悪いのでありますか!?」
男「俺・・・カナヅチなんだ・・・・」
女「大丈夫であります!私が教えてあげるであります!!」
男「女ちゃんは水泳できるの?」
女「はい!両手両足がつっても泳げるように訓練されたであります!!」
男「・・・・」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 18:00:38.17 ID:D8t8pjHGO

>>52>>54
どっちもありだなwwwwwww



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 18:00:50.45 ID:ACOQpEB10

調理実習の時は包丁を逆手持ちするんだよな?な?



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 18:01:00.18 ID:sxh0W/5Y0

男「そろそろ誰か書いてくれてもいい頃だな」
女「何の話でありますか?」

男「いや、お前の行動パターンって単純だなって話」
女「それじゃまるで自分がダメな子のようであります!」

男「ダメな子ほど可愛いって言うだろ」
女「そそそれはじぶじぶ自分がかかかっ、かわっ可愛いと言う事でありますかっ!?」
  そうハッキリ言われると照れるであります……」

男「いや、そうは言ってないよ」
女「ショックであります!!」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 18:13:41.75 ID:sxh0W/5Y0

男「なんでこんなクソ暑い日にマラソンなんだよ……」
女「走るのは健康に良いであります!」

男「俺だるいからのんびり行くよ」
女「一緒に走れば楽しいであります!」

男「あ、いい事思いついた。俺を背負ってゴールまで走ってよ。なーんて……」
女「はっ!! 了解しましたっ!!」(ひょいっ)
男「おわっ、ちょ、マジか!!」

女「ほっ、ほっ、ほっ」
男「恥ずかしいから下ろしてっ!!」
女「自分、鍛えてますから平気であります!!」

『うわ、なんだありゃ』
『怪我でもしてんのか?』

男「うひーーっ! お願いだから下ろしてーっ!!」
女「しんどいけど楽しいであります!!」
男「イヤーーーッ!!」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 18:16:32.78 ID:XfqVnD05O

女「はもはも…」
男「ん?女さん、買い食い?」
女「!!ごぼっ」
男「ミスタードー○ナッツか、いいなぁ」
女「ん~!ん~!」(ごろごろごろ)
男「ああっ、大丈夫?」(どんどん)
女「うう、恥ずかしいであります、ドーナッツを食べてるトコを見られるのは屈辱であります」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 18:34:24.14 ID:sxh0W/5Y0

ビリー『サーコゥサーコゥ!』

女「さーこーさーこー」(ふりふり)

男「……何やってんの?」
女「はっ!! ビリーズブートキャンプであります!」
男「ああ、これがウワサの」

女「これをやってるとマリーン時代の事を思い出すであります」
男「えっ! 本当に軍隊にいたの?」
女「もちろん冗談であります!」
男「ぐっ……」

女「あっ、そそそのっ! 軽いジョークも言い合える仲になれたらいいなと
  思った末の発言でありまして! 申し訳ありませんっ!!」

男「もういいよ、後ろからたっぷり見てやるから」
女「えええっ!? ずっと見るつもりでありますかっ!?」
男「そうだよ。ほらワンモアセッ」

女「は、はっ!!」
男(じーっ)
女「うう、なんかお尻に視線が刺さってる気がするであります……」
男「そりゃ見てるからね」(にやにや)
女(恥ずかしいであります……)



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 18:54:04.58 ID:MglrRGE00

男が最初の頃とどんどんキャラ変わってるwww



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 18:55:28.44 ID:sxh0W/5Y0

>>65
>>1の頃から少しは慣れたと思ってくれれば



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 18:56:03.39 ID:NsjBUGAXO

女「そう祖父から誕生日プレゼントをもらったであります」
男「うん、自慢したいのはわかった。
 だが軍刀を学校に持ってくるのはヤバいぞ?」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 19:14:59.31 ID:D8t8pjHGO

携帯から支援

男「ああ腹減った」
女「あ!自分、携帯食を持っているであります!」
男「携帯食…干し芋とか?」
女「ち、違うであります!」(サッ)

男「…クッキー」
女「じじじ実は先ほどちちち調理実習がぁれくせぁg」
男「(パク)…うまいよ」
女「!!き、恐縮であります!!サー!!」


難しい



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 19:04:16.81 ID:XfqVnD05O

男「あ~、夕立だね…」
女「はっ!備えあれば憂いなしであります」
(ぱっ)
男「折畳み傘かぁ、でも女さんはどうするの?」 
女「はっ!問題ありません。根性があります!」
男「ちょっ…」
女「では失礼します!」
(だだだだだ~っ)
男「……いっちゃった、まあ俺も行くか」
~~~~
男「あ、女さん?どうしたん、泥だらけで、平気」
女「えぐっ、うぐっ…じ、自分は女などという者ではないであります!ぐすっ」
男「……まあ、誰でもいいよ。ほら拭いて拭いて。あ~あ、顔まで泥ついちゃって」
女「うう、申し訳ないであります……」
男「これからはあわてて走ったりしちゃだめだよ」
女(こくん)



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 19:15:41.97 ID:sxh0W/5Y0

>>68おお被った

男「げぇーっ、雨降ってきてるし」
女「傘を忘れたでありますか?」
男「天気予報見てなかったからなあ。晴れてたから降ると思ってなかった」
  ま、仕方ない。濡れて帰るか」

女「あ、あのっ! じぶっ、自分にてててて提案がっ」
男「提案?」
女「こっこここっここにかさっカサカサカサっ」(わたわた)
男(久々にテンパってるなあ……)

女「すう、はあ……カサでありますっ!!」(ばーん)
男「用意いいな」
女「よろしければ、い、一緒にどどどうでしょうかっ!?」
男「それじゃあ有難く入れさせてもらうよ」

男「本降りになってきたなぁ」
女「……」(カチコチ)
男「もうちょい内側にいないと意味ないよ」
女「勿体無いお言葉でありますっ!! 自分はこれ位で十分ですのでっ!!」

男「いいから、ほれ」(ぐい)
女「こ、ここ光栄でありますっ!!」
男(ガチガチだなぁ)

女(肩が当たるだけで爆発しそうであります!)



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 19:46:49.67 ID:XfqVnD05O

女(ぱっぱらっぱぱっぱぱ~ぱっぱぱっぱぱっぱぱ~)
男「あれ?ラッパの音…」
女「はっ!自分の携帯であります。失礼します」
男(ふ~ん、携帯なんて持ってるんだ、結構普通っぽいとこあるじゃん)
女「もし、こちら女、感明よし、オクレ………了。復唱する、にんじん、玉葱、牛コマギレでよいか、オクレ……了解終わる」
(がちゃっ)
男「………女さん、今の電話のお相手は」 
女「はっ!上官…でなくて母親であります!」
男(いったいどういう家庭なんだろうか……一つわかってるのは、今夜はたぶんカレー)



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 19:51:26.80 ID:sxh0W/5Y0

男「ん? あそこにいるのは……」

老人「わざわざ荷物持ってもらって、すまないねえ」

女「お年寄りを敬うのは若者の務めでありますっ!」
老「最近の若者にしちゃ珍しい子だよ」
女「いえっ、自分はそんな大それた人間ではないであります!」

老「ほほ、あんたみたいな子が増えてくれれば日本も安泰なんだがねぇ。
  ああ、ここらでもう大丈夫だよ、ありがとう」
女「そうですか! それではお気をつけて!」

男「イイハナシダナー」
女「わっ! いつから居たでありますかっ!?」
男「ついさっき」

女「……」

(老『あんたみたいな子が増えてくれれば──』)

女「みみみ未来の為に、こっ、子作りしないといけないでありますっ!!」
男「……え?」

女「ほわあああっ!? なっ、なな何でもないでありますっ! 
  今のは言葉は忘れて欲しいであります!」
男「ああ、うん」
女(とんでもない事を口走ってしまったであります……



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 20:05:43.35 ID:f/mVivnHO

アイギスみたいだな



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 20:08:59.89 ID:sxh0W/5Y0

>>79
P3やってないからよくしらんが、こんな感じ(口調は別として)なのか



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 20:09:50.86 ID:UEtzyJ6NO

俺もそう思った。ただアイギスはテンパりキャラじゃないよな。



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 20:13:07.48 ID:sxh0W/5Y0

さて、ネタが思い浮かばないのでお題をもらいたい
タバコ買ってきます



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 20:21:09.79 ID:D8t8pjHGO

お題…
修学旅行とか文化祭とかかなやっぱり



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 20:22:10.19 ID:CGcuI6eUO

なんかケロロみたいだ…



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 20:24:01.48 ID:sxh0W/5Y0

>>84
「~であります」っつったらやっぱケロロを連想するよな……

>>83お題ありがとう
あと思いつきの単語でもいいんだぜ



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 20:27:57.27 ID:D8t8pjHGO

>>85
じゃあ「誤解」「病院」「ライバル」「テスト」「ゲーム」「掃除」とか適当にあげてみるwwwwwww



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 20:28:09.89 ID:CGcuI6eUO

>>85
いや、面白いよ


お題なら
『バスケ』『雑炊』『ゲーム』『避難訓練』『上官』


『戦争』とか思い付いたけどこれは…難しいかな?



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 21:35:51.20 ID:3dlqZ4zJ0

>>87
「受験」戦争ってのがあるじゃないかw



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 21:47:07.82 ID:ACOQpEB10

お題
・メタルギア
・コッペパン
・サバゲー



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 20:31:04.37 ID:sxh0W/5Y0

一気にきたなwwwちょっと順に消化するわ



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 20:30:59.69 ID:XfqVnD05O

男「お、こんなところに新しいお店が…チーズケーキの専門店か。あ、あれは…」
女「~♪」
男「女さん、こんにちわ」
女「!っっ、こ、これは男どの、こんにちわでありますっ」
男「何してるの?」
女「と、とくに何もしてないでありますっ、異状なしっ」
男「美味しかった?」
女「はいっ!ブルーチーズを使ったタイプが………いや、な、なぜわかったのですかっ」
男「いや、口の周りにチーズケーキの食べかすが…」
女「ーー!み、見ないで欲しいであります~」
男「偵察は成功かな?食いしんぼさん」
女「自分は違うであります~っっ」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 20:44:51.99 ID:sxh0W/5Y0

お題「誤解」

ガラッ

女(む、少し早く登校しすぎたであります)
女(誰もいないであります)

とことこ がたたっ

女(ここが男殿の席から見た景色でありますか……)
女(おや、体育着の袋が横にかかったままであります)

女「……」

ぽふっ

女「……男殿のにおいがするであります」
女「……ふ」

男(くっそー、課題持って帰るの忘れてた! 朝のうちに終わらせるしかねぇ!)(ガラッ)

男「……人の席で何してんの?」
女「……おおおおおおおおお!? こっここここれは誤解であります!
  ちょっと眠かったのでまま枕代わりに借りてただけでありますっ!!」

男「? よく分からないけど……課題終わらせなきゃいけないからどいてもらっていい?」
女「はっ!! 申し訳ありませんっ!!」

女(心臓が止まるかと思ったでありますっ)



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 20:54:04.72 ID:D8t8pjHGO

>>91
ktkr



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 20:55:15.04 ID:MY27rsThO

萌えた



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 20:55:23.83 ID:sxh0W/5Y0

お題「病院」

女「大丈夫でありますかーーっ!!」(どたどた)
男「病院内では静かにしてくれっ」
女「はっ!! 失礼しましたっ!」
男「ちょっと足を骨折しただけだよ」
女「それでも大変でありますっ!」
男「ん、まあそりゃそうだけど」

女「何か自分に出来る事はないでしょうかっ!」
男「……とりあえず静かにしてくれ」
女「はっ!! 失礼しました!!」
男(ダメだこりゃ)

男「あ、やべ」
女「どっ、どどどこか痛むでありますかっ!?」
男「いや、ちょっとトイレ行きたくなった」

女「し瓶でありますねっ!! 少々お待ちをっ!」(だだっ)
男「いや、そうじゃなくて……」
女「持ってきたでありますっ!! それでは失礼して」(ごそごそ)
男「わー! だから違うってば! 松葉杖を取ってくれっ!!」

女「それならそうと早く言って欲しいであります。少し見てしまったであります」
男「なんという屈辱……」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 20:58:18.71 ID:RV8N0EjWO

これはいい



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 21:04:54.34 ID:tCM7ExMFO

和むな



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 21:05:06.31 ID:sxh0W/5Y0

お題「ライバル」

渡辺「ふえぇ~っ 痛いよ~っ」

男「渡辺さん、また何もない所でコケてるなぁ」
女「な、何故ニヤニヤしてるでありますかっ!!」
男「いや、なんか可愛いじゃないか。天然ドジッ子って」

女(何もない所でコケるのが男心をくすぐるようであります)
女(これは負けてられないであります!!!)

男「?」
女「……はぁっ!」(ばっ)

どんがらがっしゃん

女「痛いでありますっ!!」
男「階段から飛び降りる馬鹿がいるかっ」
女「はっ!! 自分、天然ドジッ子でありますのでっ!」
男「掛け声と共に飛び降りた時点で天然とは言わないと思うんだけど」

女「……はっ!?」
男(いや、ある意味天然なのか……?)



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 21:52:00.01 ID:ivmmwsrw0

>>97
久しぶりに萌えた(*゚д゚*)



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 21:14:01.90 ID:sxh0W/5Y0

お題「テスト」

教師「よーし、テストはじめっ!」

男「……」(カリカリ)
女(真剣にテストに取り組む男殿の横顔はとても凛々しいであります)

男「……」(カリカリ)
女「ほぅ……」

教師「こらぁっ、女! カンニングしてるんじゃないだろうな?」

女「えっ!? いえっ、そんな事はしておりませんっ!」

教師「思いっきり男の答案を見てたようだったが?」

女「い、いえっ! じじ自分はただ、お、男殿の顔を見てただけでありましてっ!!」
男「ぶっ!!」

教師「は?」

女「あわわわ……!」

教師「もう残り時間少ないぞー」

女(た、大変であります! まだ一個も解答してなかったであります!!)

男(何やってんだか……)   
女(うひー)



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 21:15:35.21 ID:D8t8pjHGO

かわいすぐる



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 21:21:34.71 ID:lH31IG2S0

楽しませてもらってる



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 21:31:19.43 ID:T7Sy/Wi20

「自衛隊には、雨の中でも傘を差さないと言う規則があるのであります」
「傘を忘れただけだろ」
「うむぅ……」
俺が言えば、彼女は俯いたきりそれ以上言及しようとはしなかった。図星だな。1人で頷く。
どうでもいいけど、こんだけ感情が出やすい奴が捕虜とかなったらどうなるんだろう。

「降水確率80%」
「むむ……」
「まあ、強まらずとも弱まらずだな」
「むむむ……」
彼女に言わせれば軒並み最悪なタイミングで雨。
しとしとと、恵みと豊穣の雨が降り注いでいる。
俺たちを横切る生徒の手には傘。彼女の手には学校指定の鞄。のみ。
現在地は新ジャンル学園玄関口。

俺に言わせれば、軒並み最良なタイミングで雨だった。

「ほら、行くぞ」
そう言って傘を広げた。
常に俺の一歩後ろを陣取る彼女はやはり俯いたままだ。



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 21:34:16.34 ID:T7Sy/Wi20

「しかし自分は傘をさせないのであります!」
「俺が持てばいいだけの話だろ」
柄を持って傘を差す。手まねきをすれば彼女は被りをふった。
俯いているせいで、どんな表情をしているのか俺が見ることはない。
「そ、それは出来ないであります!」
「なんで」
「なんでって……! 男殿の方も濡れます、それに」
「それに?」
小首を傾げ、やはり俯いたままの彼女を見る。

「それは、あいあいがさと言うものでは……」
「うん。そうだね」
彼女が顔を弾き上げた。あう、と口は動くけれども、漏れているのは意味の無い言葉だ。
あと顔が赤い。むっちゃ赤い。ほんとう、こんな奴が捕虜になったらどんなんになるんだ。

「行こう。これは、命令だよ」
「…………はいっ、イエッサー!」
右手が行きよい良く敬礼をとる。
歩き出し、隣を歩く頭一つ分低い彼女を見る。すごい上機嫌。

「あめ雨振れ振れ、もっと振れ、であります」

それから度々、雨の日に妙に上機嫌な男と、
傘を毎回忘れる三等兵をクラスメートは目撃するとかなんとか。

雨ネタさらにのっかってみる。なんかふいんき違う。



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 21:38:04.71 ID:sxh0W/5Y0

お題「ゲーム」

女「ううー、作戦失敗でありますっ!!」
男「UFOキャッチャーやってるのか」
女「損害は甚大であります……」
男「いくら使ったんだ?」
女「兵糧は底を尽きかけているであります」

男「ふーむ。一応惜しい所まで引っ張ってはきてるんだな」
女「作戦ではこう……ポロッと行く予定だったのですが」
男「所詮は机上の空論、実戦では何の役にも立たないのだよ」
女「……はっ!! 肝に銘じておきます!」

男「まあ見ていたまえ」
女(しかしこの男、ノリノリであります)

うぃーん がしっ ぽろ

男「おっしゃ!」
女「おっおおおおっ!? 凄いでありますっ!!」
男「ま、ほとんどお前が取った様なもんだけどね」
女「……それでも、男殿のお手柄なのは事実であります!」
男「うむ、よきにはからえ」
女「このぬいぐるみは代々の家宝にするであります!」(ぎゅ)
男「……ま、喜んでもらえたなら何より」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 21:55:56.13 ID:sxh0W/5Y0

お題「掃除」

女「大掃除でありますかっ!?」
男「うん、ちょっと部屋の整理しようと思って」
女「もし良ければ、じ、自分もその作戦に参加してもよろしいでしょうかっ!!」
男「丁度お願いしようと思ってたんだよ」
女「はっ!! 尽力致しますっ!!」
男「そんなに張り切る程のもんじゃないんだけどなー」

女「しっ、失礼しますっ!!(こ、ここが男殿の寝所でありますかっ)
男「いらっしゃい。ゴミ捨ててくるから、種類ごとに本とかを分けててもらえるかな」
女「了解しましたっ!!」

女(こ、これはっ……小学生の卒業アルバム!)

女「ちょっとだけ、ちょっとだけであります」(ぺらっ)
女(おほっ、発見したであります! 当時から可愛いであります)
女(重要機密をカメラに収めておくであります)(カシャッ カシャッ)

男「こら、何やってる」
女「ひょおおおおっ!! じっ、じじ尋問されても口は割らないであります!」
男「あーあ、せっかくお茶とお菓子持ってきたのに」
女「白状するであります!」
男「口割るの早いよ!」



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 22:05:33.64 ID:R60V6IBMO

これは新しい



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 22:08:59.46 ID:sxh0W/5Y0

お題「バスケ」

『ディーフェンス! ディーフェンス!』

男「あーもう無理、残り時間ないし負けだなこりゃ」

女「あっあああ諦めたらそこそこで試合しゅしゅしゅっ!!」

男「応援したいのか笑わせたいのかどっちかにせいっ!!」

女(それでも男殿なら……男殿ならなんとかしてくれるでありますっ!!)




負けました



女「……自分のせいでありますっ!! 申し訳ないでありますっ!!」
男「いや、別に体育の試合だし怒ってないよ」
女「それでも、ごめんなさいであります……」
男「しょげないしょげない」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 22:17:55.45 ID:NsjBUGAXO

カラオケでも軍歌しか歌わないんだろうな



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 22:40:45.07 ID:tCM7ExMFO

このスレの身柄を確保するであります



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 22:56:03.77 ID:sxh0W/5Y0

お題『雑炊』+『上官』

男「冬といえば鍋だよなー」
女「はっ! まったくであります!」
男「鍋のシメと言えばご飯入れて雑炊だよな」

女「その意見には賛同しかねるであります!」
男「いや、鍋の最後は雑炊だろ、常識的に(ry」
女「自分はうどん以外に考えられません!」
男「はあ? うどんとかあり得ないね」
女「前言の撤回を要求するであります! 鍋のシメはうどんでありますっ!!」

男「……!」(ぴこーん)
女「?」

男「……上官の命令は絶対である! 俺がカラスを白いと言えばそれは白いのだ!」
女「し、しかし……これだけは譲れないであります!」

男「ふーん、今度ウチで鍋やるから誘おうと思ってたのにな」
女「えっ!? そ、それはズルいでありますっ!」
男「いや、いいんだよ。人にはそれぞれ好みがあるもんね」

女「うぅ……自分、お鍋大好きでありますからして……」
男「あぁもうごめんごめん、ちょっとからかいたかっただけだよ」
女「イジワルな男殿は嫌いであります……」
男(いかんなぁ、俺Sじゃないと思ってたのに)



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 22:57:39.63 ID:SP1v0xfMO

>>123
萌えた



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 23:06:35.96 ID:QOJq+xgz0

女「自分はここで待機しているであります!」
男「え・・・。あ、ああ、ちょっと待っててとは行ったけど・・・。」
女「イエス、サー!その命令、確かに承諾したであります!
  男殿が帰還するまで、何がなんでもその命令を守り通すであります!」
男「あ・・あの・・・その・・・。」
女「雨が降ろうが槍が降ろうが、自分は絶対にここから動かず、誰も通さないであります!」
男「いや・・通さないのはどうかと・・・それに・・・」
女「お言葉ながら男殿。命令を下したものは、兵の事など省みず、己に課せられた任務をまっとうすることを旨とし、
  それをやりとげることこそ下級兵への何よりものねぎらいなのであります!
  であるからにして!男殿は早急にその使命を果すであります!」
男「う・・うん、わかったよ・・・。すぐ戻ってくるね・・。

  (トイレの前で肩幅に足を広げて、背筋伸ばして後ろ手組んだ状態で立たれてもな・・・。)」



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 23:09:50.40 ID:sxh0W/5Y0

お題『避難訓練』

ジリリリリリリ

『理科準備室にて火災が発生しました、生徒は速やかに──』

ざわざわ

男「あー、なんだ。避難訓練か」
女「そっ、そそそそ総員タイヒィーーッ!!」(どたばた)

男「こらこら、慌てなくても大丈夫だってば」
女「男殿!? こんな所で悠長にしている場合ではないでありますっ!!」(がしっ)
男「こら、落ち着けって」 
女「体勢を低く保つであります!」(ぐしゃっ)男「がっ!?」

女「た、たた大変でありますっ!! 男殿が鼻からおびただしい出血をしてるであります!!」
男「お前が床に俺の顔面叩きつけたからだろがっ!」(どくどく)
女「私から離れちゃダメでありますっ!」(ぐいっ)
男「ぐえぇっ! kるし……離れてくでーっ!」

女「大丈夫、男殿は自分が守るでありますっ!!」
男「気持ちは有難いが今はお前が災害なんだーっ!!」



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 23:20:41.93 ID:jndQi0/s0

女がすももももももの九頭竜もも子で脳内変換されているのは俺だけか



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/20(水) 01:10:08.41 ID:FzZjrN400

>>129
そういわれれば確かに

だが俺はうたわれのうっかり侍で脳内変換されてる



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 01:11:48.58 ID:ravUHDKLO

>>161
トウカか。確かにw



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 23:30:09.54 ID:KqEguxs80

+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +
 と__)__) +



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 23:38:39.70 ID:sxh0W/5Y0

お題「メタルギア」

男「いやー、冬と言えばコタツにみかんだよな」
女「肯定でありますっ!!」
男「ちょっとトイレ行って来る」
女「お気をつけて!」
男「はいはい」

女「……少し悪戯心が湧いたであります」(もぞもぞ)

男「ん……あれ? 居ない」
女(こちらスネーク、コタツの中に潜入した)
男「おかしいな……おーい、どこだー?」
女(男殿は自分を探しに行ったようであります)

(十分後)
男「マジでいない……どこ行ったんだ?」
女(男殿、自分はここであります)
男「もしかして……誘拐?」
女(!?)
男「いや、可能性は否定できない。警察に連絡しておこう」

がたっがたがたっ あいたっ! ごとごと

女「男殿っ! じじじ自分はここにいるでありますっ!」
男「……」
女「あ」(かあぁっ)

男「分からないと思った?」(にやにや)
女(か、完全に騙し返されたであります!)



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/19(火) 23:41:19.97 ID:ITS4VEP1O

>>133
女スネーク敗れたりwww



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/20(水) 00:01:28.75 ID:0nDbiES70

お題「コッペパン」

男「パン派? ご飯派?」
女「自分、派閥にはあまり関心が……」
男「いや、朝ごはんの話なんだけど」
女「し、失礼しましたっ! 自分はもちろんご飯派でありますっ!」


ちょっと疲れてきたwww



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 00:14:44.76 ID:KuBqZOXKO

>>139
コッペパンを要求する!



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 00:24:49.32 ID:m+fVWbaAO

保守がてら夏の風物詩の我慢大会キボンヌ



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/20(水) 00:25:19.16 ID:0nDbiES70

ちょっと限界来たので寝ます お疲れ



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/20(水) 00:28:36.31 ID:gwNzHoVE0

おとボクのせいか女の声が草柳順子で再生されてしまう…



150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 00:36:26.14 ID:ravUHDKLO

>>147
オツカレー保守



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/20(水) 00:41:32.27 ID:2u4IvjNR0

はっ!>>1殿から待機命令が!

保守であります!







153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 00:46:37.15 ID:n1o1oeWp0

将来の夢1

女「すーっ、すーっ・・・」
男「あ、女さん、寝てるや。
  こうして見てると、ただの大人しい女の子なんだけどね・・。」
女「すーっ・・・
  ・・・!(パチ
  空襲警報!!??」
男「(キーン)・・・」
女「・・・ああ、よかった。夢でありましたか。」
男「な・・なかなか昭和ロマンに溢れる夢を見るんだね。ある意味羨ましいよ。」
女「あ、男殿・・・!?み、見ていたんなら起こしてくださいなのであります。
  婦女子の寝姿を覗きみるのなんて、あまり良い趣味では無いと思われるのであります。
  帝國軍人として、はしたないのであります。
  何よりも、その・・は、恥ずかしいのであります。」
男「あ、ご、ごめん。でもなんで僕も帝國軍人の中に数えられてるの?」
女「男の言い訳はみっともないのであります。」
男「ご・・ごめん。
  あー、ところで話は変わるんだけどさ、これ、女さんはなんて書いた?」



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/20(水) 00:47:24.13 ID:n1o1oeWp0

女「進路希望でありますか?」
男「うん、そう。大学だけじゃなくて、将来の夢みたいなものも交えて書いてこいって言ってたんだけど、
  どうも自分には明確なイメージが浮かばなくってね。
  女さんはどうなのかなって思って。」
女「自分は最低でも、将校に数えられる地位にまでは昇りたいと思っております。」
男「ああ、有無を言わずに軍人決定なんだ。」
女「おかしい・・でありますか?」
男「いや、女さんらしくていいと思うよ。」
女「なんか自分は単純な人間だと明言されたようで、若干屈辱であります。」
男「いや、それはちょっと勘繰りすぎだって・・・。(当たってるけど)
  んー、でも、他の進路・・っていうか、他の選択は思い浮かばないの?」
女「他の選択・・・他の選択でありますか・・・。
  (今まで考えたこともなかったのであります・・・。
   我が身は生涯をかけて国に捧げ、国の為、帝國国民の為の礎となること。
   それこそが我が悲願であり、自分を今まで育ててくれた肉親や友人への最大の恩返しであり、
   それ以外の選択は考えられないと・・・。
   いや、でも他に選択があるとしたら・・・。
   け・・・けけけ・・結婚・・・?!
   ああ、それは至極大事なことでありますな・・・!
   国家の為、子を育て、この志、この信念を次の世代に残すということは、
   我が国家にとって、非常に貢献できる行為であると同時に、
   一帝國国民として為すべき責務であるとも考えられるのであります・・・。
   はっ・・もしや、男殿は、ただ軍人一辺倒にしか思索が廻らなかった自分に、そのことを気づかせようと・・・
   いや、まてよ、それに男殿は、自分の軍人になりたいという将来への志を意図的に遮り、
   その上でもう一つの選択を選ばせるように促した・・・。つまり・・それは・・・。
   じ、じじじ自分に、ととと嫁ぎに来いと・・・!!!???)
   おおお男殿・・・!!!!」
男「え・・・な、何?」
女「それは先走りすぎなのであります!!!!」
男「僕は君の速度についていける人の方が珍しいと思うんだ。」



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 00:48:48.65 ID:zZkjxlHW0

このスレ良すぎwww



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 01:03:03.20 ID:OrLZ/lokO

いいなこれww保守



160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 01:04:48.25 ID:pW2lsgzoO

ニヤニヤが止まらない



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/20(水) 01:10:13.73 ID:2u4IvjNR0

wktkしてるであります!



167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 01:32:28.86 ID:2GhPoqT40

    __
  /_☆|__                  
 //) ‘∀‘)    
  ヽ,____/|      
.  .|,,,T,,,|      
 .  じ'`J



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 01:45:53.54 ID:n1o1oeWp0

女「6科目で280点だったであります。」
男「すごいね・・・どんだけ勉強したらそんだけ得点とれるの?」
女「いえ、まだまだ努力不足であります。もう少し頑張れば、あと30点は堅かったのであります。」
男「一科目50点満点ってことを忘れないでね・・・。いや・・・でも女さんなら実現させてしまいそうで怖い・・。
  ああ、そういえば女さんって、苦手なこと、なさそうだよね。」
女「苦手なこと・・でありますか?」
男「うん。体育の授業でも、何やらせてもそつなく、ってかむしろ、部活のレギュラー並の活躍してるし。」
女「まだまだ、努力不足であります。
  でも、苦手なことといえば・・・そうでありますね・・・。
  ・・・あ、あの、笑わずに聞いてもらえますか・・・?」
男「うん、何々?
  (あ、なんか頬がちょっと赤らんでる・・。女の子的な悩みなのかな・・?
   やっぱり、こうして見るとかわい)
女「突撃銃の扱いであります。」
男「前言を撤回します。」
女「何の話でありますか?」
男「ううん、なんでも無い。もし何か聞こえてたとしても、きっとそれは妖精さんのイタズラだよ。
  え、ええっと、突撃銃って・・いわゆるサブマシンガンって奴?」



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 01:52:35.42 ID:2GhPoqT40

突撃銃の扱いであります。
_____ _________/
   __ ∨
   /_o_|__
 /_川 ‘∀´)⊆0___,,
  (つニ∩,---' ̄ ̄
  (__ノ"(__)



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 01:54:26.67 ID:SM3tdVA40

サブマシンガンとアサルトライフルは違うだろ常考



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 01:54:30.23 ID:n1o1oeWp0

女「そうであります。
  アサルトライフルや狙撃銃の点数はよかったのでありますが、どうにも突撃銃の扱いが上手くないのであります。」
男「一体どこでそんなものの練習を・・・。ってか、そんなもん子供が撃っていいものなのか・・?
  いや、そんなことよりもむしろ、なぜそれで頬が上気するの・・・?」
女「り、陸軍歩兵志望の軍人志願者として、最前線で使用する高速連射銃の扱いが下手なのは、
  は、恥以外言い様のないものなのであります・・・!
  同じ帝國軍人である男殿ならこの気持ち、わかるでありましょう?」
男「わ、分かんないよそんなの・・・。ていうか、君の中の僕のイメージは、いつまで軍人なんだよ・・・。」
女「それから訓練の方でありますが、普段は猟銃の射撃場の一画を借りて、目標相手に射撃する訓練を行いますが、
  本格的な訓練は、実家の方に帰った折に、富士の演習場で自衛隊の方々にまじって指南してもらっております。」
男「自衛隊に・・混じって・・・?」
女「そうであります。」
男「じゃあ、さっきの銃の扱いがどうの、っていうのも、他の自衛隊員も交えた上で?
女「勿論そうであります。」
男「それって・・・すごいことなんじゃ・・・。」
女「年齢など関係ありません。一介の兵士として戦場に立った時、その言い訳が通用すると思っているのでありますか?」
男「あ・・いや、ごめん・・・。
  ああ、じゃあ、あの、女さんの両親とかも、やっぱり自衛隊関連だったりするの・・?」
女「それはですね、まず父方の祖父にあたる人物が、急帝國陸軍におけるしょ」
男「いや、ごめん。
  もういい。もういいよ。これ以上聞いたら君に対しての脆く儚い純情な願望が崩れてしまいそうだから。」
女「どういうことでありますか?」
男「ううん。なんでもないよ。今日は妖精さんがたくさんいるんだろうね。」  



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 01:55:36.19 ID:Cd5P3ul30

突撃銃と強襲銃と制圧銃の違いって何?
つか、どれが存在して、どれが存在してないかもわからん



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 01:55:48.14 ID:SM3tdVA40

アサルトライフル=突撃銃
サブマシンガン=短機関銃

ぜんぜん違うぞ



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 02:01:27.95 ID:2GhPoqT40

   _   __,_r。________rl
    | ̄ ̄~~~7r'==三三__!|三三二!ニニlヨ===lニニl
    l_,,=-'''~ ̄`)~゚゙iュュrirr|  ̄      l」
          〈,,;;Z ̄ | l l|        ||
             ̄   L=''         ||


89式小銃/ライフル

           _
       ,,,,i'o`==========='~~`l
 l二二二二| jヽ_,-=======、_____,l|
    l ̄ ̄ ̄ (l'|=='|、_____,i-----'
    `''~l  (~ ̄.ヽ-'-l  (
        |  'l     |   i
       l_,l     l_____,l
              | :|
               '--'

9mm機関拳銃 /サブマシンガン




179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 02:10:09.82 ID:n1o1oeWp0

>>175
マジか。
認識が甘かったおいちゃんを許しておくれ。

アサルトマシンガンが突撃銃=サブマシンガン
アサルトライフルはその援護。

って感じで勝手に解釈してた。

>>178
うほっいい説明。

新ジャンルで兵器の勉強ができると思わなかった。



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 02:10:53.12 ID:RsTJGVvU0

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \    ガタガタぬかす奴はすっ込んでるお!
     |       |::::::|     |           
     \       l;;;;;;l    /
       /     `ー'   ヽ              ダダダダダダ
      |  __,、     ヽ qi   
      |  \Fiニニ'`ニfニニfニニ'ヨ|、_\从/.,:;:'"""'::;,,,
      | \... ヽ'「:__。__:_・_゚j,,.!コ===ー! ≡≡=====----
      | 〈,,/ヽ___)ニニ〔lニlf ̄   /从\"'::;;,,,,;;:::''"
         /.:::. ア ~''''~ | ii:|




184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 02:14:27.96 ID:iCFRiuOVO

俺の記憶で解りやすく説明すると…


突撃銃…アサルトライフル

ライフル弾を使用した連射銃(M16とかAK47とか…)

短機関銃…サブマシンガン

ピストル弾を使用した連射銃
(MP5とかトンプソンとか…)

強襲銃…聞いた事ない。たぶん推測するならばカービン銃かも…

通常よりも短く切り詰めた銃で、取り回し易く、空挺や強襲部隊で使用される…
(M1カービン、M4カービンとか…)

制圧銃…聞いた事ない。たぶん推測するならば支援用の機関銃、重機関銃かも(マシンガン)…

短時間に大量の弾丸を撒き散らす支援火器…
マガジン方式ではなく、ベルト給弾やBOXマグ給弾式が一般的…
(M60とか、MG3とか…)

無知でごめんね…
(´・ω・`)



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 02:20:30.38 ID:n1o1oeWp0

>>184
へーそーなのか!武器なだけに!

そんなおまいにちょっと聞きたい。
ザクマシンガンって何に分類されるん?



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 02:22:21.03 ID:JAU5bw9W0

>>189
>>184じゃないが
120mmだから現代では速射砲じゃないか?



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 02:17:43.27 ID:JAU5bw9W0

>>184
強襲銃とやらはショットガンをさしてるんじゃない?強襲には向いてるし



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 02:22:24.70 ID:iCFRiuOVO

>>187
なる。そういう解釈もあるね…。

俺はショットガン…散弾銃の認識だったよ…
(´・ω・`)



192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 02:24:16.31 ID:JAU5bw9W0

>>191
ショットガンは散弾銃だよ
近距離での強襲ならこれほど頼れる火器も少ないんじゃないかと
面で制圧できるし



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 02:30:21.71 ID:iCFRiuOVO

ザクマシンガン…正式名称は120mmライフルだった気がする…

12cmと言う事は現実だと駆逐艦の艦砲くらいじゃなかったっけ…。

ガンダムの第一話では連射じゃなくて単発だった気も…
(バババ、ではなく、バンバンバン…)
ザクマシンガンというのは通称で、正式な分類はライフルじゃないかな…
いつしか通称が一人歩きして、どのゲームやアニメも連射になってるみたいだけど…

曖昧でごめんね
(´・ω・`)



198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 02:37:29.70 ID:JAU5bw9W0

>>196
M-120A1
通常のザクマシンガンはこれ
単発と連射を切り替えることができる
装弾数332発



197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 02:35:05.11 ID:2GhPoqT40

通称ザクマシンガンと呼ばれる兵器はザクが用いた大口径機関砲の総称であり、
その中でもっともポピュラーなものがこの120ミリマシンガンである。
ザクという兵器に大幅な汎用性を期待したジオンは、
あらゆる戦闘状況に対して有効な抑止力を行使しうる装備を必要とした。
マシンガンに行き当たるのは、歩兵装備をモデルとするMSなら当然だろう。
小口径弾を高い連射性で散布するマシンガンは、戦車から航空機まで幅広い対応ができる。
これは数々の戦史が証明している。 作動は電気式、薬室は金属薬莢が用いられる。
サイズが歩兵の10倍になる訳だから、薬室内の爆圧も尋常なものではない。
この機関砲として初歩的な問題が何倍もの数字となってジオンの技術陣を悩まし、
結局耐久度を要しない作動原理が選択された。
120ミリという口径は、ムサイ級巡洋艦の対空砲と統一した結果であり、
無論榴弾に関しては共用である。世界で最初のMS用汎用兵器として仮想敵が絞り難く、
取り敢えず対空防御用とした訳であるが、なにより生産性が第一の理由であった。



199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 02:40:57.96 ID:iCFRiuOVO

っていうか俺のせいですっかり兵装うんちくスレになっちゃったね…ごめんね…
ROMに戻るね…
(´・ω・`)



201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 02:46:46.59 ID:2GhPoqT40

   W        _,,,,,_                      
          γ__o⊥ 突撃してわびるスマンカッタ
       =  /」TДT)                    
wWmmw  =   / つ≠∩ヨ===┯                
        =  /~'/_,,つ      ̄ ̄               
          (ミ/'                        



204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 02:59:39.05 ID:tIsWFT2S0

保守
そろそろ>>1の帰還予定時刻



205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/20(水) 03:01:59.12 ID:2u4IvjNR0

( ゚∀゚)o彡゚3時!3時!







207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/20(水) 03:14:11.11 ID:0nDbiES70

女「なんだか銃の話題で盛り上がってるようであります」
男「いいじゃん、話に参加してくれば」

女「いえっ、じっ自分はっ男殿と一緒にいた方がたたた楽しいですのでっ」
男「えーと……う、うん」

女(知識なんて無いも同然とは言えないであります)



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 03:15:35.53 ID:53/MGKvQO

おかえりであります!!



210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 03:30:44.70 ID:kwrbvb9AO

上げるのであります。



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/20(水) 03:31:38.39 ID:0nDbiES70

お題「我慢大会」1

男「暑いーーっ」
女「口に出したからと言って涼しくなったりしないであります」
男「む、暑いもんは暑いんだから仕方ない」
女「逆に考えるであります! 暑いのが当たり前にするでありますっ!」
男「えー」

男「──で、我慢大会ですか」
女「先に『暑い』と言った方の負けであります!」
男「はいはい、よーいスタート(とっとと暑いって言ってしまおう)」

女「あ、ちなみに負けたら罰を与える事にするであります」
男「あt……にゃに!? 聞いてないよそんな事!」
女「今考えたであります」
男「くそう……」



212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/20(水) 03:38:42.50 ID:0nDbiES70

お題「我慢大会」2

じりじり

男(あづい……)
女「……」
男「布団かぶってるのに、余裕あるね」
女「こういうのには慣れてるであります」
男「……」

男「うぅ」
女「? どうしたでありますか?」
男「……」(どさ)
女「たったたた大変でありますっ!! しっかりするでありますっ!」
男「……」
女「ああ、ついムキになったせいで男殿が……!」

男「はい負けー」(むくり)
女「は?」
男「いま「あつい」って言ったよね?」
女「幽白ネタでありますかっ!? ずるいであります!!」

男「でも、負けは負けでしょ?」
女「うう、自分の負けであります……」
男「素直でよろしい(まさかこんなにうまく行くとは思わなかったけど)」



213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/20(水) 03:49:13.10 ID:0nDbiES70

お題「我慢大会」3

男「んで罰ゲームって何なの?」
女「はっ、内容までは決めてないでありますっ!!」

男「その場の思いつきか……じゃあ『俺の言う事を何でも聞く』で」
女「ななな何でも、で、ありますか……」

男「んー、どうしよう か な」(ちらっ)
女「……」
男「あ! アレもいいなぁ。でもアレも捨てがたいなあ」(ちらっ)
女「じじじ自分が言った事には責任を持つ所存であります!」

男「そうだな……んじゃ、こうしよう」
女(ゴクリ)

男「海に行こう。うん、それがいい」
女「海……でありますか? それが罰でありますか?」

男「え? 何? なんかもっと凄い罰が良かった?」
女「いえっ、そういう意味ではっ!!」
男「じゃ、そういう事で」
女「はっ! 寛大な処置、感謝いたします!」

女(海でありますか……罰とはいえ楽しみであります)



215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/20(水) 04:10:03.47 ID:0nDbiES70

やはり眠い
書いてくれる人もいるようだし……落ちた時は運がないと諦めようw お疲れ様でした



216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 04:17:31.23 ID:n1o1oeWp0

>>1
お疲れ様!



220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 04:37:57.59 ID:kwrbvb9AO

保守であります



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 05:25:13.77 ID:n1o1oeWp0

男「女さん女さん。」
女「ん、なんでありますか?」
男「ちょっと・・・放課後残っててくれる?」
女「え・・・それは・・・。」
男「んー、ちょっと、あんまり誰かに見つかったらまずいかなー、って思って。」
女「え・・・・・・
  (そ・・それは・・・!?ま、まさか・・・まさか・・・!?)」




 木々をざわめかせた柔らかい風が、開け放たれた窓から、私達の肌を撫でる。
「女さん・・・。」
 男は私の黒い眼を正面から見据え、濁りの無い言葉で、辺りに流れていた静寂を掻き消した。
 私の頬は朱に染まり、唐突な男の真剣な眼差しに思わず目を逸らしてしまう。
かすかに、漆黒の袴が、はためいた。
「なんで・・・ございましょうか・・・。」
 零れ落ちるような、言の葉。
 私は思わず、艶やかに彩られた、格子縞の羽織の胸元を握り締める。
「僕は・・・。」
 真っ直ぐな視線の向きは、変えてはならない。
 心の底辺を強く揺さぶる抵抗の感情を振り払い、学帽に手を掛け、被りなおし、少しだけ間を置くと、小さな呼吸で息を整え、
 喉の奥に押し留められていた言葉を、はっきりと、滑らかに、解き放った。
「ずっと、貴女のことを、想っていました。」
 私の体が、ぴくりと震えた。



225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 05:32:35.44 ID:n1o1oeWp0

 男は下唇を少し噛んだ。しかし、次の言葉は、矢継ぎ早に胸の奥から湧き出てきた。
「いつから貴女を想い始めたかは、判りません。
 いつの間に、こんなに想いが膨れ上がったのかも、判りません。」
 籠から放たれた鳥の様に。
「そして、何故僕がこんなにも強く、心の切っ先を貴女に向けているのかも、判りません。」
 押し留められてきた感情の口火が切られ、
「けれども、貴女と居る時間。貴女と言葉を交わす時間。貴女の視線が、僕に向けられている時間。」
 溢れ出てくるかのように。
「それらは僕にとってとても快く、掛け替えの無い感情であるということだけは、紛う事なき真実であると、
 僕の心に、刻まれております。」
 私は何も言えない。
 視線も元に戻せない。
 桃色や燈色に染められた羽織が、益々強く握られる。
「僕のこういった行為が、帝國軍人を志す者として、恥ずべき行為であるということは、痛いほど判っています。
 軍人たるもの一時の感情に流されず、
 ましてや女人に現を抜かす様なことは、断じてすべきことでないことぐらい、痛い程によくわかっています。
 けれども・・・!!」




226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 05:34:07.86 ID:n1o1oeWp0

 男は、一歩、前に出た。
 焦げ茶の艶のある木張りの床が、少し、軋んだ。
「僕は、貴女の事をもっと知りたい・・!貴女の傍に居たい・・!
 貴女に降りかかる憂いや悲しみの芽を摘み、喜びや楽しさを共に愛でたい・・!
 貴女の手を取りたい・・!そして・・貴女に想われたい・・!!
 だから・・・!!」
「・・・もう」
 私はようやく、重く閉ざされていた唇を、開いた。
「もう・・いいです。」
「え・・・」
 ふいな言葉に、意思にそぐわない言葉の切れ端が、男の口からこぼれ落ちる。
「貴方の気持ちは、確かに受け取りました。」
 私は少しづつ、背けた顔と、視線を、男の方に戻した。
 男の顔は真っ赤に上気しており、今にも心拍が聞こえてきそうな程の、様相だった。
 投げかけた言葉が返って来た性か、視線を返された性か、男は正気に戻ったようにハッと息を飲み、
「も、申し訳ございませんでした!」
 急に頭を下げ、謝罪の意思をあらわにした。
「私ごときの無粋な人間が、貴女の様な麗人に、押しかけるように言葉を吐き出すなどと・・!
 申し訳ございません。貴女の迷惑も顧みずこのような迷惑極まりの無いことを・・・。
 どうか、どうかお忘れ下さい・・。このような不躾な輩が、貴女様に迫った等という・・」

「お受けいたします。」


 男が滲ませた、悲観と後悔が佇むこの空気を、すべるように、切り裂いた。



227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 05:36:41.19 ID:n1o1oeWp0

 自分でも驚く程冷静だった。
 一瞬の気の迷いでも、状況に流されたというわけでもない。極めて自分の理性による、判断と、結論。
 男は驚いていた。平時でも大きな黒目がちの瞳が、殊更に大きく開かれている。
「自分の事を無粋だとか、不躾な輩だとか、そのように卑下するのは、御止め下さい。
 貴方にとっての私がそうであるように、私にとっての貴方も、心を縛る、想い人。
 貴方は私が見初めた方。
 その貴方がその様であったら、私の恋も冷めてしまいますよ。」
 私はかすかに微笑んだ。
 男は驚きの表情から我に帰ると、学帽を被り直し、つばで若干、表情を隠すような位置に向けた。
 私は窓の方へ視線を向ける。
 日はいつの間にか暮れかかり、朱の混じった陽光が、私と彼を優しく照らす。
 木々は相変わらずの面持ちでざわめき、葉を幹を揺らし終えた風も、快い速度で羽織袴の上を滑っていった。
「その心は貴方と同じく、いつ花開いたものかは判りません。けれどもいつの日にか、私は貴方のことが好きになっていた。
 もしかしたらそれは、貴方が私を想うようになるより、早かったかもしれません。
 まぁ、そんなことを計っても、栓の無きこと。
 つまり私も、貴方のことがずっと好きだった。その貴方が、私に想いを打ち明けてくれた。
 だから、私は、とても嬉しい。とてもとても、嬉しい。
 この感情、この感覚。どうやって表現したらいいのかわからないぐらい、嬉しいのです。」
 そこまで言い終えて、私は男の方へ目をやった。そして、男の様子に目を丸くし、仕舞いには、思わずくすくすと笑い出してしまった。




228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 05:39:17.56 ID:n1o1oeWp0

「雨です。」
 男はつばで顔を隠しながら、言った。
「春風に延々と運ばれてきた雨の雫が、偶々私の目元に降りかかり、
 あたかも私が涙を流しているように見せているのです。」
 男はつばに手をかけたまま、顔をこちらから背けている。
「・・・あら、それはそれは、随分と罪作りな雨雫ですこと。」
 私は相変わらずクスクスと笑いながら、革の鞄からレースのハンカチを取り出し、
「でも、それでは私はその雫に感謝しなければいけませんね。
 まるで、深い靄にかかった貴方の心の本当の姿の一部を、垣間見えさせてくれたような、気がしましたから。」
 男は動かず、何も言わない。
 私はその、鋼の様に屈強で、それでいて、硝子細工のような心の持ち主の元へ、ハンカチを差し出した。
「さぁ、お使い下さい。体が冷えて風邪でも召してしまったら大変です。」
 男は少しだけ顔を上げ、ほんのわずかの間、差し出されたハンカチを見つめた後、ゆっくりとこちらに手を伸ばし、
「・・・!」
 私の手を掴み、体を引き寄せた。




229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 05:42:25.44 ID:n1o1oeWp0

 男は空いた手の方ですばやくハンカチだけを抜き取ると、顔を背けて手早く目の周りを拭きとり、帽子のつばの角度を直したあと、
 また最初の様に、黒目がちな瞳で、こちらを見つめた。
 私は抗わず、ただ、静かに、瞳を閉じた。
 
 微かな衣擦れの音がひびく。
 
 男は私に近づき、そして静かに抱き寄せた。
 
 私と男との、距離が、少しづつ縮まっていく。
 
 そして・・・そして・・・



男「女さん!!!」
女「はっ!
  あ、あれ・・?
  お、男、学帽は?あれ、格子縞の羽織は?」
男「無いよそんなもの最初から・・・。
  てか、男子が学生服に学帽、女子がオレンジとピンクの格子縞の羽織に袴って・・・それいつの時代だよ。大正?昭和?
  いや、それ以前にちょっと設定に無理があるよ・・・。」
女「じ、自分のかかか回想シーンを覗くなであああります!!」
男「回想じゃないよ!妄想だよ!妄想!何とっさに既成事実にしようとしてるんだよ!
  仮にその時代に僕らがいたとしたら、一体僕らいくつになるんだよ!
それに人の頭の中覗くなんて芸当、僕にできるわけないでしょう!?」
女「え・・じゃあなんで自分の回想が分かったでありますか?」
男「なんで回想は貫き通そうとするんだよ・・。まぁ、それはいいや・・いや、よくないけど・・。
  なんていうかね、君。頭の中で考えたものが、自然と口から漏れてたら、そりゃ誰だってわかるよ。」
女「へ・・・?」



230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 05:43:43.40 ID:n1o1oeWp0

女「漏れてたって・・・え・・・?」
男「最初の方こそ、声がちっちゃくて聞き取りづらかったけど、中盤から後半の方なんて、
  もう教室中に響き渡るぐらいの大音量で話してたよ。
  だから、ほら。ポカーンとした顔をしてるAさんとか、にやにやしながらこっち向いてるB君とか、
  あとその他大勢とか・・もう丸聴こえだったよ。恥ずかしいったらありゃしない。」
女「・・・・」
男「しまいにゃ、廊下の生徒もこっちに乗り出す始末だし・・・。
  って、女さん?」
女「・・・ばたんきゅー」
男「お、女さん!?女さん!?
  ちょ・・・うわ、すごい熱・・・!?
  え、ど・・・こういう時って、どうしたら!?

  え、衛生兵ー!!衛生兵ー!!」



231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 05:50:41.72 ID:n1o1oeWp0

ここまで書くのに4時間かかった・・・。
ああ、朝日があんなにも高く・・・。
今日授業あるのに・・・。

まだ続くので、鼻くそ程にでも興味があったら、上げればいいと思うのですね。



235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 06:30:22.88 ID:n1o1oeWp0

ほっしゅほっしゅ



237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 06:43:16.50 ID:V/nnRLf9O

おはようほす



242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 07:12:22.08 ID:8ZI0b/cjO

投下

男「ってて…」
女「どうしたでありますか?」
男「女か…ちょっとね…ほら」
女「!?!?ち…ちょ…血がでてぇるでありますよ!?」
男「落ち着けって。ちょっときれただけだから」
女「何を言ってるでありますか!
もしコレラ等に感染したら…!」
男「(コレラって…)や、大丈夫だって…」
女「大変であります…メディーーーック!メディィィーーーッッッック!」
男「だから落ち着けよ…」
女「衛生兵が全滅!?仕方がない…ここは…」
男「どうした?」
女「(チュッ)」
男「らめぇぇ!そんなとこ舐めたららめぇぇぇぇ~~~~~!」
女「(ちゅぱちゅぱ)ふぅ…きれいになったであります。あとは赤チンとばんそうこを貼って…っと…ん?どうしたであります?男殿」
男「…はぢめてが…」
女「…?(えっと…今私は唇に怪我をした男くんを…)…………!?!?」
女「ぬゃぁぁぁぁぁぁぁ!?!!」
男「って女さん血が!鼻から血が!」

友「お前らうるせぇよ…(俺も怪我してぇ…)」

ただメディックって言わせたかったんだ…ごめんよ



243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 07:27:39.61 ID:UebxdaLd0

イイ…



244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 07:36:00.41 ID:WmDGJRZA0

そういえば日本軍で三等兵って階級は
海軍にしかいなかったような気が……
にわか知識だから定かではないが

ほしゅ



246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 07:49:15.46 ID:qCmEm3ejO

もう女の声がケロロにしか聞こえない



247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 07:54:27.61 ID:zSohLzc4O

フルメタ思い出した

そうすけかわいいよそうすけ



248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/20(水) 07:55:28.79 ID:YmNbp9WyO

俺はヴィルフェルミナにしか聞こえないわけだが



250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 08:06:00.83 ID:8ZI0b/cjO

このみだろ…常考…



252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/20(水) 08:20:15.48 ID:ytesrsdGO

>>250
その発想はなかったわ


・・・タマ姉にアイアンクローされてくるorz



254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 08:29:58.95 ID:VD1D/tyYO

>>252
俺のイメージもこのみだった

由真にボコボコにされてくるorz



251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 08:09:37.39 ID:XgAHXwRr0

レインボーミカ思い出した



253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 08:22:53.95 ID:QayEHNuj0

風鈴寺空思い出した俺は異端児



274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/20(水) 11:50:04.53 ID:DTnl4Gmr0

アイギスを思い出した



306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 15:35:41.92 ID:iCFRiuOVO

友「総員!突撃用意ー!」
女「突撃用意ー!」
友「抜刀ー!」
女「着剣ー!」
友「天皇陛下ー!」
女「ばんざーーい!」


『バタバタバタ!』



男「ほうきで遊ぶな。掃除しろ」
女・友「ごめん」



307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 15:44:10.72 ID:n1o1oeWp0

>>306
かわいいw



308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 15:44:14.39 ID:ov3j70SH0

>>306
不覚にも萌えた



309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 16:07:15.82 ID:iCFRiuOVO

ビリー「ワンモアセッ!」




女友「いやー、やっぱり噂には聞いてたけど、利くねー」
男「そんなに利くの?」

女「あれはなんであります?」
男「ビリーズブートキャンプとかいう、アメリカの新兵教練をもとにした…」
女「ふん。そんな敵性文化にうつつをぬかすとは、女友は非国民であります」

女友「やっぱり腰回りの肉が違うねー」
男「あー、女の子はやっぱりウエスト細い方がいいねー」
女「…」





ビリー・女「ワンモアセッ!」



316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 17:11:41.15 ID:5te1qECx0

女「おっ、お言葉ですが、男殿!こここ、今夜二○○○時に、自分と二人きりの夜戦訓練を行うよて、予定だというのに」
女「じじじ、事前に、自衛用銃火器の手入れを一人でおこ、行うとは、かっ、関心できないでああああり、ありり、あります!」
女「定期的に、ててて、手入れをおおお、行うのは男性として、当たり前だと思いますが、そそそ、それでは、いざと言う時のしょしょう、照準ががが」
女「そそそ、それに手入れした後の、確認射撃をしすすす、しすぎでいざと言う時にマガジンが空では、私が困るので、ありま、あります!」
女「ああっ、凄いです!男さんの自衛用の銃火器は散弾銃なのですね!すごい・・・コンバットショットガン並の・・・」
女「あああっ!なぜ、銃口を自分に向けるのですか!だっ、ダメであります!はわわ、そんな早くコッキングしたら!!」
女「お願いであります!今夜の夜戦訓練の為に発射だけ、ひゃわっ!レバー引いちゃダメでありますっ!」
女「すすす、凄い!・・・12ゲージかと思ってたのに、スラッグ弾が・・・えっ!レバー引きながらコッキングしちゃっ・・・ひゃああああ!」
女「とっ・・・とっても・・・らぴっどふぁいやぁ・・・」

先「おい、男女を起こせ。今すぐだ」

男「こいつ、どんな夢みてんだよ・・・」



317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 17:13:49.92 ID:n1o1oeWp0

>>316
やばい・・エロい・・・



323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 17:31:14.25 ID:V/nnRLf9O

>>316
エロいんだが、最後の「らぴっどふぁいやぁ……」でどうしても噴いてしまう



318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 17:14:52.62 ID:n1o1oeWp0

女「・・・節子!それ飴玉やない!!おはじきや!!」
男「(キーン)・・・」
女「って、あ、あれ?ここは・・・?」
男「君の目にはこの日本がどう映っているのか詳しく知りたくなったよ。」
女「あれ、男殿・・・。
  ええっと、ここは医務室でありますか?」
男「うん、保健室。女さん急に倒れちゃうから、びっくりしたよ。」
女「じ・・自分は、本国送還になるでありますか・・・?」
男「ここは多分君の生まれた国だと思うよ。」
女「・・・!
  ま、また寝姿を男殿に見られたであります・・。は、恥ずかしいであります・・・。」
男「あんな大騒ぎした後で、恥ずかしいも何も無いと思うけど・・。
  いや、まぁ、君がそういうと思ったから、僕はほら、本読んでた。」
女「何の本でありますか?」



319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 17:16:05.28 ID:n1o1oeWp0

男「ロカ、っていう、らもさんの小説なんだけど・・」
女「な・・・!?そんな敵国である畜生の国の本を読んでいるのでありますか!?
まさか男殿はこの国を売り渡す心算で・・・!?」
男「ら、らもさんは日本人だよ・・・。それに、今アメリカはれっきとした同盟国だよ・・。
  君の中の世界地図は一体昭和何年で止まってるんだよ・・。」
女「言い訳など聞きたくないであります!その見果てた根性、叩きなおしてやるであります!
上官といえど、売国奴には容赦しないのであります!
さぁ!そこになおるのであります!」
男「え、ちょ、そこに直れって・・・って、ええ!?ぐ、軍刀?!
  どっから出したのさ、そんなの!?異空間!?」
女「さぁ、抵抗するなであります!抵抗しなければ一瞬で済むのであります!
  弐志森之霧雨も、潔い人間を切ることを望んでいるのであります!」
男「え、それ刀の名前!?何気に名刀くさい!?
  てか、女子高生が刀って、Bloodじゃあるまいし・・」
女「また鬼畜の言葉を口にして!そんなに畜生に成り果てたいのでありますか!!」
男「君だって英語の時間に使ってるじゃないか!」
女「問答無用!!飛天三剣流奥義!!」
男「って、ちょっと・・!?アッー!!!」
『月月火水木金金~♪』
女「む、母君殿から・・?」



320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 17:17:22.94 ID:n1o1oeWp0

男「(た、助かった・・・。い、今のうちに・・。
  ・・・!?)」
女「今男殿に向けた、この刀の切っ先。
  ここから目をそらした時が、男殿の最期であります。」
男「いえす・・・さー・・・」





322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 17:28:36.73 ID:NLuEUrwVO

男「たまには公園での遊ぼう」(ごそごそ)
女「了解であります! ……それは何でありますか?」(わくてか)

男「フリスビーだよ。こうやって遊ぶんだ。それ取ってこいっ!」(しゅばっ)
女「はっ!!」(だだだっぱしっ)

女「任務完了であります!」
男「よーしよくやった!」(なでなで)
女「有り難き幸せであります……む?」

『よしジョン、もう一度だ!』
『わんわんっ!』


女「……何か凄く侮辱された気がするであります」
男「気のせい気のせい」(なでなで)
女「か、かか髪をくしゃくしゃされると、てれっててれっ照れ」
男「何かマリオが死んだみたいな噛みかたしたな」

女「鞠男……? どなたでありますか?」
男「いや、なんでもない。それ取ってこい!」(しゅばっ)
女「はっ!」(体が勝手に反応するであります!)



324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 17:32:48.93 ID:ov3j70SH0

>>322
脳内でもも子とこうしに変換されたwwwwwwwww



325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 17:37:05.60 ID:NLuEUrwVO

>>324
書いてて自分でも気付いてたwww



344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 20:20:41.23 ID:CVB78WpjO

男「三等兵さんがお休みってめずらしいよな…お見舞いでも行ってみるか」
~~~~~
男「……大きい家だなあ。玄関に日章旗が飾ってあるのと、庭先にどう見ても戦車があるのはどうかとおもうけど」
(ぴんぽーん)
「は~い…あら、どなた?」
(誰だ、このきれーなロングのおねーさんは…)
男「こ、こんにちわ、自分三等兵さんのクラスメートで、今日はお見舞いに…」
「ああ、よく話は聞いてるわ(くすっ)今呼んでくるわね、ただのマラリアだからもう大丈夫みたいよ」
男「ただのマラリアって……」
「三等兵っ前へっ」
女「……了解でありますっ」(ぱたぱたぱた~)
女「はっ!お呼びですか姉殿!」
姉「よし。学友がお見舞いにきてくださった!面会を許可する」
女「ありがとうございますっ……!?あわっ、お、男殿っ、自分はこのような、ねま、ねまねま寝間着でっ」
男「なんかちっちゃい犬とかついた可愛いパジャマだね」



347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 20:39:50.31 ID:CVB78WpjO

女「可愛いって、可愛いって…こ、困るでありますっ」
男「いや、パジャマを誉めたんだが…」
姉「男さん、面白いでしょ、この娘。三等兵ったら帰ってくるといつもあなたの話ばかりしてて…」
女「あ、姉殿っ、余計なことは言わなくていいでありますっ」(あせあせ)
姉「黙れ。三等兵。許可するまで発言を禁じる」
女「はっ、はいっ!」
姉「かっこいい人が転校して来たとか…デートにいったとか…たしかにいい男ね、この子が羨ましいわ」
女(はうはう~)   
男「あ、あの、三等兵さん、真っ赤になって可愛そうなんですが…」
姉「いいのよぉ。この前なんて軍人としては民間人との結婚とはどう思うとか…」
女「うわ~っっっっ!姉殿姉殿っ!」
男「あ~、自分がいると、三等兵さんの病気が悪化しそうなのでそろそろ…」
姉「そう?今日は、わざわざ、ありがとうね………三等兵、お礼を申し上げろ」
女「はっ、男さん、ありがとうございましたっ!」
姉「あとな、私は黙ってろと言ったはずだな」
女「えっ………はわ~~どうかお許しを~」
姉「じゃあ男さん、帰りはおきおつけて~」


勢いで書いた。今では反省している



346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 20:34:56.25 ID:NLuEUrwVO

犬「わふっ」
男「ん? 野良犬だ」
女「はっ、そのようであります」

犬「わふっ」
男「よしよし。はは、人懐っこいヤツだ」
女「いやはや、美味そうでありますなぁ」(じゅるり)

男「え……」
犬「くーん」

女(はっ!? ちょっとしたブラックジョークのつもりがドン引きでありますっ!)
女「せせせ戦後のヤミ市の闇もちょっとかけた小粋なジョークでありますからしてっ」

男「……」
犬「くーん」

女(ななな何か雰囲気を和ませるジョークを飛ばすでありますっ)

女「あのその! じ、自分が犬なら男殿にたた食べられてもいいわんっ! でありますわんっ!」

男「……犬を食べる嗜好はないから」
犬「わふ」

女(どんどん深みにはまってる気がするであります!)



372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 22:47:55.82 ID:V/nnRLf9O

流れぶったぎるが、体育祭

女「も、申し訳ありません!!男殿に応援していただいたのにも関わらず不甲斐ない結果になってしまって!!」
男「いやいや、それでも150m走2位だったんだし。しかも相手は陸上部だよ?頑張ったと思うけど」
女「そ、それでも自分は悔しいであります!情けないであります!!」
男「あぁ……じゃ、じゃあさ。次の女さんの競技、えと、借り物競争かな?それで頑張ってよ」
女「そ、それは、勝てとのご命令でしょうか!?」
男「それはちょっと違うけど、頑張ってくれたらそれで」
女「じ、じじ自分は男殿に勝てとおっしゃっていただければ、な、な何があっても勝ちます!!」
男「な、なら、勝ってきて?」
女「り、了解であります!!」


アナウンス「次は、女子借り物競争になります。競技に参加する生徒は……」

女「い、征ってまいります!!」
男「応援してるから」
女「き、きき、きょ、恐縮であります!!」



373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 22:49:05.04 ID:V/nnRLf9O

女(はぅ……緊張であります……でも、必ず勝つであります)
パァンっ

友「おぉ、女さん早いな!」
男「だな」
男(頑張れ!!女さん)
友「見ろよ、一番で紙拾ったぞ!」
男「て、あれ??固まっちゃってる」

女(こ、こここ、こ、これは!!!)
『好きな異性』
女(うぼぁーーー!!?だ、駄目であります、無理であります!!男殿に一緒に来てほしいなんて言えないであります…………はっ!!)
男『何があっても勝て!!これは命令である!!』(女フィルター実装済み)
女(と、ときめくなであります自分の心。高鳴るなであります自分の胸。これは命令、上官命令は絶対であります!!)

友「お、こっちきたぞ、おーい。みんな、すぐ女さんに物貸せるようにしとけよーっ」



374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 22:51:22.49 ID:V/nnRLf9O

男「え、俺?俺手ぶらなんだけど」
女「ち、違うであります!!あ、あ、あぁあ、あの!ご同行願うであります!!」
男「え、と……な、何て書いてあるの?」
女「き、きき、機密漏洩は重大な犯罪であります!!!」
男「あー、わかったわかった。とにかく、俺がついていけばいいの?」
女「そうであります!!」
男「なら、早く行こう?」
女(は、はぅ……て、てて、手を握られてるであります……男殿の手、お、大きいであります)


男「ぜぇ、ぜぇ……とりあえず一番でゴールしたのはいいけど……」
女「ご協力感謝であります!お陰で、なんとか勝利することが」
男「の、前に、審判にちゃんと紙の内容を審査してもらわなきゃないだろ?」
女「はぅ!!?そ、そそ、それはマズいのであります!!!」
男「何で?まさか馬鹿な男子生徒とか書いてあるんじゃ……」
女「そ、そそ、そんなはずありません!!じ、自分は、その……」
男「すきありっ!」
女「はわーーー!!駄目であります!!返してください!!!」
男「と、犬好きな異性??」
女「へ??」
男「俺、犬が好きだって教えたことあったっけ?確かに俺は結構な犬好きだけど」
女「あ、あえいええあ……犬??」
『犬好きな異性』
男「なんか犬の文字だけ汗で滲んでるけど、そう書いてあるよ?」
女「……………………じ、純情を弄ばれたであります!!」
男「??」

微妙に長くなってすまん



376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 22:52:39.28 ID:ravUHDKLO

>>372-374
犬かwwww女カワイソスwww



386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/20(水) 23:51:14.71 ID:ov3j70SH0

やべwwwwwww三等兵かわええええええええええ



394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 00:31:15.90 ID:zzDOKX0H0

女「男殿っ食料補給の時間でありますっ!!」
男「はいはい」
女「あ、あ、あ、あーんでありますっ!!」
男「はいはいあーん」

女「げっげげ下校の時間でありますっ!!」
男「はいはい」
男「ゲーセン行くけどどうする?」
女「お供させて頂くでありますっ!!」

友「……」


友「なあ」
男「何?」

友「お前ら付き合ってんの?」
男「ぶはっ!!」
友「きたねっ! ジュースかかったじゃねーか!」
男「お前がそういう事言うからだろが!」

友「そういう事も何もなあ……」
男「え、そういう風に見えるか?」
友「誰が、どう見ても、カップルです」
男「そうか……手すらマトモに繋いだ事ないんだが」
友「まあどうでもいいけどな」

男「うーむ、ハッキリしておいた方がいいか」



395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 00:31:56.63 ID:zzDOKX0H0

男「うーん」
女「男殿? 難しい顔をされて、どうしたでありますか?」
男「ああ、丁度いい所に」
女「はっ!! 何でありますでしょうかっ!!」

男「俺たち付き合ってるのか?」
女「    」

男「?」
女「……じ、じじじじ自分には何の事だかささささサッパリでアリアリアリアリ」(ぷしゅー)
男「時に落ち着け」
女「し、失礼しました……」

男「単刀直入に聞こう。俺の事どう思ってるの?」
女「じ、自分は……あの、その、すっすすすすすすすすすすすすすすす」
男「深呼吸、深呼吸」
女「すぅ、はぁ。じ、自分はっ!! 男殿にぞっこんでありますっ!!
  男殿の為なら例え火の中水の中な次第でありますからしてっ!!」

男「……そうハッキリ言われると効くなぁ」
女「え、あ、う……その。 ……ご迷惑、でありますか?」
男「いや、嬉しい。凄く」
女「はうっ……」



396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 00:32:37.13 ID:zzDOKX0H0

男「ただ、特に何もしてないから不思議に思って」
女「そ、それはっ、自分の一目惚れでありますからしてーーっ!!」
男「ヒートアップしないでいいから!」
女「失礼しましたっ!」

男「えーと、じゃあちゃんと付き合う、という方針で」
女「あ……は、はいでありますっ!」

女「ほ、本日一四○○を以って男殿直属の部隊に着任するでありますっ!!!」
男「うん、よろしく」
女「自分は……っ! 自分は嬉しさの余り二階級特進しそうでありますっ!!」
男「待て、早まるな」

女「申し訳ありません! 自分、余りの事につい浮かれてしまったであります!!
  こっ、これからは妻として……いや、二児の母として……」
男「先走りすぎ」
女「むしろ未亡人として……」
男「俺を殺すなっ! とりあえず、まあ彼女として、改めてよろしく」
女「……了解でありますっ!!」



397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 00:35:07.89 ID:I5lYKTHb0

(・∀・)イイ!!



398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 00:35:40.53 ID:Rnk0/5lhO

>>396
テラGJ!!!1



399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 00:38:04.83 ID:mhcUYKy40

ZZが突破口を開いた



400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 00:40:59.57 ID:zzDOKX0H0

ID変わったけど>>1だ
一応スタンスが曖昧だったからこれで好きな所に二人を派遣していじってみて欲しい
設定厨臭くてすまんな



417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 01:56:17.77 ID:/TXug00S0

>>395


保守絵!!
ありきたりな反応だが萌える。まさに真髄



419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 01:58:23.77 ID:zzDOKX0H0

>>417
あわわわわわわ

この胸の高鳴りをどうしてくれる!!!!!



404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 01:00:08.22 ID:zzDOKX0H0

女「男殿、何をしているでありますか?」
男「いや、インターネットだけど」
女「ああ、情報収集でありますか、ご苦労様であります」
男「そんな大それたもんじゃないんだけどな」

女「……?」
男「どうかした?」

女「と、とても難しい暗号であります……」
男「は?」

女「ksk、kwsk、sneg?……初めて見る系統の暗号であります」
男「暗号……まあ暗号かもしれないな」

女「特にこのwの不規則な羅列……どういう法則で並べられているのかサッパリであります」
男(うーん、見方によっちゃそう見えるのか)

女「申し訳ありませんっ!! 自分にはお力添え出来そうにないであります!
  自分、このインターネッツを見て勉強するでありますっ!」

男「覚えなくても一般生活に何の支障もないからいいよ」
女「そ、そうでありますか……」



408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 01:19:37.47 ID:mQLd9rHIO

男「あー…腹減った…」
女「お、男殿!自分が購買で調達してくるであります!」
男「マジで!助かるわー。じゃあ焼きそばパンとファンタ頼むよ」
友「あ、俺も行くー」

~購買前~

ガヤガヤ…

女「混んでるであります」
友「このままでは兵糧調達は困難を極める」
女「大和魂の見せ所であります」
友「突撃用意ー!」
女「着剣ー!」
友「天皇陛下ー!」
女「ばんざーーい!」

『バタバタバタ』




男「…で、取れたのはコッペパン3つと牛乳2つだけと」
女・友「(´・ω・`)」



410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 01:28:59.30 ID:zzDOKX0H0

男「ん~……今日も一日頑張った! よし、帰るか」
女「おっ、男殿っ!」
男「え?」
女「重要参考人として連行するでありますっ! 確保っ!」(がしっ)
男「え、あ、ちょっと!」

女「……」(すたすた)
男「おーい、どこまで行くんだよ? もう学校の外まで出たんだけど」
女「……」(ぴたっ)
男「聞きたい事あるの? 別に隠し事なんてしてないよ、俺」

女「……じ、実は! とと特に尋問の予定はないでありますっ!」
男「え? じゃあなんで……」
女「そのっ……たっ、たっ、ただ……てっ、てててて……」
男「?」

女「手を、つっ、繋いで帰りたかったであります……」
男「……」
女「じぶ、自分のわがままでありますからしてっ、今後このような行動は……」

男「……甲斐性なしですまないな」(ぎゅ)
女「あっ!? え、と、その……申し訳ないであります」

男「さて、早く歩きすぎたからもう少しゆっくり帰ろうか」
女「はっ!! 微速前進でありますっ!!」



414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 01:49:25.07 ID:G/xs6eDjO

せ、僭越ながら、自分がすれっどを保守させていただきます!!



425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 02:04:24.79 ID:G/xs6eDjO

通学路

女「男殿~~~っ!」
男「ん、おはよう。」
女「おはようございます!!む、男殿、要らぬ世話とは思いますが、朝食を抜いたのではありませんか?」
男「良くわかったね、ちょっとだけ寝坊して。時間なかったから」
女「そ、そそ、それなら自分にお任せください!!いつ男殿がお腹を空かせても大丈夫なように、予備の兵糧も備えてあります!」
男「お、おにぎり?」
女「あ、そ、その……味は……自信ないのですが」
男「何時も持ってきてくれてるの?」
女「あ、だ、大丈夫です!!ちゃ、ちゃんと毎朝握っているであります!!」
男「じゃなくて、大変でしょ?」
女「お、男殿を想えば、なんともないであります!!て、じ、じじ自分何を言っているのでありましょうか!!?は、恥ずかしいであります」
男「えと、もらっていい?」
女「も、もも、もちろんであります!!」
男「毎日って言ったよね?」
女「は!言ったであります!!」
男「明日も寝坊するかも」
女「じ、自分にお任せであります!!!」



437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 03:08:48.80 ID:/TXug00S0

>>425


この時間帯は俺にとってスーパーオニギリタイムだわ



427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 02:15:34.96 ID:zzDOKX0H0

女「海であります!」
男「おっし、泳ぐぞ」
女「男殿! 待つであります!」(がしっ)
男「こらこら、海パン引っ張るな」

女「ちゃんと準備運動しないとダメでありますっ!」
男「いいってそんなの」(のしのし)

女「ダメであります! ダメであります~っ!」(ずるずる)
男「やめろっ、海パンが脱げるっ!」
女「もしも男殿に何かあったら、じっ自分は、自分はーーーっ!!」
男「だーっ、分かった、分かったから!」

女「いっちにー、さんしー」
男(あークソ、恥ずかしいんだよコレすんの)
女「にーにっ、さんっしー」
男(しかし……)

女「な、何でありますかっ!? その舐めるような視線はっ」
男「いや、いい体してるなーと思って。あ、もちろん性的な意味で」

女「な……なななっ!? とっ、突然何を言い出すでありますかっ!?」(ささっ)
男(照れる姿もまたイイ……)



428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 02:24:57.09 ID:zzDOKX0H0

自ら保守



429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 02:26:47.05 ID:G/xs6eDjO

さ、下げ保守とはなかなか通でありますね!!



431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 02:41:29.51 ID:zzDOKX0H0

>>429専ブラ使ってるからsage固定なんだ

男「……」
女「どうかしたでありますか?」
男「いや、サイズどれくらいなのかなーって思って」

女「……っ!! じょ、女子に向かってそういう事を言うのはいけないでありますっ!」
男「あ、ごめん」
女「そ、そそもそも、それを聞く事によってなな何か戦況に変化が起こるとでも!?」
男「いや、ちょっとした好奇心なんだ」

女「……その、男殿に限っては、その。おほん。例外でありますが」
男「え、教えてくれるの?」

女「じょ、上官命令とあらばっ!」
男「じゃあそれで」
女「ではお耳を拝借するであります。ごにょごにょ……で、あります」

男「……」
女「?」

男「アパム! 弾! 弾持ってこい! アパーーーム!!」
女「お、男殿っ!? 気を確かに持つでありますっ!!」



432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 02:56:53.51 ID:mIJ1eneC0

>>320の続きです。

女「本日は晴天なり。本日は晴天なり。
  感度良好。感度良好。伝波状態良好。伝波状態良好。どうぞ。
  こちら、女であります。現在、私立美府高校の医務室において、休養中であります。
  え、連絡が、来た。学校側から、でありますか?
  え、えええ?!む・・むむ迎えに来る・・?!
  ・・し、失礼しました。取り乱してしまって、申し訳ございません。
  はい。はい。い、今からおよそ、15分後でありますね。
  ・・は、はい。了解いたしました。
  べ、別命あるまで、こ、この場所にて、た、待機いたします・・・。
  通信、終わります。どうぞ。

  ・・・・・・・・・。」

男「女、さん?」
女「・・・・・・・。」



433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 02:57:34.44 ID:mIJ1eneC0

男「・・・女、さ・・って、どうしたの・・!?
  うわ・・、顔真っ青だし、冷や汗が・・。
  こころなしか、歯もカチカチ震えてるみたいだし・・・。それに・・。」
女「連絡・・・。」
男「・・・え?」
女「お、御家に、連絡を、い、入れたで、あ、ありますか?」
男「あー・・、僕はよく知らないけど、女さんをここに運んだとき、
  保健の先生がそんなこと言ってたかな、家に連絡を入れとくって。」
女「・・なんて・・教官は、御家に伝えたと思われるのでありますか・・・?」
男「うーん、多分、教室で女さんが急に倒れた、って僕が保健の先生に伝えたから、その文面通りに、じゃないかな。って、女さん・・!?
  どうしたの、急に膝落として・・!?僕なにか、まずいこと・・」

女「・・・・ころされる・・・・・」



435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 03:04:00.77 ID:mIJ1eneC0

男「へ・・?」
女「・・い、いえ、何でもないのであります・・。
  お、男殿は、何も、悪いことは、してないでありますし・・じ、事実でありますし・・
  それにこれは、我が家の問題であって、男殿には・・関係の無いことで・・ありますから・・。」
男「・・・関係の・・無い、こと・・」
女「そうで・・あります。」
男「・・で、でもさ、どうして女さんがそんなに怯えなくちゃならないの?
  女さんだって、何も悪いことしてないでしょう?
  ただ急に意識失って倒れて、こうやって保健室に運ばれてきただけなのに・・。」
女「この様な事態になった以上、須らく、当官はありのままの事実を、包み隠さず話さなければいけないのであります。
  勿論、自分がひどい興奮のあまり、自分の心の内が全て周りの人間に漏れてしまったことも、
  それ故に意識を失って倒れるに到ったということも。
  そしてそれは、自分にとって、とんでもない恥なのであります。
  そして、その個人の恥は、御家の恥でもある。そんな事態を、
  なんの処罰も無く、やり過ごすということは、出来ないのであります。」
男「な、何も恥かいたこと全て言わなくても、ある程度、オブラートに包んで話すようにすれば・・」
女「軍人志願者として、嘘やごまかしといった手法を使うのはもってのほかなのであります。
  特に我が母君は、偽りごとを見抜くことに至極長けているのであります。」
男「・・・で、でも・・さすがに、ころされる、はオーバーじゃ・・・」
女「・・・」



455 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 04:17:00.71 ID:/TXug00S0

>>433



436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 03:08:16.79 ID:mIJ1eneC0

男「・・・こ、こういう時って、いつも、どんな目に遭うの・・?」
女「・・機密事項であります。」
男「明日も学校、来るよね?」
女「・・自分には、判り兼ねます。」
男「・・・」
女「・・・」

携帯『月月火水木金金~♪』

女「迎えが・・来たであります。
  介抱していただき、感謝いたします。それでは、失礼させていただきますであります。」
男「・・待って。」
女「なんでありますか?」
男「僕も・・」
女「え?」

男「僕も、一緒に行くよ」



440 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 03:19:32.94 ID:mIJ1eneC0

このスレは・・勢いが無いのにかなり長生きだな。

よし、睡眠もとったし、深夜はずっと俺のターン!



今日は学校行こう・・・。



451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 03:55:05.10 ID:zzDOKX0H0

コンコン ガチャ

女「失礼します!」
男「ZZZ」
女「すぅーっ……」

女「お は よ う ご ざ い ま す っ!!!」
男「ぎゃーーーっ!?」(がばっ)

女「朝であります! 登校の時間でありますっ!」
男「び、びっくりした……心臓止まるかと思った」
女「(シャッ)今日も良い天気であります! 日本晴れとはまさに──」
男「まだ学校まで全然余裕あるじゃん……つーか起こしてなんて頼んでないし……」

女「はっ!! お言葉ですが、古くから早起きは三文の得と申しまして」
男「どっかの兄弟が三文稼ぐくらいなら寝てた方がマシって言ってたもん」
女「うっ、申し訳ありません……」

男「もうちょっとだけ寝かせてくれよ……」(もぞもぞ)
女「(ぼそっ)自分は、少しでも男殿と一緒に居たいと思った次第でありまして……」

男「……」
女「うう、自分、またしても越権行為に及んでしまったであります……」(めそめそ)
男「わーった、わーったよ、もう……ブツブツ」(がばっ)

女「男殿? 顔が赤いであります」
男「誰のせいだ、誰のっ」



452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 04:00:03.27 ID:G/xs6eDjO

積極的な三等兵もまた可愛いものだ



453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 04:06:01.59 ID:zzDOKX0H0

「体育祭」

男「何の競技に出るんだっけ」
女「はっ、自分は障害物競走に出撃予定であります!!」
男「頑張ってね、応援してる」
女「はっ! ご期待に添えるよう尽力致します!!」

『位置について、ヨーイ……』パンッ!!

女「てっ、てて敵襲っ!? ちゃちゃ着弾地点から敵の位置を割り出せっ!!」
男「違う違う! 早く走れーーっ!!」
女「は、はっ!」

女「ふっ、ふっ、ふっ」(ずりずり)

『おーっと、凄まじいほふく前進でネットを抜けて行く選手がいます!』

男「うお、すげえ」
女「ふっ、ふっ、ふっ」(ずりずり)
男「こら、どこまで匍匐前進で進むつもりだ! 立って走れーっ」

女「はっ!!」
男「いちいちこっちに敬礼しなくていいからっ」

女「結局3着でありました……申し訳ないであります」
男(応援しなかった方がよかったかもしれない)



454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 04:16:43.10 ID:zzDOKX0H0

お題「体育祭」2

男「うし、二人三脚、勝つぞ」
女「はっ!! 勿論であります!」

『位置について、ヨーイ……』パンッ!

男「せーの、イチ、ニ、イチ、ニ」
女(男殿と二人三脚……自分、感涙であります!)
男「こら、ちゃんと前向いて走れっ」
女「は、はっ!!」

男「イチ、ニ、イチ、ニ」
女(おっ、男殿の腕からたた体温が伝わってくるであります!
  しかも真横に男殿の凛々しいお顔……あばばばばばばば)

男「ん? こら、何でこっち見てるんd」(ずべっ)
女「くはっ!?」

男「あたた……ちゃんと前向いて走ってくれよ……大丈夫か?」
女「お、おお男殿っ!? こんな……こんな公衆の面前でお、押し倒すだなんて……」
男「ただ単にコケただけだろがっ」
女「もう少し優しくして欲しいであります……」
男「人の話を聞けーーーっ!!」

結果:四着

男「……」(むすっ)
女「申し訳ありませんっ、申し訳ありませんっ! どうかお慈悲をっ!」



463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 04:38:02.12 ID:zzDOKX0H0

お題「電話」

男「そういえば俺の携帯の番号教えてなかったね。教えとく」
女「はっ!! 光栄でありますっ!!」
男「いや、そんな大したもんじゃないでしょ」

(その夜)

ピリリリリ

男「ん、早速かかってきたな」
女『申します申します』
男「何時代の電話だよ」
女『はっ、失礼しましたっ!!』
男「どうしたの? いつもならもう寝てる時間じゃなかったっけ」

女『はっ、そ、その、ちゃんとつっ、通じるかの試みでかか掛けただけでありまして』
男「あ、そうなんだ」
女『はっ、それ以外に他意はないでありますっ! 本当でありますっ!』

男「……ふぅん。それじゃ、切るよ」
女『えっ!? あっ、そのっ! ちょちょちょちょっと待って欲しいであります!!』
男「何?」
女『お、おおお休みなさいが言いたかっ、たかたかっ!!』
男「うん、お休み」
女『……お休みなさいでありますっ!! それではまた明日っ!!!』(ぷつっ)

男(耳いてぇ……ま、いいけど)



464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 04:55:09.02 ID:mQLd9rHIO

女「ふきふき…」
男「何してんだ?」
女「お、男殿!いえ、手榴弾を磨いていたであります!」
男「危ないものを磨くな…」
女「扱いさえ間違わねば危くは…(つるっ」

『ピンッ』

男「ぎゃああああああ!」

女「大丈夫であります。これは九七式といってピンを抜いても爆発しないでのであります」
男「なんだよ…脅かすなよ…」
女「ごめんなさいであります…う…ちょっとトイレであります…」
男「(お…友だ。脅かしてやれ…ポイッ)」

『ガンッ』

女「ああ、言い忘れたであります。九七式は摩擦信管と言って、叩き付けることで信管が作動するから間違っても衝撃を与えては」

男「    」



467 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 06:07:22.35 ID:G/xs6eDjO

プレゼント

男「女ーー?」
女「はい!なんでありましょうか?」
男「ちょっとおいで?」
女「も、もしや兵糧の補給でありますか!?それでしたら自分、大歓迎であります!!」
男「ご飯食べたばっかりだから兵糧は後でな、それより、目ぇ閉じてくれないか?」
女「へ、は、ひ、ふぇーーーーっ!?だ、駄目であります!!!あ、いえ、自分はむしろ望むところというか、願ったりかなったりというか、男殿となら……その……で、ででで、でもやはりまだここ、心の準備が!!」
男「いいから閉じる、これ命令ね」
女「は、う……は、はい!!命令を復唱。目を閉じるであります!!」
女(お、男殿……強引であります……)
すっ……
男「ほい。おっけー」
女「へ?」
男「小指」
女「ぁ……ゆ、指輪?」
男「一応彼氏彼女になった記念と言うことで」
女「こ、こここここ、こ、これは、こここんこんこんや、こんや!!??」
男「良く見る。右手の小指にしてるんだから婚約指輪じゃないでしょ」
女「あ、そそ、そうでありました!!じ、自分嬉しいやら恥ずかしいやらで取り乱してしまい……」
男「いやいや、少しは驚いてもらわないと。」
女「びっくりしたであります!!本当に!!」
男「あはは。ごめんごめん」
女「あ、謝ったらダメであります……」



473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 07:09:56.93 ID:mIJ1eneC0

>>436の続きです。

男「(この人が・・女さんの母親か・・。
  藍色の和服に、老齢の付き人が一人・・。
  ボディガードっていうより、運転手か従者って感じだな。むしろ執事か・・。
  思っていたより、威圧感とか、恐怖感とかはないな。案外普通・・?
  いや、従者がいる時点で普通じゃないか・・。
  女母さん、ちょっと・・若すぎる気もするけど・・いや、化粧で年齢がわかんないな・・。)」

女「母君殿。自分の様な者の為に、わざわざご足労頂き、大変感謝いたします。」
女母「体の具合は如何ですか?」
男「(う・・穏やかだけど・・声に、突き刺さるような威圧感が・・あるな。)」
女「はっ。今の所、特に不具合はありません。ご心配ありがとうございます。」
女母「そちらの方は?」
男「(・・しり込みするな。勇気を出せ、男。)」
女「えっと・・」
男「お初にお目にかかります。僕は女さんのクラスメイトの、男といいます。
  女さんが教室で体調を悪くした折に、保健室まで運ばせてもらいました。
  それから女さんは、大丈夫だと言っていたのですが、僕が半ば無理を言って、
  ここまでお見送りさせていただきました。」



559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 18:29:47.89 ID:/TXug00S0

>>473


執事が今にも「ロボトルーーー!!!」って叫びそうになったがキニシナイ(゚3゚)



561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 18:43:47.68 ID:69EBb/nuO

>>559
メダロットナツカシス



474 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 07:14:39.69 ID:mIJ1eneC0

女母「・・・・・・」
男「・・・(・・僕の顔、じろじろ見て・・)
  ・・・え、っと、何か都合の悪いことでも御座いましたでしょうか・・?」
女母「いえ、何でも御座いません。
    女をご心配いただいて、有難う御座います。
    さ、それじゃあ女。行きましょうか。」
女「・・は、はい。母君殿・・。」
男「・・え、えっと・・!」
女母「・・・何で御座いますか?」
男「あの・・こ、これから、病院に行くのでしょうか?」
女母「・・ええ、その心算で御座いましたが。」
男「ああ、それならよかった。
  今日、女さん、『朝からすごく調子が悪そう』で、
  今日の授業も『すごくつらそうに』受けていたんですよ。」
女「(・・・!)」
男「何度も早退や、保健室で休むことを勧めたのですが、そのいずれも女さんは首を振り、
  おそらくひどく苦痛なのを耐えて、今日一日を過ごしていました。
  けれども、無理がたたったのでしょう。
  放課後になった時、ぐったりした様子で机に突っ伏し、
  しばらくの間、その状態で動かないでいまして・・・。
  それから、ちょっと具合を良く感じたのでしょうか、
  『他のクラスメイトが皆帰り終えた頃』、『鞄を持って立ち上がろうとした、その時』、
  急にバランスを崩し、倒れこんでしまったのです。」
女「(・・・)」



475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 07:17:31.98 ID:mIJ1eneC0

男「ですから、病院に行っていただけるのなら、安心しました。」
女母「・・・女。」
女「は、はい!なんで御座いましょうか、母君殿。」
女母「今日、倒れて運ばれてしまったというのは、その様な理由からですか?」
女「え、えっと・・」
男「はい、勿論です。
  自分は女さんの隣の席で、よく女さんとはお話させていただいていますから、
  今日はいつもの元気な女さんでは考えられない程、具合が悪そうだったのが、痛い程よく伝わってきました。
  ですから」
女「・・・男殿」
男「病院では、ちゃんと精密検査まで受けていただいた方がよろしいかと」
女「男殿!」
男「!」
女「・・・もう・・・良いのであります。」
女母「・・・」
男「・・・なんのことですか、女さん。」
女「その場凌ぎの嘘は、母君には通用しないのであります。」
男「・・・僕は何も、嘘など。」
女母「・・・」
女「軍人たるもの、保身よりも義を重んじ、須らく誠実であれ。
  当然のことでありますし、自分はそれを曲げる気は無いのであります。
  それ以前に・・そんなに具合が悪いのであれば、
  朝、自分の家の者が先に気づくものでありましょう?」
男「・・・それは・・」
女「母君殿。事実を申し上げます。」
女母「話しなさい。」



476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 07:20:48.07 ID:mIJ1eneC0

女「本日、自分がこのような事態になったのは、男殿の発言した言葉の意図を取り違え、
  極度の興奮状態に陥り、その負荷によって、失神に到ったものと思われます。
  その様子は、幾人もの級友に目撃されました。
  非常に恥の深いできごとであることは、間違いありません。
  詳細は・・御家の方についてから、お話いたします。」
男「・・・」
女母「・・・分かりました。
   その件については後々、じっくり聞かせてもらいましょう。
   それでは行きますよ。校門の外に車をつけてあります。
   男さん、女を御見送りいただき、ありがとう御座いました。」
男「・・・あ、あの!」
女母「まだ、何か?」
男「そ、その・・女さんは・・・
  
  ・・・この後・・どうなるのですか・・・?」



477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 07:26:43.69 ID:mIJ1eneC0

女「・・・」
女母「どうなる、とは?」
男「女さん、ひどく怯えていました。
  こんな恥が身内に知れたら・・ただじゃ済まない。
  『・・ころされる・・』とも・・。」
女「・・・」
男「女さんは・・・この後、どういう扱いを・・されるのでしょうか。」
女母「・・・男さん。」
男「は、はい。」
女母「貴方がこの子のことを気にかけ、心配してくれているのは、今までの発言からよく分かります。
    ただ、この子のした事に対する処遇は、私達身内の問題。
   
   『只の級友でしかない』、『赤の他人』である貴方が私達の中に介入しようとするのは、
   些か不躾というものではございませんか?」



478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 07:29:06.94 ID:mIJ1eneC0

男「・・・」
女「・・・」
女母「・・・行きますよ、女。」
女「・・はい。母君殿。」
男「・・・
  ・・・僕は・・。」
女母「・・?」
男「僕は、赤の他人などでは、ございません。」
女「・・・?」

男「僕は女さんと、お付き合いさせていただいているからです。」



479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 07:31:06.24 ID:mIJ1eneC0

続きまーすが、今日は学校に行ってくるので、次はだいぶ後になりそうです。

保守をよろしく頼むであります。



480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 07:31:55.90 ID:w5tyM7Gg0

>>479
なんという寸止め・・・・
間違いなくあなたはドS(^0^)



539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 16:47:40.26 ID:xBZV6zBTO

女「お、男殿っ。付き合ってる二人として、その、おはぶぶばんとーをっ」
男「あ、お弁当ね、一緒に食べようか」
~~~~~~~~~~~~
女「もきゅもきゅ…」
男「女さん?」
女「ぱくぱく…」
男「…じーっっ(しかし真剣に食べてるな~)」
女「まぐまぐ……ごくっ………!!な、なんでこっちを見てるでありますかっ」
男「いや、気にしないで食べてて」
女「はっ!もぐっ…もぐっ…ぽろっ、あわわわっ、ひょい、ぱくっ」
男「ひ、拾って食べるんだ」
女「はっ!食べ物を粗末にするなと教えられ育ちましたのでっ……と、とところて、見られてると食べづらいのですがっ」
男「あ、ごめんね」



540 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 16:54:49.72 ID:xBZV6zBTO

男(と、いいつつ見ちゃうんだよなあ。すごい真剣な顔して食べるから面白くて)
女「まぐまぐ……はっ!」(また見られてるであります。ま、まさか「きみのことが食べたい」とかかかっ!
ダメでありますっ!こんな屋上でっ!あわわっ、ひゃあっ、私はデザートてはないでありますっ)
男「どうしたの?お箸が止まってるよ」
女「む、むしろディナーのめいをでぃっしゅでお願いするでありますっ」
男「?」

541 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 17:02:54.76 ID:xBZV6zBTO
女「ま、間違えましたっ、め、メインディッシュにどうぞでありますっ」
男「???」
女「な、なんでもありません」
男「相変わらず女さんは愉快な人だね。そーいうとこ好きだよ」
女「…………きゃあああっ…だだだだダメです…いきなりすすす…好きとか困るであるますですっ」
男「顔真っ赤だね」
女「男殿のせいでありますっ」


            すまん、オチない



545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 17:24:09.87 ID:OkMU3oEjO

もきゅもきゅ萌えた



550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 17:36:23.73 ID:s5ilc64wO

残ってたのかこのスレ…

三等兵かわいいよ三等兵



552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 17:49:49.68 ID:xBZV6zBTO

女「男殿っ、遅くなって申し訳ない。小幕僚会議が長引いてしまってっ…」
男「す~す~」
女「男殿は沈没中でありますか。…寝ていてもりりしくかつ物静かで、よい横顔でありますなぁ」
男「す~す~」
女「よ、よく寝てるのを確認でありますっ…顔を慎重に接近させて…」
(くんくん)
女「ふわっ!首筋からの匂い嗅ぐだけででドキドキでありますっ!つ、次はせせせせ、接触をば…」
(ん~~)
女「はっ!ダメであります!こんなのは、卑怯な作戦でありますっっ!」
女「………しかし、まあ、奇襲はあるいみ兵法の王道っ!思い切って一度、ほっぺにさしすせせせ、せっぷんを…」



553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 17:59:47.96 ID:xBZV6zBTO

女「男殿、どうかお許しをっ!ん~~」
男「三等兵ちゃん、三等兵ちゃん、もう起きてるから」
女「ふわわをっ!いいいつのまにっっ!」
男「いや、耳元であれだけ騒がれたら誰でも目が覚めるって」
女「いやあのそれはっ(じたばた)」
男「ねえ、寝てる間、何かしなかった?」
女「はっ!これからせっぷんする…いえっ!何もしてませんっ!指一本触れてないでありますっ」
男「そう?でもクンクンしてたでしょ」
女「~~~!」(かぁぁぁっ)
男「お返ししていいよね?」
女「えっ!あのそれはその」
男「じっとしててね」
女(はうわうわっ!男殿の顔がっ私の首筋にっ!息がかかるでっくすぐったいでっ)
男「いい匂いだね」
女「~~~!んんっ」
男「じゃ、帰ろうか?」
女「ひゃい、帰るでありまふぅ……」



556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 18:11:38.93 ID:RRls3Gja0

>>553
そのまま首筋にキスして耳はむはむしろよおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!



557 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 18:14:16.50 ID:nPPqgrJXO

良い。
実に良いぞ!



562 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 18:48:01.84 ID:xBZV6zBTO

女「ふ~ふ~、銃抱えて駆け足はきついであります…」
男「あ、いたいた、三等兵さん、大丈夫?」
女「うわわわっ!おおおお男殿っ!どどどうじてこけぬきたなッ」
男「どうしてここに?うん、すぐにわかったよ。迷彩服で銃持った娘が走ってこなかったかって聞いて辿ってきたらから」
女「ふは、ふは~なぜ朝に駆け足してるのをっ」
男「いや、昨日おねーさんから電話があってさ、三等兵さんは毎朝ハイポートしてるけと、最近は朝も暑いから見に行ってくれないかって」
女「あわわわっ!申し訳ありませんっ!わざわざ来ていただいてっ」
男「ううん、でも大変だね~いっぱい汗かいて…
迷彩服ってただでさえ体のラインでるのに、汗のせいでさらにくっきりと…」
女「はうわっ、おとおとこどののド変態でありますですっ」(わたわたっ)
男「う~ん、相変わらず、丸っこくていいお尻だ…」
女「なんでそんな冷静でありますかぁっ!!見ないでくださいでありますっ」



566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 19:02:40.45 ID:xBZV6zBTO

男「あ~、ごめんごめん。まあとりあえず、はい」
っ(ポカリスエット)
女「あ、ありがとうでありますっ」
っっっ(ぷるぷる)
男「なんでそんなに腕を伸ばして受け取るの?」
女「いえっ、そのっ何でもないでありますっ」「汗かいて匂いがしたら恥ずかしいでありますから」
男「なるほど、汗かいて臭いと」
女「ほよぉっ!ぶはっ」
男「わ、ポカリ噴水かぶった」
女「ひゃうわっ!ももも申し訳ないでありますっ!(わたわた)ななななぜわかったでありますかっ!」
男「いや、口に出してたよ。臭いの?」
女「ししまったでありますっ!あうわっ!うわっ!くかきかないでありますっ」
男「臭くないの?じゃあまたクンクンしていい?」
女「…!!ダメダメでありますっ!いえ、その臭くないけどっ!万が一汗臭い場合に被害がっ!甚大にっ」
男「えいっ」
女「きゃっ………」(な、なぜいつのまに体が引き寄せられて…)
男「(すんすん…)うん、甘酸っぱい、いい匂いするね。ちょっとドキドキする」
女「あうあう…体の自由が効かないでありますっ、そんな髪をくんくんされると、やあっ!こまるでありますっ」



567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 19:05:11.79 ID:lzckjtKJ0

>>566
うん、勃起した



569 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 19:11:00.59 ID:fU2CvTfB0

ID:xBZV6zBTOの男を見てなんか恥ずかしいと言うかむず痒い気持ちになるのは俺だけか?



571 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 19:13:42.95 ID:xBZV6zBTO

>>569
ノシ 俺も恥ずかしい感じになる



570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 19:11:51.29 ID:xBZV6zBTO

男「髪はシャンプーな匂いだねえ…いい匂いだよ」
女「うひゃうっ…この上はこの89小銃で反撃をっ……あれ?」
男「三等兵さん、スリング背中に回してるときは、銃奪われないように注意したほうがいいよ
今も絡んで身動きとれなだろうし」
女「ご、ご指導感謝するでありますっ!」
男「ちょっぴし夏蜜柑みたいな汗の匂いだった」
女「うひゃうっ!わあああっ」
男「あ、そんな真っ赤な顔して走ると…」
女「恥ずかしくて死ぬでありまぁぁぁす!うぅぅぅぅ」(ばったーん)
男「あ~あ、倒れちゃった」



574 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 19:21:05.70 ID:fU2CvTfB0

>>571
ワロタwwww



572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 19:16:56.16 ID:zzDOKX0H0

男「メリークリスマス」
女「む、もうそんな日でありましたか」
男「あれ? なんか素っ気無いね」
女「はっ、自分は仏教徒ですので、他宗教の行事にはあまり興味がないであります」

男「あ、そう。なーんだ、折角ケーキ買ってきたんだ、け、ど、な」(ちらっ)
女「う……」
男「うん、仕方ないよね! これは俺が一人で食べる事にしよう」(かぱっ)
女「あ……えっと、そのっ、自分は、自分はっ」

男「あーあー、いいからいいから。ごめんねー無理言っちゃって。
  ヒンズー教の人に牛食えって言うようなモンだもんねー」(ちらっ)

女「あの……その」
男「ん? なになに?」
女「……であります」
男「聞こえないなー? ちゃんとハッキリ言ってよ」

女「……じ自分も、そのっ、けっ、ケケケーキが食べたいでありますっ!!」

-------------

女「大体ですね、ケーキ自体に罪はないのでありましてですね……」(もぐもぐ)
男「そうだね」
女「男殿は意地悪であります。自分が甘い物が好きと知っていながらこの仕打ち」
男(だってイジワルしたくなるんだもんなー) 



573 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 19:20:44.59 ID:G/xs6eDjO

>>572おかえり



581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 20:08:48.01 ID:zzDOKX0H0

少し遊んでみよう

男「はいどうぞ。少し片付けただけだから汚いけど」
女「失礼しますっ!!」
男「お茶持ってくるから少し待ってて」(がちゃ)
女「はっ! 有難うございますっ!!」

女(男殿の部屋にいるというだけで胸が高鳴るであります)

女(む、すでに五分経過……なかなか戻ってこないであります)

女(……退屈であります)

女(色々とモノが置いてあるであります……はっ、じ、じじ自分は今何を……)

女(ちょっとだけ、ちょっとだけ探索するであります)

1.ベッドの上
2.ベッドの下

>>582



582 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 20:10:22.34 ID:G/xs6eDjO

俺は1を選ぶぜ!



583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 20:11:03.43 ID:zzDOKX0H0

>>5821.ベッドの上

女(む、ベッドの上……これは、クッションにしては少し大きいでありますな。
  も、もしや、これが抱き枕という物でありますか)

女「……」(ぎゅむ)

女(な、なんという抱き心地でありますかっ、これはっ!!)
  男殿はいつもコレを抱いて寝ているでありますか……)

女(くんくん、お、お、男殿の残り香がするであります……!
  男殿は、何を考えながらこれを抱いて眠っているのでしょうか)

女「(ぼそっ)実は、自分の事、だったりして……」(ぼっ)

女「きょわーーっ!! 男殿っ、男殿っ、自分はっ、自分はーーっ!!」(ごろごろ)

男「いやーごめんお茶っ葉切らしててさ──」(ガチャ)
女「ダメでありますっ! ダメでありますーーっ!!」(ごろごろ)
男「……」
女「……はっ!?」
男「おほん」

女「よし、点検終わり! この部屋に危険物は無い模様でありますっ!!」
男「……お茶にしようか」
女「は、はっ!!」(ここから今すぐ消えてなくなりたいでありますっ!!)



584 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 20:13:12.61 ID:G/xs6eDjO

>>583
すごく萌えた。



595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 21:11:54.16 ID:zzDOKX0H0

>>583続き
男「……」(ずずず)
女(沈黙が重たいであります……)
男「……で? 何してたの」
女「え、と……その。危険物の捜索をしていただけでありまして」
男「ふぅん。危険人物は居たみたいだけどね」(ずずず)

女(ひーっ、完璧に怒髪天を突いているでありますっ!)
男「で、何してたの?」 
女「……お、男殿?」
男「……」(ずずず)
女「お、怒らずに聞いて欲しいでありますっ! 自分少し浮かれて、そのっ! あのっ!」

男「……ちょっと、こっち来て」(ぽんぽん)
女「は、はっ……し、失礼しますっ!」(ちょこん)
男「……」(ぎゅ)
女「あwせdrftghyふじこlp;@」

男「うん、いい匂い」(ぐりぐり)
女「お、おおおおお男殿っ!? ダメでありますっ! ダメでありますっ!!」

男「なるほど、そういう妄想をしていたワケだ」(ニヤニヤ)
女「はっ!? お、男殿は、やはり意地が悪いでありますっ!!
  ゆゆゆ誘導尋問とはまた卑劣な……っ!」

男「人聞きの悪い事言うなよ。……ま、俺も似たようなもんだ」
女「……そ、それはどういう意味でありますかっ!?」
男「いんや、想像に任せるよ」
女「……」(ぼっ)



586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 20:13:36.44 ID:zzDOKX0H0

おまけ 2.ベッドの下の場合

女「おや、ベッドの下に本が散乱してるであります。まったく、
  片付けたと言いながら、単にここに押し込めただけではないですか」(すっ)

女「ん? こ、こ、こ、こ、こ……これはっ!?」(ぺらっ)

女「なな、なんたる破廉恥!! これは由々しき事態であります!」(ぺらっ)
女「けしからん! 非常にけしからん内容であります!」(ぺらっ)

女「……男殿はこんな本を読んで、こ、興奮しているでありますか」

男「いやーごめん、お茶の葉切らしててさ、買出しに……ってギャーーー!!」
女「おぎゃーーーっ!? お、お、男殿っ!?」
男「何してんだよ、返せっ!!」
女「……!」
男「早く返してってば!」

女「貴様っ! 日本男児たるものがこんな破廉恥な本を読んでいいと思ってるのか!!」
男(ええええ!? 逆ギレ!?)
女「どれもこれも検閲以前の問題! 論外! 全て焼却処分するっ!」
男「ちょ、それだけはっ! それだけはどうかご勘弁をっ!!」

女「まあ今日は目を瞑っておいてやる、いいか、次見つけた時は知らんぞ!」
男「は、ははぁーーっ!!」

男(つーかなんで俺が怒られてるんだ……?)
女(なんとか誤魔化せたであります……)



587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 20:28:50.00 ID:G/xs6eDjO

保守であります!!



589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 20:38:06.23 ID:YU8NQn/W0

良スレだぁ



597 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 21:24:36.58 ID:G/xs6eDjO

占い
女「男殿ーーーーっ!!」
男「おはよう。朝から元気だね、でも、往来で大声を出すのはどうかと思うよ」
女「は、はっ!!も、申し訳ありません!!男殿の後ろ姿を見たら自分、いてもたってもいられなくなってしまい……」
男「よし。わかったから少し落ち着こう、はい。深呼吸」
女「り、了解であります!!すぅーー……はぁーー……」
男「はい。良くできました。で、今日はいつになく慌て、どうしたの?」
女「そ、そうでありました。男殿は今朝の『おめざめテレビ』はご覧になられましたか??」
男「いや、見てないけど」
女「そ、その、申し上げ難いのですが、今日の男殿の運勢は最悪でありました!!」
男「えー……それを言うために急いでたの?」
女「め、めめ、滅相もありません!!つ、つつづ、続きがあるであります!!」
男「続き?」
女「そ、その…………ふ、不運をかかか、きゃい、回避するには、わ、わた、わたわた、わたきゅ」
男「女さんの傍にいればいいのかな?」
女「であります!!」
男「ならいつも通りだね」
女「へ…………?」
男「でしょ?」
女「あ、そ、そうでありますね。えへへ」
男(いい子だなぁ)



607 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 22:12:17.49 ID:zzDOKX0H0

スレの最後まで居られないし遊ばせてもらう

男「今年から修学旅行、選択式になったんだって」
女「真でありますかっ!?」
男「うん。さて、何ヶ所かあるみたいなんだけど、ドコにしようかなぁ」

女「じ、自分はっ! 男殿が行かれる場所であればっ!
  それが例え銃弾乱れ飛ぶ激戦地であろうともお供する次第でありますっ!!」
男「ああ、そ、そう……んじゃ、どこ行こうか?」
女「は? と、言いますと?」

男「俺も一緒ならどこでもいいし」
女「えぅっ、あっ、そそそ、そうでありますかっ。で、では……」

1 沖縄
2 北海道
3 某ネズミの国

>>608



608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 22:13:42.09 ID:imfZwz7o0

沖縄



611 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 22:17:53.16 ID:zzDOKX0H0

>>608
男「んじゃ沖縄に行くって事で」
女「今から楽しみであります!」



612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 22:19:54.66 ID:Gwo1FIGq0

wktk



616 名前:修学旅行1[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 22:24:51.18 ID:zzDOKX0H0

男「飛行機乗るの久しぶりだなぁ」
女「そ、そうでありますか……」
男「あれ? 元気ないね」
女「いえっ、そんな事は、まったく!」

男「なんか挙動不審なんだけど……もしかして飛行機乗った事ない?」
女「ぐはっ!?」
男「図星だったみたいね……」

(機内)
女「……」(カチコチ)
男「そんな固くならなくていいと思うんだけど」
女「し、しかしでありますね……どうにもこう、鉄の塊が宙に浮くという事が
  俄かには信じがたいのであります!」

『本機は間も無く離陸体勢に入ります。シートベルトを着用の上──』

女「ひっ……!」
男「まだ滑走路に移動してるだけなんだけどなー」
女「こ、こ、こわ、怖いでありますーーっ! 君死にたまう事なかれーーーーっ!!」
男「こら、他の皆が驚いてるから」
女「はっ、申し訳ありません、つい取り乱してしまったであります……」

男「そんなに怖いなら、手繋いでてあげるから。ね」
女「っ!? あ、あり難き幸せであります……」 

他生徒『うぜぇ……』



617 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 22:26:30.28 ID:jBEtGvrM0

>>616
他生徒ひがみwwwww



618 名前:修学旅行2[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 22:33:59.16 ID:zzDOKX0H0

『間も無く、本機は目的地に向かって──』

男「ほら、外見てみ」
女「お、おおおおおっ!? う、海が青いでありますっ! 凄いであります!」
男「キレイだね」
女「まったくであります!」

男「……」
女(はっ!? 思わず身を乗り出してしまって、男殿の腕の中にスッポリと!!)

男「ん? そんなに見たいなら席代わろうか?」
女「いえっ、そこまでしてもらう程ではっ!!」
男「んー、それじゃあこうしよう」
女「何かいい案でもあるのでありますか?」

男「はい、俺の膝の上に乗って」
女「……は? い、今なんと?」
男「上官命令だ。乗りたまえ」
女「うっ、こういう時だけ、ズルいであります」
男「いいからいいから」
女「はっ、では失礼して」(ちょこん)

男「着陸が近くなったら元の席に戻ってね」
女「りょ、了解でありますっ!!」
男「キレイだなー」
女「いやはや、まったくであります!」

他生徒『死ねよお前ら……』



619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 22:36:38.03 ID:rggaEmEX0

同じクラスにこんなんがいたら男を呪うな、俺は



620 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 22:38:31.91 ID:Gwo1FIGq0

確かに、呪いたくなるわww



626 名前:修学旅行3[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 22:50:41.23 ID:zzDOKX0H0

男「沖縄なんて行った事ないから描写すっ飛ばして夜」
女「誰に言ってるでありますか?」

男「いや、何でも。それより女子は風呂の時間だろ?」
女「はっ、今から向かう所であります!!」
男「うん。行ってらっしゃい」
女「はっ!!」

友「覗かないか」
男「承知」

友「これより作戦会議に入る! まずはこの旅館の見取り図だ」
男「いつの間に……」
友「貴様ッ!! 誰に向かって口を聞いているかッ!!」
男「えっ?」
友「一瞬の油断が死を生む! まぬけ面を晒す暇があったら
  そのカケラ程しかない脳みそを集中させて俺の話を聞けッ! このクズが!」
男(なんだよそのテンションは……)

友「──諸事情により以上で本作戦のブリーフィングを終了する!
  目的地到達後の行動は各自の判断に委ねる! 諸君らの健闘を祈る!」

全員『はっ!!』(ざざっ)

男(なんだかなぁ……)



628 名前:修学旅行4[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 22:59:02.32 ID:zzDOKX0H0

男(クソ、蚊がうじゃうじゃいやがる)

男(あっちこっちに他の男子の姿が見えるな。怪しさ満点だ)
  
『──』

男(ん? 声が聞こえるな。あっちか!)

『──でありますっ!』

男(流石に声がでかいだけはあるな。アイツの声だけハッキリ聞こえる)

『で、男くんとどこまで行ったの?』
『飛行機の中とかもう、男子連中の嫉妬の炎で渦巻いてたもんねー』
『えぅっ!? そ、そうだったでありますかっ!!』

男(やっぱりアレはやり過ぎだったよな、うん。つかやべえ緊張してきたあああ!!)

ガサッ

『む、曲者!』

男(っ!)

『貴様ッ! ここで何をやっている!?』

男(やべ、見つかった!)



629 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 23:03:55.88 ID:rggaEmEX0

柵穴過重量転倒のゴールデンパターンじゃないのな
wktk



630 名前:修学旅行5[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 23:05:57.44 ID:zzDOKX0H0

友「ひ、ひーっ! 命ばかりは何卒、何卒っ!!」
女「貴様……今更命乞いとは! それでも日本男児かっ!!」

男(張本人が捕まってやがる……馬鹿め)

友「お慈悲っ!! お慈悲をっ!」
女「戻ったら軍法会議にかけて洗いざらい喋ってもらうからな!
  じわじわと詰問してやるから覚悟しておけっ!!」
友「ひーーっ!!」

男(これは……逃げた方がいいな)

パキッ

男(!!)
女「む! まだ居たか! 両手を上げて出て来いっ!!」

男「……」
女「お、お、お、男殿っ!? こ、こココで何をしてるでありますかっ!?」

友「あいつですっ! あいつがこの事件の首謀者ですっ!!」
男(何いいいいいいいいっ!? てめええええええっ!! 後で殺す!)

女「そ、そうなのでありますかっ!?」
男「違う、俺はあいつにそそのかされて!」
友「二つ返事でOKしたじゃないかっ!!」
男「それは言うなっ!!」



635 名前:修学旅行6[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 23:14:33.33 ID:zzDOKX0H0

女「まさか男殿まで……へ、へくちっ!」(ぱらっ)
男「あっ!」
友「ktkr」
男「ていっ」(びすっ)
友「目が!」

女「あわわわわわ」
男「早く! 早くタオル巻いて!」
女「は、はっ!!」

男「──もうそっち向いても大丈夫?」
女「は、大丈夫であります!」
男「えーと……」
女「……」
男「あの、怒ってる?」

女「勿論怒ってるであります」
男「う……ごめんなさい」
女「……とりあえず部屋に戻るであります。また後ほど」

男「……あーーっ、どうしよう……」


友「ちっ、邪魔しやがって」
男「完全に目を潰されなかっただけ有難いと思え」



644 名前:修学旅行7[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 23:30:10.02 ID:zzDOKX0H0

男「……」(正座中)
女「何か言いたい事は」
男「あの、他の女子は何と」

女「それに関して貴様があれこれ考える必要はない」
男「はい……(こえぇ……こんな性格だっけ?)」

女「自分が先に察知していなければ、どうなっていたか分かるか」
男「え、と……先生にバレて、謹慎?」
女「その通りだ。無い脳みその割に頭が回るではないか」
男「はっ……申し訳ありません」

女「……」(じーっ)
男(ゴクリ)

女「自分が怒ってるのは、その、ほっ他の女子の裸も見ようとしてた事であります」
男「へ?」
女「でっ、ですから、その。ダメなんでありますっ!」
男「ごめん、意味が分からないんだけど」
女「他の女子の豊満な肉体に目を取られたら色々と弊害が生じるからでありましてっ、
  とにかくっ、こういう事はしちゃダメなのでありますっ!」
男「あー……うん。ごめん。反省してる」



645 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 23:32:13.83 ID:vA77HniZ0

修学旅行と言えばこのネタだろう
都市伝説な気もするけど

(みんなで布団かぶって)
女A「2組のF君カッコイイよねー」
女B「えーそう? 私はK君の方がいいと思うけどなー。Cちゃんは?」
女C「わ、私はうちのクラスのN君が・・・」
女B「えー意外ー!」
女 (つ、次は自分の番であります・・・! き、緊張であります!)
女A「Dちゃんは?」
女D「んー私はねえ・・・」
女 「はうあ! 飛ばされたであります!?」
女A「え、だってさあ」
女一同「ねえ」
女 「な、なんでありますかそのニヤニヤ笑いは! せ、説明を要求するであります!」

オチはない



646 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 23:35:31.68 ID:zzDOKX0H0

>>645
そのくらいに留めておけばよかったと書いてから後悔中



647 名前:修学旅行ラスト[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 23:37:57.44 ID:zzDOKX0H0

女「そうそう、他の女子には名前を伏せてるので安心して欲しいであります」
男「そうして貰えると助かる」

女「その……男子はいつもそういう事を考えてるでありますか?」
男「その点については否定はできない」

女「じ、じじ自分はっ、男殿一筋でありますからしてっ、
  お望みとあらば、その、裸を晒すのも辞さない覚悟でありますので!」

男「……とりあえず、ご馳走様でした」
女「?」
男「くしゃみ」

女「あっ……!! み、みみみ見てたでありますかっ!?」
男「そりゃもうバッチリ」

女「(ぼっ)つ、次からは先に言って欲しいでありますっ!
  自分にも心の準備というものがありますからしてっ!」
男「ああ、うん、ごめん」


他生徒『くそ、殺してぇ……』



649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 23:40:13.17 ID:lzckjtKJ0

>>647
あれ?俺いつ文章の中に入れる手に入れたっけ?



650 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 23:43:07.85 ID:cZT7xhFg0

>>647
あれ、俺が出てる?



651 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 23:44:06.85 ID:Cw+JgsR7O

あれ?



653 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 23:44:51.32 ID:imfZwz7o0

あれ?



654 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 23:47:31.10 ID:XnS8msCG0

あれ?



655 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/21(木) 23:47:44.15 ID:UR2SMECV0

お前らひがみすぎwwww

あれ?なんか俺が(ry



656 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 23:48:23.67 ID:cZT7xhFg0

よし、みんな、近くにある風呂覗くんだ!
今だったら時空の壁が超えて三等兵が風呂に入ってるかもしれない!



658 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 23:49:37.30 ID:fFxIxd+q0

しかしそこには>>656の祖母の姿が!!



659 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 23:49:50.28 ID:Gwo1FIGq0

>>656-658
フイタwwwwwwwwwwwwwww



666 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/21(木) 23:57:51.79 ID:cZT7xhFg0

>>658
俺、ばあちゃん二人とも死んだんだ。
父方は脳卒中で死んだから最後の挨拶できなかったし、
母方の方は最後はボケちゃって俺が誰かも解らなかった。
だから、もう一度会えるんだったら、凄く嬉しいよ。



671 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/22(金) 00:11:15.52 ID:St/xTwCy0

>>666
俺の父方のばあちゃんもボケちゃってておれの名前さえも思い出してくれなかったっけ・・
母方は俺が生まれた時にはもうあっちの世界に行ってた

明日はリアルに兄貴の結婚式、天国でばあちゃんが兄貴達を祝福してくれるといいな・・



672 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/22(金) 00:15:22.46 ID:LvnpeCuB0

いつの間にかしんみりしたスレになってるぞww



676 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/22(金) 00:29:05.08 ID:eHwTGkCpO

夏祭り
一週間前
男「あ」
女「ほ?」
男「来週の土日、暇かな?」
女「じ、自分は男殿に暇かと尋ねられれば授業中であろうと暇と答える所存であります!!」
男「花火見に行こっか?」
女「じ、じじ、自分と、でありますか!?」
男「話の流れからして、女さんだよ」
女「は、はわ……で、でーとでありますぅ……」
男(誘う度にこれか……中々慣れないもんだな)

当日
女「お、男殿…………」
男「ん、あぁ。女さん今晩は。って、浴衣!!?」
女「は、母上が着て行けと!じ、自分は普段通りで良いと言ったのですが……その……やはりおかしいでしょうか?」
男「惚れ直した」
女「ぎゃわーーー!!お、男殿、な、なんて」
男「本当に可愛いよ。てか、隣に女さんが居たら花火見れないかも。」
女「お、男殿の目は、ふ、ふ節穴であります!!」
男「ほら、行こう?いい場所取ってあるから」
女「は、はいであります!!」

ドーン……ぱらぱらぱら……
女(じ、自分も花火なんか見えないでありますよ……//)



677 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/22(金) 00:29:21.45 ID:LvnpeCuB0

お題「夏祭り」

女「凄い賑わいであります!」
男「そうだなぁ」
女「あっ! 男殿! 二時の方向に焼きそば屋を発見でありますっ!!」
男「こらこら、走るな」
女「はっ、申し訳ありません。はふはふ」
男「もう食べてるのかよ」

女「む、男殿っ! 射的であります!」
男「やってみようか」
女「自分、射的は得意中の得意であります!」
男「よし、その実力の程。見せてもらおうじゃないの」

すぽんっ ぽんっ ぽんっ

親父「おじょうちゃん凄いなぁ! オジサン商売上がったりだよ!」

男「すごいな、景品がザクザクだ」
女「少しは見直してくれたでありますか?」
男「うん、見直した。浴衣も似合ってるしね」
女「お、お喜び頂いたのであればさっささ幸いでありますっ!!」

男「もうちょい色々見て回ろう」
女「こうなったら全屋台を制圧するでありますっ!」
男「それは財布的に無理です」
女「し、失言でありました……」



686 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/22(金) 01:16:17.80 ID:Gv3nF6/MO

良スレ保守であります



690 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/22(金) 01:23:35.06 ID:LvnpeCuB0

お題「にんじん」

『お待たせしました、オムライスでございます』

男「いただきまーす」
女「いただくでありますっ!!」

男「……ん?」
女「ど、どうしたでありますか?」
男「いや、ニンジンよけてるみたいに見えるんだけど……もしかして嫌いなの?」

女「えっ!? こ、ここここれは違うでありますっ!
  自分、すっ好きなオカズはささ最後まで取っておくタタタタタイプでありまして!」

男「ふぅん……」
女「ほほ、ホントでありますよっ? ちゃんと食べるでありますよ!?」
男「ちゃんと見てるからね」
女「う……た、食べればいいんでありますねっ!? うぅ……」(ぷるぷる)
男「どうしたの? 手が震えてるけど」

女「ぐす、男殿がまた意地悪モードであります……分かってて自分をいじめるであります……」
男(くそぅ、そんな顔されたらますます意地悪したくなるじゃないか)



701 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/22(金) 01:48:49.72 ID:LvnpeCuB0

男「ほら、ちゃんと自分の口で言ってごらん」
女「あの、その……」

男「言ってくれないとしてあげないよ? ん?」
女「お、お、お……男殿に……」

男「……俺に?」

女「おおお男殿にっ、い、い、いっぱいして欲しいでありますっ!!」
男「よしよし、ちゃんと言えたね」

女「お願いであります、あまり激しくしないで欲しいであります……」
男「分かってる、優しくしてあげるから」


女「うあっ……」
男「気持ちいい?」
女「はひ……気持ちいいであります……」
男「こういうのはどうかな?」
女「あっ!? そこっ、そこでありましゅっ!!」


男「あー、疲れた」
女「ご協力感謝します! 男殿のおかげですっかり肩こりが取れたであります!!」
男「俺が肩こった時はよろしく」
女「はっ!! 了解でありますっ!!」


エロ?ねーよwwwwwwwww



702 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/22(金) 01:52:12.22 ID:NfQH92xQ0

>>701
むしろ前半のセリフがねーよwww



704 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/22(金) 01:55:44.94 ID:0Sn5H5Dh0

おっきした



707 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/22(金) 02:09:44.48 ID:LvnpeCuB0

お題「煎餅」

コツ コツ クルッ コツ コツ クルッ

男「……さて、吐く気になったかね」
女「……」
男「やれやれ、この期に及んでまだ口を割らないか」

女「自分は、自分は無実でありますっ!! これは何かの陰謀でありますっ!!」
男「裏切り者は皆そう言うのだよ」
女「自分は、何も裏切ってなど……っ!」

男「私はね……そうやって、シラを切る人間が一番許せないのだよ!」(ずいっ)
女「……っ!!」

男「私としては女性に対し手荒なマネはしたくないのだが……仕方あるまい」
女「な、何をするつもりでありますかっ!?」

男「……こうするのだよっ!!!」(こちょこちょこちょこちょ)
女「ひっ……あひゃひゃひゃひゃひゃ!! や、ダメ……っうひゃひゃひゃひゃ!!」

男「食い物の恨みは恐ろしいんだぞっ! 俺のぽたぽた焼き食っただろ!
  正直に言わないとずっとくすぐるぞっ!?」(こちょこちょこちょ)
女「食べたでありますっ!! ごめんなさいでありますーーっ!!!
  だからもうやめ……あひゃひゃひゃひゃひゃ!!」

男「まったく、今度やったら承知しないからな」
女「申し訳ないであります……」(ぷしゅー)

他生徒『教室でイチャつきやがって……クソが』



715 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/22(金) 02:31:50.63 ID:LvnpeCuB0

お題「桜」

女「男殿、満開であります!」
男「うん、すごいなぁ」
女「お団子が売ってたであります。むぐむぐ」
男「諺どおりの事やってるなぁ」

女「じ、自分はちゃんと桜も見てるであります! 失敬な!」
男「なるほど、見ながら食べてるから口の周りがあんこだらけなのか」
女「うぇっ!? あわわ……」(ごしごし)

女「まだ付いてたりしないでありますか?」
男「いや、まだ付いてるね」
女「? どこでありますか?」

男「ここ」
女「っ!?」

男「……よし、取れた」
女「ななななな……い、今、じじじ自分に何をしたでありますかっ!?」
男「そうそう、桜の下って死体が埋まってるとかなんとか」
女「はな、話をそそそ逸らさないで欲しいでありますっ!!」

男「女殿のほっぺも桜色でありますなぁ」
女「だから話を逸らさないで欲しいでありますっ!!」
男「うん、甘かったよ」
女「っ!! あばばばばばばっばばばばばばb」(ぷしゅー)
男「あ、壊れた」



729 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/22(金) 02:56:51.09 ID:i4ktQySbO

女「ふぅ…次は体育、着替えであります…」
女友1「……しかし、三等兵ちゃんてさあ、胸大きいよね」
女「(ばっ)いやややっ、ななななな何をおっしゃるでありますっ」
女友2「うん。その上ウエストすっごく細いし。ああ~、この体を自由にしてる男クンがうらやましいわぁ~」
女「いあえいえっ!自分はっ男殿とはそのようなアレはっ!まだっ!健全な交際であるからしてっ!」
女友2「まだ?」 
女友1「じゃあ、そのうちするってことかな~」
女「いえっ!そのっ!そそそ、そ~いう意味ではっ!」
女友1「いいな~、男クンてば、この胸を揉みしだいたり…」
女「そそそぞっその手はなんでありますかっ!なぜわきわきしてるでっありますかっ……」
女友1「ふっふっふっ…覚悟したまえ」
女友2「一度この巨乳をどーにかしてやりたかったんだよね~……えいっ」
女「きゃあっ!いやっ!だめでありますっ!うひゃああああっ」

男「あ、三等兵さん…」
女「男殿~っっっ」(がしっ) 
男「わっ!どうしたん?体操着で抱きつかれましても…」
女「はわっうわっ!自分はもまもま揉まれたでありますっ!セクハラでありますっ!汚されたでありますっ」
男「揉まれたって何処を…聞くまでも無いか。うん………んで今僕はその部位を押しつけられてるわけだが」 
女「……!!はわうわわっ」(ずざざざざっ)
男「うん、やーらかかった。揉みたい気持ちもわかるね」
女「(かーっっ)いえ、その。男殿がごごごくぶっご希望ならいつでもっ」
男「まあ、じゃあ今度人気のないとこでじっくりと」
女「~~~~~!っ」
男「いや、ごめん、冗談だから……」


外野「死にてえ……」



731:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 03:00:26.25 ID:V63QBL/UO

死にてぇ…



734:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 03:05:59.06 ID:rdmKHLiCO

>>729
女さんは絶対筋肉質貧乳派の俺、参上!



735:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 03:09:32.65 ID:eHwTGkCpO

>>734
俺も貧乳だと思ってた



739:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 03:20:52.55 ID:eHwTGkCpO

女「はふぅ……ぺったんこであります……」
男「おはよう。女さん」
女「ひゃいーー!!?お、おと、おこと、男殿ではありませんかーー!!」
男「今日はまた盛大だね」
女「い、いま、いまいまいま、今の、き、ききき、聞いていたでありますか!?」
男「いや、今来たとこだよ」
女「で、ありますか…………ほ」
男「どうしたの?」
女「じ、じじ、じ自分は『このような仙台平野のような胸で、男殿に愛していただく時に恥をかいてしまうのではないか』などということは一切」
男「…………」
女「はうあーーーー!!?じ、自分は何と言うことを!!!こ、これにて失礼させていただくであります……!!」
男「あ、ちょ、女さーん。あー、行っちゃった」
男(胸が小さいのは全然いいけど、通学路で今の話題は……視線が刺さる!)


餓えた男子学徒共『………………』



795:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 07:34:41.85 ID:i4ktQySbO

女「なななななっなにをするでありますかっ!」
男「いや、せっかく一緒に帰ってるのに、なんか考え込んでたから」
女「はっ!も、申し訳ございませんっ」
男「いや、いいんだけどね(笑)でもほら、雨降りそうだし、そろそろ真面目に帰らないと…」
(ざばーーーっ)
女「わ~っ!スコールでありますっ」
男「っと!急ごう。僕んちはスグだけど、三等兵さんちはまだ先だったね」
女「はいっ!しかし大丈夫でありまふっ」(ずるっ)女「ふをーっ」(ばしゃしゃしゃしゃ~)
男「おお…見事なスライディング…」



796:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 07:42:53.51 ID:WKXklbxDO

保守…
終わる瞬間に立ち会えるのだろうか…



797:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 07:43:28.64 ID:i4ktQySbO

女「いえっ!自分は大丈夫で、ふぇっくしゅん」
男「いいからあがってよ。シャワー位貸すから」
女「しかし、そのっ!まだこかけかなしんんがっ!」
男「心の準備はしなくていいっ!……僕、そんな信用ないかな?」 
女(どきっ)「い、いへっ!そそそんな顔をしないでほしいでありますっ、喜んでおじゃますりでありますっ」
男「そうか~(にんまり)」
女「ななななっ!なんでありますかっ!その笑いはっ!はうわわっ、ひ、ひっぱるなでありますっ」
男「は~い、お一人様ごあんな~い♪」



800:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 07:56:36.40 ID:i4ktQySbO

男「か~さん~……いないのか。まあいいや、まずはシャワー、浴びてよ」
女「男殿もびしょぬれでありますっ!先にどうぞでありますっ」
男「いや、そーいうわけにも…じゃあ一緒に入るか」
女「!!っっっそれはダメっ!いえっダメじゃないけどっ!あ~っやっぱりダメでありありますっ!」
男「冗談だよ。ほら、ここが脱衣所。服は適当に探してくるよ」
~~~
女(た、他人のお家のお風呂は緊張するでありますっ……しかも恐らく今は二人っきりきりきりきるるる~っ)
(ぷしゅーっっ)

男「三等兵さ~ん、着替えもってきたから…いや、コンビニまでパンツ買いに行ってて……お~い」



801:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 08:07:23.79 ID:Aq0cnr0+O

保守であります!



803:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 08:23:24.80 ID:Aq0cnr0+O

スレ落ち期限が丸三日だっけ?
だとすると今日の15時18分か…
今800レスまで来てるから、出来れば完走したいなぁ…



834:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 11:09:46.55 ID:eHwTGkCpO

男「ほら、この辺なんてもうこんなに濡れちゃってるよ?」
女「そ、そそ、そんなことはないであります!!」
男「いやいや。あるね、ほら?」
女「あっ!!わ、わざわざ触って確かめなくてもいいであります!!」
男「照れなくてもいいじゃない。ほら、もっと近くにおいで?」
女「は、ははは、恥ずかしいであります……」
男「ダメ。こっちに来い」
女「め、命令口調はずるいであります……」



女「こ、これで……いいでありますか?」
男「ほら、もっと肩寄せないと雨あたっちゃうよ?ていうか、傘俺が持つよ?男なんだし」
女「じ、上官にそのようなことをさせる訳にはいかないであります!!」
男「いや、上官じゃないし」
女「うぅ……」



855:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 12:45:08.52 ID:zBc5akP/O

女「男殿、お体の具合はいかがでありますか?」
男「……」
女「男殿? お食事の時間……男殿?」
男「……」

女「そ……んな……」(ガチャンッ!)
男「……」
女「目を、目を開けるでありますっ!」(ゆさゆさ)
男「……」

女「どうしてでありますかっ!? 自分を、自分を置いていかないで欲しいでありますっ!」(ゆさゆさ)
男「……」

女「うわああぁ……お、男殿ぉ……っ!」
男「……っだーっ! やっかましい! だるいんだから寝かせてくれよっ!」
女「っ!? 男殿、い、生きていたでありますかっ!?」
男「勝手に殺すなっ!」
女「よかったであります! 自分は、自分はっ……」
男(ただの風邪くらいで大袈裟なんだって……)



898:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 14:29:56.57 ID:xV05yx4LO

1000いってほしいような、いかなくても三等兵っぽくて良いような



906:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 14:41:29.09 ID:V63QBL/UO

1000行くかな?



933:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 14:57:46.13 ID:V63QBL/UO

テンパり三等兵殿のことは一生忘れないであります



970:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 15:12:38.56 ID:zBc5akP/O

女「我々は永遠に不滅でありますっ」
男「そうだね、一緒にいようね」



女「じっじじ自分はべべ別にそういうツモツモツモ」
男「はいはい」
女「男殿は何気にドライであります、自分、遺憾に思うであります」
男「何? ベタベタした方がいい?」
女「そそそういう話じゃないでありますからしてー!」


他生徒「最後までアレかよ……」



971:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 15:12:56.99 ID:Gv3nF6/MO

>>1乙!楽しかった!



972:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 15:13:00.04 ID:C4nOF3AhO

とてもよかった



974:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 15:13:19.13 ID:eHwTGkCpO

感慨深し



999:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/22(金) 15:15:10.35 ID:k1z0bY920

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::...... ...   --─-  :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::..   (___ )(___ ) ::::。::::::::::::::::: ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::........ . .::::::::::::::::: _ i/ = =ヽi :::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
:::: :::::::::.....:☆彡::::   //[||    」  ||]  ::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: :::: / ヘ | |  ____,ヽ | | :::::::::::.... .... .. .::::::::::::::
::::::...゜ . .:::::::::  /ヽ ノ    ヽ__/  ....... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .     く  /     三三三∠⌒>:.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:.... . ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧ .... .... .. .:.... .... ..... .... .. .
... ..:(   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ栄光あれ… ..........
....  i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ / .. ..... ................... .. . ...
..   三  |   三  |   三  |   三 |  ... ............. ........... . .....
...  ∪ ∪   ∪ ∪   ∪ ∪  ∪ ∪ ............. ............. .. ........ ...
  三三  三三  三三   三三
 三三  三三  三三   三三



1001:1001 :Over 1000 Thread

 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +        このスレッドは1000を超えました。
     〈_} )   |                                次スレも…VIPクオリティ!!
        /    ! +    。     +    +     *         http://wwwww.2ch.net/news4vip/
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――  

VIPがT-bananaを落とすことは不可能 FOX★





ロボット三等兵(1巻)



『聞かないでください』

新ジャンル「家出少女」
新ジャンル「ヴィジュアル系ヤクザ」
新ジャンル「蒼星石になって、男くんにご奉仕したいよぅ・・・」
新ジャンル『ロリ校長』
新ジャンル「照れ卑猥」

新ジャンル「ドラクエ」
新ジャンル「頭のよわい子」
新ジャンル「ティウンデレ」
新ジャンル「常に低体温症」
新ジャンル「こんな事もあろうかと」

新ジャンル「素のハルヒ」
新ジャンル「しちゃった」
新ジャンル「DOQ妹」
新ジャンル「たばこ」
新ジャンル「悪役好き」

新春ジャンル「お正月」


このWebページのtweets

2007/06/22(金) 17:02|特選VIPCM:107TB:0Topこの記事をはてなブックマークに追加 このエントリをつぶやく

<<スペック安価でロボ絵描きますホーム新ジャンル「家出少女」>>

最新の記事

2017.09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫2017.11

人気記事の一覧を見る全記事一覧を見るTop

トラックバック

    トラックバックURL

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

  1. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/22(金) 17:07 ID:-No.9285

  2. 1!
    なんかケロロ軍曹思い出した

  3. 名前:ニヒル 投稿日:2007/06/22(金) 17:30 ID:-No.9287

  4. 萌えを感じたであります!!

  5. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/22(金) 17:55 ID:v0Rd80C6No.9288

  6. GJであります!!
    ちなみに自分は貧乳派であります!!

  7. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/22(金) 18:03 ID:-No.9289

  8. 最初のほうはよかったんだがな

  9. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/22(金) 18:06 ID:-No.9290

  10. 新ジャンル系でハマったの初めてだ!!

  11. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/22(金) 18:10 ID:-No.9291

  12. ほわああああああああああ!
    とかいう女がかわいすぐるのであります!

  13. 名前:  投稿日:2007/06/22(金) 18:17 ID:-No.9292

  14. パッパラの桜花思い出した
    でも声はケロロで再生される
    おかしいですよカテジナさん

  15. 名前:通販さん@賛成です 投稿日:2007/06/22(金) 18:19 ID:-No.9293

  16. うたわれのトウカだよな
    しかし画像に萌えた

  17. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/22(金) 18:19 ID:-No.9294

  18. いやぁ長かったけどよかった

  19. 名前:「名無しな私はいつでも名無し」 投稿日:2007/06/22(金) 18:25 ID:-No.9295

  20. 文才があるから良かったと思う

    ・・・実際いたらイヤだな

  21. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/22(金) 18:54 ID:-No.9296

  22. CV:青山ゆかり

  23. 名前:名無し!! 投稿日:2007/06/22(金) 18:56 ID:-No.9297

  24. 萌えた
    なんとなくテッサに対するソースケを思い出した

  25. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/22(金) 19:10 ID:-No.9298

  26. 男になりてええ

  27. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/22(金) 19:37 ID:-No.9299

  28. 俺の脳内三等兵の声が皆とかぶり過ぎてワロタww

  29. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/22(金) 20:21 ID:-No.9301

  30. これはクオリティ高いであります!

  31. 名前:キロル 投稿日:2007/06/22(金) 20:30 ID:-No.9302

  32. 軍人キタコレ!
    やっぱケロロを思い出してしまう(泣
    声もケロロになってたよ(頭の中で

  33. 名前:ガラスの破片 投稿日:2007/06/22(金) 20:43 ID:-No.9303

  34. ヤバイ!コレ読み終えて、このテンパってる子が、ギ○ロや、クラウ○ーと戦ったらどちらが強いだろって変な妄想してしまった~(泣
    内容はかなりよかった!

  35. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/22(金) 20:44 ID:-No.9304

  36. もも子意外に聞こえない

    やっべ1時間強も読んでた

  37. 名前:カルマ 投稿日:2007/06/22(金) 21:11 ID:-No.9306

  38. すごく面白い!!!!!!!
    笑いがとまらない!!!!
    >>319
    blood+かよwwwww
    小夜かよwwwwww
    米17
    確かに気になった
    一体どっちが強いんだろ?


  39. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/22(金) 22:11 ID:mQop/nM.No.9308

  40. 他生徒A「戦場での惚気話は死亡フラグだったよな・・・というか死ねばいいのに」

  41. 名前:  投稿日:2007/06/22(金) 22:40 ID:-No.9309

  42. 何と言う生殺し…

  43. 名前:ギルド 投稿日:2007/06/22(金) 22:43 ID:-No.9310

  44. 米11
    いやいや、
    渡辺久美子だろ?

  45. 名前:名無し@明日告白するんだ。。 投稿日:2007/06/22(金) 22:49 ID:-No.9311

  46. なんか、最初の方みてて矢部君(パワプロ)思い出したのは俺だけかぇ?

  47. 名前:  投稿日:2007/06/22(金) 22:58 ID:-No.9313

  48. マイナーだけど、キャラは4コマ漫画のエスピー都で、声はアリス少尉で変換された

  49. 名前:いらないこ 投稿日:2007/06/22(金) 23:07 ID:-No.9314

  50. いやっほぉぉぉうぅぅぅぅ!!
    テンパり最高ぅぅぅぅ!!

    萌えますた><

  51. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/22(金) 23:35 ID:-No.9315

  52. 良かった…けどちょっと長すぎ。
    序盤の他住人が書いた性格違うヤツいらなくね?

  53. 名前:Hollow 投稿日:2007/06/23(土) 00:08 ID:-No.9317

  54. 478の続きが気になる

  55. 名前:名無しさん 投稿日:2007/06/23(土) 00:21 ID:-No.9319

  56. ㍉子とはまた違う魅力がある。

  57. 名前:名無し!! 投稿日:2007/06/23(土) 00:45 ID:-No.9320

  58. 何という女宗介…しかし萌えた

  59. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/23(土) 00:59 ID:mQop/nM.No.9321

  60. 長かったが読みふけってしまった

    ふもっふ!

  61. 名前:   投稿日:2007/06/23(土) 01:06 ID:-No.9322

  62. 松野明美を創造してしまって萎えた

  63. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/23(土) 01:45 ID:-No.9328

  64. 女は美人で電波な方がいい

  65. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/23(土) 02:20 ID:-No.9330

  66. これはいい

    長いな・・・orz
    おにぎり食ってくる

  67. 名前:通販さん@賛成です 投稿日:2007/06/23(土) 03:02 ID:-No.9333

  68. いいねつーかねたみ多すぎダロwwwwww

  69. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/23(土) 03:59 ID:-No.9335

  70. これは久々にきたであります!

  71. 名前:  投稿日:2007/06/23(土) 04:02 ID:-No.9336

  72. >>479は?

  73. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/23(土) 11:58 ID:-No.9343

  74. ※23俺は逆転裁判の原灰巡査
    思い出したけど

  75. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/23(土) 12:55 ID:-No.9344

  76. sage保守ワロタ

  77. 名前:名無しさん 投稿日:2007/06/23(土) 14:11 ID:-No.9346

  78. 米欄に厨房が湧いてるな

  79. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/23(土) 14:18 ID:-No.9347

  80. ※エロ注意

     「パンッパンッパン」

    女「いいであります!いいであります!!」

  81. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/23(土) 16:26 ID:-No.9349

  82. 三等兵って存在したっけ?

  83. 名前:カロン 投稿日:2007/06/23(土) 16:56 ID:-No.9351

  84. 米39
    そういうアンタも厨房wwwwwww
    意見のある者はいいたまえ


    感想
    面白かった
    第二章作って欲しいなぁ

  85. 名前:名無しさん 投稿日:2007/06/23(土) 22:36 ID:-No.9354

  86. 結局>>479の続きはどうなったのだろうか

  87. 名前:名無しさん 投稿日:2007/06/23(土) 23:22 ID:-No.9355

  88. 米42
    人を馬鹿にしてるおまえが言えたことじゃない

  89. 名前:  投稿日:2007/06/24(日) 01:32 ID:-No.9360

  90. ※43
    それは俺も気掛かりだ。
    あの作者の焦らし方ときたらw

  91. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/24(日) 02:19 ID:-No.9362

  92. 1の文章が一番いいな

  93. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/24(日) 02:31 ID:-No.9364

  94. 米46
    同意。1が一番面白かった
    ほとんど動じない男とかってにテンパる女の掛け合いがいい!

  95. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/24(日) 02:37 ID:-No.9366

  96. 逆転裁判1の蘇る逆転に出たお巡りさん…ハラバイを思い出した(笑)

  97. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/24(日) 12:29 ID:-No.9372

  98. これ載ると思ってたw

  99. 名前:ななしカナ? 投稿日:2007/06/24(日) 15:33 ID:-No.9381

  100. 他生徒の僻みがよく分かるw
    男!氏になさいじゃなくて死になぁさぁーいw

  101. 名前:カロン 投稿日:2007/06/24(日) 20:01 ID:-No.9384

  102. 米44
    あっそwwww
    米50
    KICK☆ですか?

  103. 名前:名無しさん 投稿日:2007/06/24(日) 22:38 ID:-No.9386

  104. 米51
    さよなら

  105. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/24(日) 22:42 ID:-No.9387

  106. これはいいww

  107. 名前:AS 投稿日:2007/06/25(月) 07:29 ID:-No.9389

  108. >>253
    あー風鈴寺空か。金田まひるだったな。

  109. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/25(月) 14:59 ID:-No.9390

  110. 制圧銃ってゴムスタン弾をつかって銃のことを言うんだろ?

  111. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/25(月) 15:01 ID:-No.9391

  112. あと三等兵なんてないよ。最下は二等兵

  113. 名前:名無しさん 投稿日:2007/06/25(月) 15:34 ID:-No.9392

  114. 最下級の二等兵よりさらに下。つまり庶民のことをあらわすとロボット三等兵を見た教授が言ってた

  115. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/25(月) 18:20 ID:-No.9395

  116. 4コマ漫画にしてほしいなw

  117. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/25(月) 18:34 ID:-No.9396

  118. これは新しいw

  119. 名前:ムスカ代理 投稿日:2007/06/25(月) 22:29 ID:-No.9403

  120. >>>319
    「どっから出したのさ、そんなの!?異次元!?」
    ドラえもんか!
    「女子高生が刀って」
    小夜か!
    「飛天三剣流奥義」
    剣心か!
    それ以前に、ありえんとは思わんかね?
    日本では、「銃刀法違反」という物があるのではないのかね?
    そして、それだけの腕なら、三等兵には留まらず、伍長くらいにはなっていてもおかしくないと思うのだが、どうかね?

  121. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/25(月) 23:16 ID:-No.9406

  122. 別に兵器のうんちく聞きたくて見るワケじゃない
    突撃銃云々の話はいらん

  123. 名前:ダレカ 投稿日:2007/06/25(月) 23:42 ID:Y1EGV3zINo.9407

  124. 715ってどういう意味?
    さっぱりわかんないんだけど・・・

  125. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/26(火) 10:47 ID:Y17400wENo.9409

  126. 絵が好きじゃないな

  127. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/26(火) 22:59 ID:-No.9417

  128. 夏岡きっ子にしか見えない

  129. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/27(水) 03:35 ID:-No.9421

  130. 俺はto heart2のこのみを思い出した

  131. 名前:名無しさん 投稿日:2007/06/27(水) 12:13 ID:-No.9423

  132. 62
    口についてるあんこを舐めとったんじゃね?

  133. 名前:「名無しな私はいつでも名無し」 投稿日:2007/06/27(水) 16:58 ID:-No.9426

  134. ※63には同意せざるをえない

    新ジャンルが二つ連続で来たが家出の方が良いかも
    感動モノだったし

  135. 名前:通販さん@賛成です 投稿日:2007/06/27(水) 20:09 ID:-No.9431

  136. 関係ないけどローゼン好きでハレ晴れユカイも歌えて巫女巫女ナースときしめんともってけ!セーラー服も知ってて2chにも書き込んでてキャラも結構知ってて魔理沙は大変なものを盗んでいきましたと億千万もだいたい歌える私ってオタクですかね?
    まだ中2だけど・・・

  137. 名前:サウンドマスター 投稿日:2007/06/27(水) 22:53 ID:-No.9435

  138. 米68
    お前ははっきりいって、もう救えないwww
    このまま秋葉で生きろwwwwwww

  139. 名前:サウンドマスター 投稿日:2007/06/27(水) 22:55 ID:-No.9436

  140. あと、感想書くの忘れたから書くけど、
    面白かった。
    第二弾出ないかなぁ・・・(・ω・)

  141. 名前:ヘタレ指揮官 投稿日:2007/06/27(水) 23:00 ID:-No.9438

  142. 友達が言っていたが、
    三等兵ってまだ軍人じゃないんだって
    確か、軍人候補生だったと思う
    違ったらゴメン!!

  143. 名前:通販さん@賛成で 投稿日:2007/06/28(木) 00:31 ID:-No.9440

  144. 翠星石のギャルゲーですぅ 特別編にも書き込んだから

  145. 名前:72 投稿日:2007/06/28(木) 00:32 ID:-No.9441

  146. 間違えた

  147. 名前:米68 投稿日:2007/06/28(木) 00:34 ID:-No.9442

  148. 翠星石のギャルゲーですぅ 特別編にも似た内容書き込んだから
    ちょwww前より増えてんじゃねぇかwww
    みたいなレスが欲しかった
    秋葉は行ったこと無いよ

  149. 名前:サウンドマスター 投稿日:2007/06/28(木) 07:32 ID:-No.9444

  150. 米74
    ちょwwwそれ一種の荒らしwwwww

  151. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/28(木) 19:39 ID:sSHoJftANo.9451

  152. ID:mIJ1eneC0はどうなったんだ?続きが気になるのだが・・・

  153. 名前:ニラギョウザ 投稿日:2007/06/28(木) 22:27 ID:-No.9454

  154. 米68
    おいおい、マジかよ
    米76、78
    お前ら見たことある
    確か某サイトで荒らしまくった連中だろ?
    ここも荒らすなよ?
    通報されるのがオチだぜ?

    感想
    最高!としか言い様が無い!!
    コレは第二章出ると予想するぜ
    だってこんなに面白いんだぜ?
    出てもいいと思うけどな~
    皆はどう思う?

  155. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/28(木) 22:40 ID:-No.9455

  156. 次スレなんかいらない
    このままでいい

  157. 名前:  投稿日:2007/06/29(金) 01:30 ID:-No.9459

  158. 管理人失踪か?
    早く元気になーれ

  159. 名前:バーニル 投稿日:2007/06/29(金) 22:00 ID:-No.9469

  160. うん、これおもしろかったよ
    これ見ていたときに何故かケロロを思い出した

  161. 名前:米68 投稿日:2007/06/30(土) 00:22 ID:-No.9472

  162. こんなに米ついたの他にあるか?

  163. 名前:不親切だな 投稿日:2007/06/30(土) 08:28 ID:-No.9475

  164. 禁止ワードがあるってエラーになるけど、
    何が禁止ワードだかわからねぇよ。

  165. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/30(土) 15:41 ID:-No.9481

  166. 凄く好みだw

  167. 名前:  投稿日:2007/06/30(土) 19:10 ID:-No.9486

  168. 全然更 新されないねぇ。
    何かあったのかな。

  169. 名前:  投稿日:2007/06/30(土) 19:11 ID:-No.9487

  170. どうやら

    「 更 新 」

    が禁止ワードの様だ。
    何があった?!

  171. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/30(土) 20:29 ID:-No.9488

  172. へんじがない
    ただのしかばねのようだ

  173. 名前:名無しさん 投稿日:2007/06/30(土) 21:41 ID:-No.9489

  174. 単にモチベーションが無いからだろう
    更 新はあくまで意思で、義務になっちゃうとキツイと思う
    プレッシャーかけずにしばらく待つのが良いと思われ

  175. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/06/30(土) 23:48 ID:-No.9494

  176. 米68
    うちの学校の後輩の中2にお前以上なやつがいるんだが、3年の俺もお前よりも深いわけだが
    お前ニコニコ動画好きだろ

    そして中1からハルヒ読んでる俺

  177. 名前:米68 投稿日:2007/07/01(日) 00:55 ID:-No.9495

  178. VIPPERにとってはオタクじゃなくてただのニコ厨みたい

  179. 名前: >※68 投稿日:2007/07/01(日) 14:35 ID:-No.9499

  180. オタクってより、ニコ厨なら歌える!
    って物の方が多いな・・・ 
    by歌えないニコ厨・・じゃなくて工房

  181. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/07/01(日) 16:30 ID:-No.9501

  182. 俺はすももだったw

  183. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/07/01(日) 16:52 ID:-No.9502

  184. 米68
    セフセフ
    俺もお前と同じかそれより加速した所まで来てるがヲタではないと自負している

  185. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/07/01(日) 20:52 ID:-No.9507

  186. 馴れ合いすんなよ、キモイぞ。
    mixiにでも行ってろカスども。

  187. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/07/01(日) 21:16 ID:-No.9508

  188. 更 新まだかな~

  189. 名前:シュバルツバルツ 投稿日:2007/07/01(日) 21:49 ID:-No.9511

  190. お前ら、感想書こうぜそんなくだらないこと書いてないで

  191. 名前:名無しさん 投稿日:2007/07/02(月) 00:30 ID:-No.9514

  192. 米欄で自己主張する意味がわからんし
    関係無い質問なら別の所でやれよ

  193. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/07/02(月) 13:17 ID:-No.9516

  194. 毎回思うんだが自演やらチャ化やらして得るものは侘しさだけだろうに何ですんのかね?
    傍から見るとイタい奴にしか見えんわ。

    ここも翠のギャルゲ以来行進頻度が落ちたっぽいな。
    更遅≒厨の餌食
    だからナベナさんには頑張ってほしいもんだ。

  195. 名前:ヴぃっぺr 投稿日:2007/07/02(月) 17:44 ID:YJUWLEfgNo.9518

  196. ナベさん体調でも崩したんかね?
    コメが原因なら気にせず頑張ってほしいな

    荒らしなんてDQNとなんら変わりないし

  197. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/07/03(火) 02:49 ID:-No.9525

  198. 更 新
    してほしす。
    管理人さんがんばってくださいな

  199. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/07/05(木) 01:27 ID:-No.9577

  200. 一番上の絵師さん、HPとか会ったりするのかな

  201. 名前:名無しさん 投稿日:2007/07/07(土) 15:15 ID:-No.9595

  202. ニニンがシノブ伝のシノブに似てる

  203. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/07/24(火) 01:58 ID:-No.9897

  204. 読む気しねえ

  205. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/07/28(土) 00:19 ID:-No.9963

  206. 女⇒男友
    に変えて読むと違和感ゼロwww色付きの文字

  207. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/08/15(水) 21:32 ID:-No.10238

  208. なんか漫画とかできてほしいと思た

  209. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2007/09/26(水) 01:28 ID:-No.11191

  210. 個人的な意見だがくずりゅうももことダブったのはおれだけかな?

  211. 名前:水銀党員No67891648 投稿日:2008/01/11(金) 20:45 ID:5ZZjtFW6No.12118

  212. 軍服好きの俺としてはこれ以上ない新ジャンル

  213. 名前:名無しのネタ鍋奉行 投稿日:2008/05/01(木) 13:08 ID:-No.18593

  214. 燃えたし萌えた
    やはりなんやかんやで王道はいい

<<スペック安価でロボ絵描きますホーム新ジャンル「家出少女」>>

コメントの投稿







 

※編集ミス・不具合報告やスレ投稿は出来るだけ内緒コメントかメールフォームをご利用下さい。
  また「管理者にだけ表示を許可する」にチェックが入ったままですと、
  コメントが表示されませんので、利用の際はご注意頂くようお願い致します。

  ネタバレや読者を不快にさせる内容のコメントは削除対象です。
  記事内容と関係のないコメントや管理人に対する意見やお問い合わせはメールフォームでどうぞ。


荒し対策のため、全角「w」を押しすぎないようお願い致します(今後も随時変更する場合がございます)。

人気記事ランキングを全て表示する最新記事の一覧を見るTop


<<スペック安価でロボ絵描きますホーム新ジャンル「家出少女」>>


このブログのはてなブックマーク数ブログパーツブログパーツブログパーツ ,,
ネタなべ。∑(・ω・ノ)ノ all rights reserved. powered by FC2Blog
  • ブログSEO対策 : track word 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  

管理人の独り言

どりこむ。。ねたなべ、ネタナベ
管理人に連絡を取るRSSFeed 

注目記事

月別オススメ特選VIP 良スレ
注目エントリー人気エントリー(はてぶ)

[PR]ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

ネ ガ テ ィ ブ 名 言 集最近、ローゼンに嵌り出したんだがひろゆき「ワシの掲示板は108chまであるぞ」 金貸してくりゃれwwwひろゆき「ワシの掲示板は108chまであるぞ」 大塚さん 集めてみましたやる夫がドラクエ1の勇者になるようですひろゆき「ワシの掲示板は108chまであるぞ」 テイルズにありがちなことテイルズにありがちなこと紙とのりでガンダムのきぐるみつくってみた小さい頃勘違いしてたことイ ケ メ ン に あ り が ち な こ と やる夫がドラクエ1の勇者になるようです「ですよ。」があまりにもムカついたので布団の中で妄想楽しすぎwwww母親泣かしてやったwwwざまぁwwキュウリでオナってるのお母さんにバレタwwwwwww暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか おまけ最近の絵本はエロいはてなようせい20歳女だけど好きな人の車の中でおしっこもらした 最終章ちょwwwwww受験教室が俺一人なんだがwwwwwwwネ ガ テ ィ ブ 名 言 集キュウリでオナってるのお母さんにバレタwwwwwwwB型とAB型の特徴テストに珍回答書いたことある?賢狼ホロの可愛さは異常母親泣かしてやったwwwざまぁww厚塗り萌え絵貼ろうぜ。

お世話になっているサイト

リンク・紹介感謝♪全ランキング

今月の人気記事

現在集計中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。